兵庫県福崎町 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

福崎町内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

福崎町内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】福崎町内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

馬田・大貫・西治・高岡・高橋・田口・西田原・東田原・福崎新・福田・南田原・八千種・山崎




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












兵庫県神崎郡福崎町について

兵庫県神崎郡福崎町(ふくさきちょう)は、町域の南西部で姫路市に隣接しており、姫路市の中心部から約17kmの距離にある町です。福崎町の町域は、南北に11.5km、東西に10.1km、町域の総面積は45.82平方kmとなっています。福崎町の東部にはため池が多いという特徴があります。 福崎町では、毎年2月の第1日曜日に彩灯大護摩、8月9日に福崎夏まつり、えびすさん、山桃忌、鬼追い式、文殊会式、民俗辻広場まつり、かくしほちょじなどのイベントが開催されています。また、観光スポットについては、七種の滝、つなぎ岩、柳田國男生家、三木家住宅、鈴の森神社などが挙げられます。福崎町内には、柳田國男自らが「日本一小さい家」といった生家が存在しています。 福崎町の特産品については、もちむぎめん、もちむぎカステラ、もちむぎ茶、ツノナスなどが挙げられます。福崎町では古くからもちむぎが栽培されており、団子として食べられていたという歴史があります。もちむぎは一般的な小麦と比べると粘性があり、もちもちした食感の小麦となります。市内にある物産店「もちむぎのやかた」では、もちむぎの製造、販売、レストランまでもちむぎに関するあらゆることを堪能することができます。

柳田國男の生家がある福崎町

福崎町は兵庫県南西部に位置しています。加西市、姫路市、神崎郡市川町に隣接しています。1889年(明治22年)4月1日に、神西郡福崎新村、山崎村、福田村、馬田村、高岡村、田口村、西治村、高橋村が合併し町村制施行により福崎村が誕生しました。1925年(大正14年)12月1日に、町制施行により福崎村が福崎町となりました。さらに、1956年(昭和31年)5月3日に、田原村、八千草村と合併し、現在の福崎町となりました。1972年(昭和47年)12月に、福崎町の花に「サルビア」が、福崎町の木に「クロガネモチ」が制定されました。福崎町ゆかりの著名人として日本民俗学者の柳田國男がいます。福崎町には柳田國男の生家があり、県の文化財に指定されています。そのそばには柳田國男・松岡家顕彰会記念館があります。柳田國男は1962年(昭和37年)3月22日に、福崎町名誉町民第1号となっています。柳田國男の著作「故郷七十年」には、市川の駒が岩で遊んでいると河童にお尻を抜かれるという逸話が記されています。この逸話をもとにして、福崎町のマスコットキャラクターである「フクちゃん」と「サキちゃん」が誕生しました。「フクちゃん」と「サキちゃん」は河童がモチーフとなっています。

畳張り替えの費用について

畳は使い続けることで劣化してくる家具の1つであり、ある程度使用年数が経過した場合は張り替えが必要になります。張り替え方法にも裏返しの他に表替えや新調など、畳の状態などに合わせて張り替え内容が異なります。では実際に張り替えを行う場合ですが、基本的には業者に依頼することになります。裏返し程度であれば一般の家庭でも行う場合がありますが、畳1枚であっても重量があるので1人で作業するのは難しいです。では実際に畳の張り替えを業者に依頼する場合ですが、まずは見積りを依頼することが重要になります。張り替え時に発生する費用は業者によって違いがあり、畳1枚の値段も大きく差があります。中国産の物であれば安いのもありですが、国産の最高級品であれば数万円の費用がかかります。費用は安いというだけで選んでしまうと、傷みが激しくまたすぐに張り替えが必要になる場合などがあります。そのためできれば複数の業者に張り替えの際の費用見積りを算出してもらい、サンプルなどを比較し、自身が納得できる費用内で作業してくれる業者を選ぶことが重要となります。

失敗したくないなら襖の張り替えは専門店へ

襖の張り替えをするときは、事前に下調べや張り替え方法の勉強をしておく必要があります。簡単に張り替え作業ができても、やり方を間違ってしまうと、襖本体が傷んでしまうからです。基本的な襖の構造は、木と紙です。そのため湿気などで反ったり歪んだりすることもあります。また、発泡材や段ボールでできた襖も存在します。簡単に張り替えができることがメリットのアイロン襖紙の場合、発泡材に使用すると、アイロンの熱で溶けてしまうことがあるので注意が必要です。また、段ボールの襖は、もともと使い捨てです。張り替えに耐えられないため、反りが出て使用できなくなることもあります。ふすまを壊してしまわぬように、勉強をしてからの作業が大切です。襖の張り替えは、専門店でもできます。専門店には個人で張り替えをしたことで傷んでしまった襖が来ることもあります。専門店に依頼すると、費用が高くなることもありますが、その分きれいな仕上がりが期待できます。豊富な襖紙から選べたり、引き手や縁を新しものに交換できたりと、個人ではなかなかできない作業をしてくれます。張り替えには1日から2日かかりますが、運び出しや取り付けも行ってくれるので簡単です。

障子の張り替え作業を成功させるための心得

和室の建具として用いられる障子は日光や空気中の汚れによって紙が劣化し、変色や破れなどの不具合に見舞われることがあります。見栄えが悪くなるだけではなく、カビや害虫が発生する原因にもなるので傷んだ障子紙は速やかに取り除いて張り替えを施すことが大切です。障子の張り替えはシワや弛みが生じないように丁寧に作業を進めるように心がけます。糊の量が多すぎると障子紙がふやけてしまうので適量に留めると共に、張り替えの際は紙がずれないように障子の枠に合わせます。市販の障子紙は予め特定のサイズにカットされている製品もありますが、古い障子枠によってはサイズが特殊な物もあるので事前の確認が不可欠です。また、張り替え作業を早く進めるためには紙の曲がり癖を解消させておく必要があることから、事前に紙の状態を整えておくことも重要なポイントになります。張り替え作業は障子紙を綺麗に仕上げる必要があるので、ごみや空気が入り込まないように細心の注意を払います。紙を丁寧に扱うためには複数の人出で行うのが無難な対処法ですが、一人で張り替えを行う場合は無駄の無い動きで作業を進めるように心がけます。障子枠は少しの汚れも残さず、糊の粘り気も適切な状態に保つことがシワや弛みの無い綺麗な仕上がりにするための条件です。

網戸は定期的に張り替えよう

網戸の張り替えを行ったことがない方は珍しくはないでしょう。しかし、網戸に張られている網は常に外気に晒され続けている物であり、長年同じ物を使い続けることで、経年劣化してしまう物になっています。つまり、破けたり穴が開いたりといったトラブルが起こった際にはもちろんのこと、それ以外でも数年に一度は張り替えを行うのがオススメになっているのです。網戸の張り替えは、障子紙や襖紙の張り替えと同様に、個人で行なうことも可能なメンテナンスになっています。しかし、網戸の張り替え方法を全く知らない方が挑戦しても簡単にできる作業かと言えば、一概にそう言いきれるほど簡単な作業ではありません。そこで活用したいのが、網戸の張り替えを代行して行ってくれる業者のサービスです。網戸の張り替え業者としては、大手のホームセンターを挙げる事ができる他、インターネット上で検索することで、日本全国をはじめとして、広いエリアをサービス対象エリアにしている業者を簡単に見つけることができます。電話一本で網戸の張り替えを気軽に依頼することが可能な業者が大半であるため、気軽に網戸を張り替えたいのなら、このインターネット上で検索可能な業者を積極的に活用してみるといいでしょう。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555