兵庫県稲美町 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

稲美町内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

稲美町内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】稲美町内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

印南・岡・加古・北山・草谷・国岡・国北・国安・幸竹・下草谷・蛸草・中一色・中村・野谷・野寺・森安・六分一・和田




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












兵庫県加古郡稲美町について

稲美町は兵庫県南部にある町で、神戸都市圏に属しています。稲美町には、天満神社や天満大池公園や稲美中央公園や調味料メーカーがあります。稲美町は雨の少ない気候で水資源に乏しいですが、ため池がたくさん作られたことで開墾された土地が増えていきました。県内でも特に広い加古大池や歴史ある天満大池など町内の約80ヶ所に池があり、それらを合計すると面積が約4平方キロメートルになります。そして、阪神地区の都市近郊農村として農業が活発で、町全体の45パーセント以上が畑や田んぼです。瀬戸内海式気候に属している稲美町は年間を通して晴れの天気が多く、雨天日や雪の日が少ないです。稲美町は、加古地区と母里地区と天満地区の3地区に分かれています。天満地区は阪神地区のベッドタウンで住宅施設や工業施設が集まり、人口が増加傾向にあります。公共交通機関を使って稲美町役場に行く場合は、最寄り駅からバスを利用して約15分で行くことができます。稲美町役場は一般県道沿いにあり、周辺にはスーパーマーケットや交番やドラッグストアや居酒屋などがあります。また、稲美町在住で健康保険に加入している中学3年生までの人は、申請すると入院と外来の医療費が無料になります。

ため池が多い稲美町について

稲美町は兵庫県の南部に位置する加古郡にある町です。稲美町は気候の影響で雨天日が少なく水資源に乏しい土地でした。農業用水源確保のためにため池が作られ農業を始められる土地に改善されました。日本全国のため池の数は兵庫県が一番多く、稲美町内にもたくさん整備されています。その後農業が盛んになり地目別土地面積では田畑が40%を越える程の農業地帯ができました。農業では米が中心に作られていて万葉の香と名づけられた稲美ブランド米は稲美町の特産物になっています。その他にはメロンやいちじく、六条大麦等も育てられています。土地の特徴として稲美町は三つの地域に分けられていて加古地区と母里地区では農業が盛んで天満地区は工業や住宅が集中している町の中心部になっています。天満地区は明石市や神戸市と隣接していてベッドタウンにもなっているので人口も年々増加しています。その反面他の二地区は人口が減少していて町の人口の約6割が天満地区に集中している人口格差も発生しています。町内の名所としては天満大池公園が有名です。天満大池は兵庫県で二番目に大きいため池で池の横にはお祭りが行われる天満神社があり、公園内には遊具やバーベキュー場が整備されていて町民の憩いの場になっています。

張り替え時の畳の選び方について

和室に使われる畳はある一定の年数使用し続けた場合は、自然と劣化してくるため張り替え作業が必要となります。張り替えの方法には裏返しのほかに、ござ部分のみを交換する表替えや全ての畳を新しく交換する新調などがあります。張り替えの際に選ぶ畳の選び方ですが、同じ畳でも費用に大きな違いがあります。その理由として畳には様々なランクがつけられているという点です。引くいランクの畳であれば張り替え時の費用は安く抑えることができますが、耐久性や風合いなど品質が劣る物が多く長い年数使用し続けるのは難しくなります。逆に高いランクの畳の場合は、張り替え時の費用は割高になる事が多いです。ですが品質として強度があり丈夫な物が多いです。そのため使用し続けられる年数も長く、手入れの仕方次第では30年から40年以上使い続けられる場合もあり経済的です。そのため畳の張り替え時は種類やランクなどを踏まえて、選ぶ必要があります。選び方のポイントとしてい草の品質や本数をチェックする方法があります。そのほか経糸の品質や本数の他に畳床部分の素材などのチェックを行います。また実際に作られる際の工法などにも違いがあるので、それらを総合的にチェックしたうえで選ぶと良いです。

