兵庫県宝塚市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

宝塚市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

宝塚市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】宝塚市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

青葉台・安倉中・安倉西・安倉南・安倉北・旭町・泉ガ丘・泉町・伊孑志・今里町・梅野町・大原野・大吹町・小林・小林西山・鹿塩・金井町・上佐曽利・亀井町・川面・清荒神・切畑・口谷東・口谷西・蔵人・向月町・香合新田・光明町・御所の前町・御殿山・寿町・小浜・駒の町・境野・栄町・逆瀬川・逆瀬台・桜ガ丘・芝辻新田・下佐曽利・寿楽荘・新明和町・末成町・末広町・すみれガ丘・大成町・高司・高松町・谷口町・玉瀬・千種・長寿ガ丘・月見山・鶴の荘・塔の町・東洋町・中州・中筋・中筋山手・中野町・中山桜台・中山五月台・中山荘園・中山台・中山寺・長尾台・長尾町・長谷・仁川旭ガ丘・仁川うぐいす台・仁川高台・仁川高丸・仁川団地・仁川月見ガ丘・仁川宮西町・仁川北・仁川台・野上・波豆・花屋敷荘園・花屋敷つつじガ丘・花屋敷松ガ丘・花屋敷緑ガ丘・光ガ丘・雲雀丘・雲雀丘山手・平井・平井山荘・福井町・ふじガ丘・宝松苑・宝梅・星の荘・米谷・米谷清・三笠町・美座・南口・南ひばりガ丘・宮の町・美幸町・武庫川町・武庫山・売布・売布きよしガ丘・売布自由ガ丘・売布東の町・売布山手町・売布ガ丘・紅葉ガ丘・社町・山手台東・山手台西・山本中・山本野里・山本丸橋・山本東・山本西・山本南・山本台・弥生町・ゆずり葉台・湯本町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像












兵庫県宝塚市について

兵庫県宝塚市は近畿地方に存在する地方自治体で、市内には大手鉄道会社の鉄道路線が敷設されています。この鉄道路線を利用することによって、大阪府大阪市へアクセスできるようになってます。また宝塚市には他にも鉄道があり、それを利用しても大阪府大阪市に行くことが可能です。そして兵庫県宝塚市には、エンターテイメントのための建物が立地していて、そこで活躍する組織があります。なお、その組織は大阪府大阪市に本社を構える鉄道事業者によって運営されています。ちなみに、この鉄道事業者は宝塚市内に線路を敷設してる大手鉄道会社とは別の企業となります。宝塚市内には高速道路がある上に、インターチェンジが設置されていて、ここには高速バスの停留所が置かれてます。そのため、ここを利用することによって、高速バスに乗車できると言えるでしょう。ちなみに、宝塚市には夜行バスが乗り入れているので、それを使えば同市に来ることが可能です。以上より、兵庫県宝塚市は関西地方の自治体だけでなく、様々な側面を有してる地域と述べていいかもしれません。また、宝塚市に存在してる組織によって繰り広げられるエンターテイメントを見に行くのも選択の一つと言えます。

温泉地として知られる宝塚市

兵庫県の特例市である宝塚市は、昭和29年4月に宝塚町と良元村が合併したことにより発足しました。現在の市域になったのは昭和30年のことです。市名の由来は諸説ありますが、江戸時代には既に「宝塚」という地名が使われていました。宝塚市は大阪や神戸のベッドタウンとして発展しており、発足時は人口4万人ほどでしたが現在は22万人を超えています。また、宝塚歌劇団の本拠地がある場所としても知られています。宝塚市で最も高い山は標高573メートルの岩原山です。その他にも、岩倉山や大峰山など様々な山がそびえています。宝塚市を走る鉄道路線は阪急電鉄の宝塚本線と今津線、JR福知山線の3線です。代表駅である宝塚駅にはそのすべてが乗り入れています。宝塚インターチェンジも存在し、中国自動車道も利用できます。宝塚市にある観光名所の一つが宝塚温泉で、鎌倉時代から利用されていると伝えられています。スパ施設も設置されていて、特に週末は多くの人が訪れます。この温泉では、お土産として炭酸せんべいも売られています。市内には真言三宝宗の寺院である清荒神清澄寺も存在します。本尊の木造大日如来坐像は国の重要文化財に指定されています。また、イチョウの木は宝塚市の天然記念物です。

