兵庫県三木市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

三木市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

三木市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】三木市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

跡部・岩宮・上の丸町・大塚・大村・加佐・加佐草荷野・君が峰町・口吉川町(大島・吉祥寺・桾原・笹原・里脇・善祥寺・殿畑・西中・馬場・東中・久次・保木・槇・南畑・桃坂・蓮花寺・東)・久留美・さつき台・志染町(青山・安福田・井上・窟屋・大谷・高男寺・四合谷・志染中・戸田・中自由が丘・東自由が丘・西自由が丘・広野・細目・御坂・三津田・吉田)・芝町・自由が丘本町・宿原・末広・鳥町・平井・平田・福井・府内・別所町(朝日ケ丘・石野・興治・小林・近藤・下石野・正法寺・高木・巴・花尻・東這田・西這田・和田)・細川町(金屋・高篠・高畑・垂穂・豊地・中里・細川中・増田・瑞穂・桃津・脇川・西)・本町・緑が丘町中・緑が丘町本町・緑が丘町東・緑が丘町西・吉川町(有安・市野瀬・稲田・上松・大沢・大畑・奥谷・貸潮・鍛治屋・上荒川・上中・吉安・金会・楠原・実楽・田谷・冨岡・豊岡・長谷・西奥・新田・畑枝・東田・毘沙門・福井・福吉・古市・古川・法光寺・前田・水上・みなぎ台・山上・湯谷・米田・渡瀬)・与呂木




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












美しい古い街並みがある三木市の歴史と現在

約8万人の人口を抱え神戸市の北西に位置し、兵庫県では中南部にあるのが三木市です。兵庫県南東部から流れる一級河川美嚢川が、三木市に流れております。この美嚢川沿いには、1492年頃に築城された三木城が存在していたのです。戦国時代には三木合戦の戦地ともなりましたが、三木市は城を中心として発展した城下町になります。現在は城は本丸周辺のみが、上ノ丸公園に残されているのです。公園内には、三木城主の歌碑や抜け穴として使われていたといわれている、かんかん井戸もあります。また三木上ノ丸の名前が使われている駅や地名にもあることが、かつての様子を偲ばせるのです。現在でも文化・行政施設があることから、三木市の行政は城下町とその周辺に集中しています。主な産業には金物で、江戸時代から三木地区を中心に発展したのです。県庁所在地である神戸市と近い立地条件から、ベッドタウンとして1970年代頃から宅地開発が進められています。三木市は美嚢川沿いに旧市街地が広がり、ひめじ道や湯の山街道などの歴史的な街並みを保存しているのです。1970年以降に開発された地区には、戸建てが多く閑静な住宅街が広がっています。瀬戸内海式気候を有する三木市は、温暖で住みやすい土地です。

歴史的建造物の多い三木市

兵庫県三木市は、およそ7万5千人の人口がいます。神戸市の北西部に位置しており、神戸市のベッドタウンとして機能している市です。三木市役所は上の丸町に置かれており、神戸電鉄粟生線の三木上の丸駅が最寄り駅になっています。三木市が誕生したのは1954年6月のことであり、美嚢郡の1町3村の合併によって誕生したものです。同年7月に合併を行い新たに三木市が発足し、2005年に行った編入によって、現在の市域となっています。三木市立の小学校が16校、中学校が8校置かれており、県立高校は4校置かれています。また、多くのプロ野球選手を輩出している関西国際大学のキャンパスも三木市内に置かれており、大学は関西国際大学の1校です。三木市を通る鉄道路線は神戸電鉄粟生線の1路線のみですが、4つの高速道路が通過しており、道路事情の優れている地区です。山陽自動車道と中国自動車道、西神自動車道、舞鶴若狭自動車道の4つが通っており、高速道路を通る高速バスも盛んに運行されています。ベッドタウンとして機能している反面、寺院や古墳など、歴史的建造物も多く残されており、緑も多く残されている地域です。公園が多く整備されている他、多くのゴルフ場もあります。

畳の表層を張り替える際の注意点について

和室の床材として用いられる畳はイ草で編んだゴザを表層にしているので、日焼けや水濡れなどの不具合に見舞われた場合はゴザが最初に劣化します。変色やささくれ、腐食などの劣化が生じるので、内部に傷みが進む前に張り替えを行うのが畳を長持ちさせる工夫です。畳の張り替えは専門技術が必要なので業者に作業を依頼するのが一般的な対処法になります。また、張り替えに使うゴザの品質が畳の弾力性や吸湿性に大きく関わるので注意が必要です。同じ張り替え作業でも業者の技術力によって仕上がりの良し悪しが大きく異なることも把握することが満足できる結果を得るための条件になります。畳の張り替えで生じる作業費は使用するゴザの品質によって変わります。特に防水や防カビなどの加工が施されている高級品は高額なので、張り替えを依頼する際は予算を考慮してから判断することが大切です。また、畳は地域によって寸法が異なるので、業者によっては別料金を請求することがあります。特殊な形状の畳についてはゴザを特注する必要があるので、作業費も割高になる点を注意します。畳の張り替えは状態の改善を目的に行うので、事前にゴザの特徴や吸湿性などを十分に確認したうえで納得できる内容で作業を依頼することが和室の居心地を良くするための心得です。