襖は張り替えると気持ちが良い

襖も時間がそれなりに経過すれば、だんだんと色も悪くなってきますし、破れてしまうことだって考えられます。最初の状態で新しいままでいることは難しいです。少し汚れてきたぐらいだったらまだ良いのですが、かなり汚れが目立ってきてしまったり、破れたり穴が空いてしまったら、そのタイミングで襖の張り替えを実施したほうが良いです。襖の張り替えは専門で行ってくれる業者に依頼します。専門の業者なら襖の張り替えのプロなので、とてもスピーディーに対応してもらえます。襖の張り替えは、どれくらいの金額で対応してくれるのかというと、数千円で対応してくれるところばかりです。この程度の金額設定になっていますので、とても魅力的です。一度の張り替えを行ってもらったことがない人ですと、プロに依頼すればかなり高いというイメージです。しかし、実際にはかなりリーズナブルな金額設定になっていますので安心です。それでは、どこの張り替え業者にお願いするのが良いかというと、基本的には家まできつんと見積もりに来てくれて、実績を積んでいる地域密着型のところを利用したいです。このような地域密着のところなら、信頼度も高いですし安く対応してくれるので、間違いはありません。

実は間違っている障子の張り替え方法

昔から障子がある家だと、障子の張り替えも習慣になっているかもしれません。定期的に張り替えるのは好ましい事なのですが、間違えた方法で張り替える事が習慣になってしまっている可能性もあります。一例をあげると、障子をはがす際にいちいち穴を開けて破いていくという方法をとる人がいます。アニメやドラマなどで昔の場面が出ると、こうして障子を破いていたりする事もあり、ある意味で定番の光景かもしれません。ところがこの方法は正しい張り替え方法とは言えないのです。障子を張り替える時には、土台となる木組みに負担をかけないことが前提です。糊でしっかりと障子紙がくっついた状態で無理に破ると、木組みに直に衝撃が加わる事になりかねません。せっかく張り替えても土台が傷んでしまえば元も子もありません。紙が少なくなった方がはがしやすそうに思うかもしれませんが、実際には破かないで一枚の状態ではがしたほうが綺麗にはがれます。先に障子紙を破くと木組みに負担がかかるばかりか、張り替えそのものの作業効率も落ちてしまうのです。ただ普段破かないように気を付けている障子を破いていいというのは、子供などにとっては楽しみかもしれません。張り替えの際にしかできないことでもあるので、そういう場合にはやり過ぎないように注意して行ってください。ただし破るのはいいとしても、無理にはがすような行為は絶対にやめましょう。

網戸の張り替え時の素材選び

網戸が破けた時や小さい虫が気になることで、網戸の張り替えが必要になった場合、考慮する点は、メッシュの大きさと網戸の素材です。メッシュの大きさは一センチに何本の糸が入っているか示しており、数値が大きいものほど、細かいです。他にも、虫を寄せ付けないように薬剤が練りこまれた網戸や、メッシュの大きさは30メッシュ以上のものを選びますが、細かすぎると、風通しが悪くなり、汚れもつきやすくなるということがあります。素材はさまざまな種類がでており、目的に合わせて網戸を張り替えることができます。プライバシーが気になる時や景色を楽しみたい場合、外から室内が見えにくく、室内から外が見やすいように特殊加工されたポリプロピレンで作られた素材で網戸を張り替えます。また、陽射しの強い場所や、台所周りの熱に強い網戸が必要な場合は、グラスファイバーの素材を選ぶと安心です。ペットを飼っている場合は、引っかき傷や衝撃に強い厚みのあるポリエステルやステンレスの素材で張り替えると良いです。自分で網戸を張り替えたい場合、簡単に切れるポリプロピレンが好まれます。工具を揃えることが面倒な時や時間が無い場合は張り替えをしてくれる専門の業者に依頼すると良いです。近年は様々な種類があり価格も種類によって変わってくるので用途に合わせた網戸を選びましょう。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555