畳の張り替え業者を選定する方法

最近は日本の文化の良さが再認識されるなどしており、生活の様々な場面において意識される様になっています。例えば住まいにおいては洋室に加えて和室が設けられていますが、この和室には古くから受け継がれてきた伝統が生きています。例えば畳が用いられていますが、これは四季を通じて温度や湿度の変化が多い気候の特徴に合ったものです。畳はい草を用いていまして、これが湿度を吸収する事や放出する機能を有しています。そして畳の上に布団を敷いて睡眠される方が多く見えますが、睡眠中にも汗をかきましてこの水分は畳に到達していったん吸収されて、昼間など温度上昇しますと放出されます。この様に高い機能を備えた畳ですが、長年の使用で摩耗しまして破れが生じることも有りので、この際には張り替えが必要となります。この畳の張り替えに際しては専門業者に依頼しますが、全国各地に多くの業者がありまして、建具店をはじめ張り替えのみ専門で行う業者から選定してゆくことが必要です。この選定には張り替え業者のホームページや電話やメール問い合わせすることがお勧めです。ここでは希望する地域で多くの方から支持されている張り替え業者がランキング形式で掲載されていまして、各業者の特徴を把握しながら比較検討が行えます。

様々なデザインの襖張り替えについて

和室は日本人にとっては、なくてはならない存在と言えるでしょう。その中には襖があり、障子や畳があり伝統的な文化が残っています。襖などがある空間でゆっくりすることで、精神的にも落ち着きます。襖はある意味消耗品と言えます。一年二年と年月が経過することによって、だんだんと色が褪せてきたり、本来の機能である湿度をコントロールする力もなくなってきます。襖がこうなる前にきちんと専門の張り替え業者に連絡して、襖の張り替えを行っていくのが良いでしょう。これで常に快適な和室空間で過ごすことができます。襖の張り替え張り替えとても緻密な計算が必要になってくるので、素人ではなかなかうまく張り替えることは不可能です。よって、張り替えをする場合は、プロへの依頼が必要不可欠となってきます。できるだけ安心して襖の張り替えをしていくには、地域に溶け込んでいて今までにも多くの襖張り替え作業を行っている専門の業者に依頼するのがベストな選択です。費用的にはどこに依頼してもそれほど大きな違いはありません。いかに地域に密着しているか、ここが大きなポイントになります。地元での実績についてはインターネットで調べれば、ホームページや口コミで確認できます。

定期的に行ないたい障子紙の張り替え

和室の窓辺に欠かせない設備といえば障子です。これは昼夜を問わずに外から室内の目隠しになるのはもちろんのこと、昼には閉めたままでも採光を行うことが可能になっているため、洋室におけるカーテンとレースカーテン双方の役割を兼ねる物になっていると言うことができます。そんな障子は、木製などの骨組みに、和紙などでできた障子紙を張り付けた物になっています。障子紙は当然、その大半が紙であるため、多少の衝撃や水分で破れたり穴が開いたりしてしまう物であり、また日光に晒され続けることによって変色してしまう物になっています。そのため、綺麗な見た目を保つためには、定期的な周期で張り替えを行う必要があるのです。障子に張り替えは、市販されている障子紙を購入することで、個人で比較的容易に行なうことができる作業になっています。しかし、年に一度は障子の張り替えを行う世帯も昔は珍しくはなかった一昔前とは違い、洋式の住宅が増えた近年においては、この障子の張り替えを行った経験がない方も少なくないでしょう。そういった張り替え方法が分からない方だけではなく、仕事や子育てなどで忙しく、障子を張り替える時間を確保することができない方などにもオススメなのが、障子の張り替えを代行して行ってくれる業者のサービスを活用する方法です。電話一本で依頼することができ、綺麗に張り替えてもらうことができるため、気軽に活用してみるといいでしょう。

夏前に網戸を張り替え

夏になると蚊などの侵入が多くなってきます。そこでオススメなのが、網戸の張り替えを夏前に済ませるということです。この工程を行えば、網戸の隙間から蚊などの小さい虫が入ってくることを未然に防ぐことが可能となってきます。網戸には、様々なタイプのものが存在しています。そのタイプに沿った張り替えが必要となりますので、ぜひこの機会にタイプを知っておきましょう。次に確認する事項として、網戸の網目の大きさも重要となってきます。網戸の網目は、数値が大きいものの方が細かいメッシュとなっていますので、蚊の侵入を防ぎたいと切望されている方は、大きめの数値が付随しているメッシュをオススメします。張り替え時期のおおよその目安としては、2年が一般的なメンテナンス時期となっています。網戸を張り替える際にはこのように一定期間の把握を行っておくと良いでしょう。人にもよりますが、手先が器用な方であれば、ご自身で網戸の張り替えを行う事が可能となりますが、そうでない方は、プロの張替え業者さんへ網戸の張り替えを依頼するのもいいのではないでしょうか。張り替え時期に合わせて、網戸を心地よいものへ張り替える、そのための情報をご紹介しました。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555