兵庫県加西市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

加西市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

加西市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】加西市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

青野町・青野原町・朝妻町・網引町・池上町・和泉町・市村町・上野町・牛居町・鶉野町・越水町・王子町・大内町・大村町・尾崎町・大柳町・鍛治屋町・上芥田町・上万願寺町・上道山町・上宮木町・鴨谷町・岸呂町・北町・国正町・窪田町・倉谷町・桑原田町・小印南町・河内町・栄町・坂本町・坂元町・笹倉町・佐谷町・島町・下芥田町・下万願寺町・下道山町・下宮木町・新生町・吸谷町・大工町・谷口町・谷町・田原町・玉丘町・玉野町・田谷町・段下町・都染町・常吉町・鎮岩町・戸田井町・殿原町・豊倉町・中富町・中西町・中野町・中山町・西上野町・西長町・西笠原町・西剣坂町・西谷町・西野々町・西横田町・野条町・野上町・野田町・畑町・繁昌町・東長町・東笠原町・東剣坂町・東横田町・広原町・琵琶甲町・福居町・福住町・別所町・別府町・北条町(栗田・黒駒・小谷・東高室・西高室・東南・西南・古坂・北条・横尾)・満久町・三口町・馬渡谷町・山枝町・山下町・山田町・油谷町・吉野町・若井町・両月町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












兵庫県加西市についての情報

兵庫県加西市の2016年10月1日現在の総人口は44,016人、面積は150.98平方キロメートルです。市の木はカシ、市の花はサルビアです。加西市の北側は中国山地の東端になっていますが、西側は法華山地となっています。また、市の南側には広い台地や段丘地形が広がっており、市内には万願寺川や善光寺川などの河川が流れています。加西市の気候は温暖な瀬戸内海性気候ですが、夏季の降水量が少ないという特徴があります。そのため、本来は米作りにはあまり適していない土地なのですが、先人たちが多くのため池を作ったことにより米作りに必要な水を確保することに成功しています。加西市には酒米の山田錦やブドウの加西ゴールデンベリーAなどの特産品や加西市の特産品をふんだんに使った加西へらへとバーガーというご当地バーガーがあります。ちなみに、へらへととは播磨地方の方言でいっぱいという意味です。加西市では4月の第一土・日曜日に播州三大祭の一つである北条節句まつりが住吉神社で開催されます。また、加西市では加西サイサイまつりやかさい夏っ彩夢フェスタなどのお祭りも開催されます。加西市には兵庫県立フラワー公園や丸山総合公園などの観光スポット、国の史跡に指定されている玉丘古墳群などもあります。

地元加西市に戻りたい

今仕事で大阪に住んでいますが、兵庫県の加西市出身です。加西市は人口は50000人足らずの小さな市ですが、自分は生まれ育ったこの場所がとても好きです。1995年に加西市立富合小学校を卒業し、1998年には加西市立加西中学校を卒業しました。高校は加西市ではなく、姫路市にある高校を卒業し、大学は大阪にある大学に通いました。そして、大学卒業後はそのまま大阪にある企業に就職します。大阪で過ごす日々はとても楽しいのですが、何年か経っていくうちにだんだん地元に帰りたくなりました。別に職場の環境が悪かったわけではなかったのですが、だんだんそういう気持ちになってきたのです。ただ、帰るといっても戻った後のことを考えておかないと、このままでは無職になってしまいます。なので、地元で就職先がないか探したのですが、現実は甘くなく全然見つかりませんでした。でも、地元に戻りたいという気持ちは変わらないので、これからも探し続けようと思います。それで何とか35歳までには加西市に戻り、働けるようにしたいです。それまでは大阪での生活を存分に味わおうと思いました。人生は一度きりしかないので、無駄にしないように過ごしていきたいです。

畳の張り替え業者の選定方法

和室では部屋に畳を敷いていますが、これらの畳は国内で古くから使用されている日本特有の建具となっています。畳は温度や湿度の変化に対して柔軟に対応出来まして、例えば湿度の高い場合にはこれを吸収しますし、また乾燥しますと畳の表面から水分が放出されるなど水分の調節機能を備えています。また畳は一定のクッション性を備えていますので、物を落とした場合や上を歩いた際に音が伝わりにくい特徴を持っています。この畳は使用を続けて行き繰り返し摩擦しますと、畳の摩耗が発生しまして破れるケースも有ります。この様な場合には張り替えを行いますが、張り替えの際には専門の道具に加えて新しく張り替える畳の入手が必要ですので専門業者に依頼するケースが多くなっています。そして張替え業者としましては、新品の畳を製造する建具店や張り替えの専門業者が有ります。多くの張り替え業者の中から候補を絞り込む際には比較サイトの利用がお勧めです。ここでは張り替え業者の営業担当地域や張り替え料金設定などの希望条件を入力して検索しますと候補となる業者をスピーディーに絞込み出来ます。そして各業者のサイトへのリンクも添付されていますので詳細確認が行えてお勧めです。