襖の張り替え作業を綺麗に行うための工夫

襖は和室で使われることが多い建具の一種で、堅い木材の組子に専用の和紙を張り付け、木製の外枠で固定させた構造になっています。頑丈な作りなので強度が高く、和室以外でも広く用いられています。その一方で襖は日焼けや水濡れに弱く、和紙の変色や剥離、木材の腐食などの不具合が生じると強度が大幅に低下してしまうので注意が必要です。襖の劣化を防ぐためには定期的に和紙の張り替えを行って、木材に悪影響が及ばないように努めることが大切です。和紙の張り替えは襖の外枠を取り外して行うのが一般的な方法ですが、綺麗に仕上げるためには専門技術が必要なので業者に依頼するのが賢明な対処法です。また、プラスチックやボール紙などで作られている安価な襖は外枠を外すことが出来ない作りの物が多いので、和紙の張り替えが困難になる点を注意します。自分で襖の張り替えを行う場合は事前の準備を入念に行い、作業を手際良く進めるように気を配ります。組子に汚れが付いていると和紙に凹凸が生じてしまうので、表面をやすりなどで削ることが問題を解消するのに最適な方法です。また、和紙がふやけないように接着剤の水分を調節する他、張り替えの際は表面を撫でてシワや気泡の発生を防ぐことが綺麗な仕上がりに繋がります。

障子を張り替えること

最近ではプラスチック障子紙が人気になっていますが、張り替えの手間が減るのが人気の大きな要因でしょう。確かに定期的に張り替える必要があるというのは、面倒かもしれません。ただし見方を変えれば、この点は利点ともなるのです。部屋のドアや扉が、掃除しても落ちないほどに汚れてしまったり傷ついてしまったりしたら、普通なら新しいものに取り換えるか業者に頼んで修理してもらうと思います。これが障子であれば、自分で簡単に張り替えが出来てしまいます。ドアや扉を自分で修繕する人もいるでしょうが、それだけのモチベーションがある人ならそもそも障子の張り替えなど造作もない事でしょう。障子を張り替えるという事は、表面の障子紙が新しいものになるという事です。それは掃除をして綺麗にするのとはわけが違います。土台である木組みはともかくとして、見た目の大部分をしめる障子紙が新品に生まれ変わるのですから、印象は大きくリフレッシュされます。また張り替えに際しては障子を外す必要がありますが、その際には障子の点検や周囲の掃除などのいい機会となります。仕方なしにでも定期的に張り替える必要があるからこそ、知らず知らずのうちにメンテナンスをする事につながります。このように障子は張り替える必要があるというより、張り替える事が出来る建具であると認識したほうがいいでしょう。

網戸の張り替えを行う基準と材質選び

網戸は屋外で使用するため、日光や風雨などの強い刺激を受けやすく、年月が経過すると劣化が進んで破れてしまうことがあります。網戸が破れると室内に虫やごみなどの異物が入り込んでしまうので、速やかに張り替えを行う必要があります。特に住宅などで広く用いられている樹脂製の網戸は弾力性が低下すると脆くなり、少しの刺激でも破れる可能性があるので張り替えが不可欠です。張り替え作業を行う際はすき間が出来ないように、窓枠のサイズと合致させて丁寧に交換するように心がけます。網戸の劣化は外見ではわかりづらいので定期的に張り替えを行うのが最も無難な対処法です。破れが生じる前に新品に張り替えるので室内の居住性が保たれる利点がありますが、その一方で張り替え作業は手間と費用がかかることから頻繁に行うのが難しい問題があります。そのため、網戸の色合いや弾力性などをこまめに確認しておくことで適切な交換時期を判断出来るようになります。網戸の張り替えを行う際は使用する網の材質にも気を配ることで長持ちさせることが可能です。汚れや日光などの強い刺激は網戸の劣化を促進させるので、コーティング加工が施された頑丈な網を選ぶように心がけます。また、人目に付きやすい所の網戸は目隠し効果がある網を選ぶなど、周囲の環境に応じた網を用いることが快適な暮らしを営むための工夫です。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555