襖の張り替え作業を綺麗に行うための工夫

襖は和室で使われることが多い建具の一種で、堅い木材の組子に専用の和紙を張り付け、木製の外枠で固定させた構造になっています。頑丈な作りなので強度が高く、和室以外でも広く用いられています。その一方で襖は日焼けや水濡れに弱く、和紙の変色や剥離、木材の腐食などの不具合が生じると強度が大幅に低下してしまうので注意が必要です。襖の劣化を防ぐためには定期的に和紙の張り替えを行って、木材に悪影響が及ばないように努めることが大切です。和紙の張り替えは襖の外枠を取り外して行うのが一般的な方法ですが、綺麗に仕上げるためには専門技術が必要なので業者に依頼するのが賢明な対処法です。また、プラスチックやボール紙などで作られている安価な襖は外枠を外すことが出来ない作りの物が多いので、和紙の張り替えが困難になる点を注意します。自分で襖の張り替えを行う場合は事前の準備を入念に行い、作業を手際良く進めるように気を配ります。組子に汚れが付いていると和紙に凹凸が生じてしまうので、表面をやすりなどで削ることが問題を解消するのに最適な方法です。また、和紙がふやけないように接着剤の水分を調節する他、張り替えの際は表面を撫でてシワや気泡の発生を防ぐことが綺麗な仕上がりに繋がります。

障子の張り替えを綺麗に仕上げる工夫

障子は日光や空気中の汚れによって変色する他、紙の弾力性が低下して破れやすくなります。破れた障子は見栄えが悪く、埃やカビの発生にも繋がるので速やかに張り替えを行うことが大切です。障子の張り替えを行う際にはシワや気泡などが生じないように丁寧な作業を心がけないといけません。障子の木枠に糊を塗布する際も凹凸が出来ないように、予めやすり掛けを行って滑らかにしておきます。障子紙の張り替えは糊の水分を吸い込んでふやけることを考慮して力をかけすぎないように行います。また、障子の木枠と紙のサイズが合致することも綺麗に仕上げるための条件なので事前の計測は入念に行うように心がけます。張り替え作業は時間をかけすぎると糊が乾燥して木枠に凹凸が出来てしまうので迅速に行うことが大切ですが、その一方で紙にシワや折り目が付かないように取り扱いには慎重になることも重要です。近年では特定のサイズに裁断されている和紙が市販されているので、サイズ調整の手間を省くことが出来ます。また、障子の木枠に対応している薄手の両面テープを使うことで張り替え作業をスムーズに進めることも可能ですが、テープの部分に凹凸が生じるので丁寧に扱うのが綺麗に仕上げるための心得です。でもやはり素人で張替えを行うとすぐに剥がれてきたりしてしまいまた再度張替えを頻繁にしなければならないということにもなりますのでやはりプロに依頼するのがお勧めです。

網戸の張り替え業者を選ぶ基準と保管方法

建物の窓に使う網戸は屋外のごみや虫の侵入を防ぐ効果があるので、網の部分が破れたらすぐに張り替えを行う必要があります。張り替え作業はすき間が出来ないように行う必要があるので、専門技術を持つ業者に依頼するのが一般的な対処法です。また、建物のある環境を踏まえて張り替えを行う網戸の材質を選ぶのが長持ちさせるための工夫です。網戸の張り替え作業は技術力によって仕上がりの良し悪しが大きく変わります。特に弛みやすき間が生じていると異物が入り込んでしまうので、丁寧に作業を行う業者を選ぶことが大切です。優良な業者は見積もりを無料で行う他、依頼者の質問に対しては分かりやすく説明するので重要な選択肢になります。網戸の張り替え作業で生じる費用の内訳を明確に提示することや、使用する網の材質についても説明する業者は信頼できるので安心して依頼することが出来ます。張り替えが終わった後の網戸を長持ちさせるためには正しい扱い方を遵守する必要があります。網戸は日光や風雨などの刺激以外にも汚れの付着によって劣化します。そのため、こまめに洗浄を行って清潔に保つと共に、使わない季節は刺激が生じない所に保管することが網戸の品質を良好に保つための工夫です。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555