兵庫県高砂市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

高砂市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

高砂市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】高砂市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

阿弥陀・阿弥陀町(阿弥陀・魚橋・生石・北池・北山・地徳・長尾・南池)・荒井町(扇町・御旅・紙町・小松原・新浜・千鳥・中新町・中町・蓮池・東本町・日之出町・南栄町・若宮町)・伊保・伊保港町・伊保東・伊保崎・伊保崎南・伊保町中筋・今市・梅井・春日野町・神爪・金ケ田町・北浜町牛谷・北浜町北脇・北浜町西浜・時光寺町・松陽・末広町・曽根町・高砂町(相生町・藍屋町・朝日町・今津町・魚町・戎町・沖浜町・鍵町・鍛冶屋町・狩網町・木曽町・北渡海町・北本町・細工町・栄町・材木町・清水町・次郎助町・船頭町・高瀬町・田町・大工町・釣船町・西宮町・農人町・浜田町・東農人町・東浜町・東宮町・松波町・南材木町・南渡海町・南浜町・南本町・宮前町・向島町・横町・猟師町)・高須・竜山・中島・中筋・西畑・緑丘・美保里・百合丘・米田団地・米田町(古新・塩市・島・米田・米田新




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












高砂海浜公園が美しい高砂市

高砂市は兵庫県南部、播磨平野東部に位置している市です。姫路市、加古川市に隣接しています。高砂市の東には加古川が流れており、南は瀬戸内播磨灘に面しています。1954年(昭和29年)7月1日に、加古郡高砂町、荒井村、印南郡曽根町、伊保村が合併し、高砂市が誕生しました。1956年(昭和31年)9月30日に印南郡阿弥陀村、米田町が編入、翌年3月10日には印南郡北浜村が編入し、現在の高砂市となりました。高砂市の名の「たかさご」とは、河口で砂が堆積することで盛り上がった状態になったものを意味しています。高砂市には「日本の白砂青松100選」にも選ばれた高砂海浜公園があります。美しい白浜と播磨灘を沈む夕日などを楽しむことができます。古くから景勝地でもあった高砂では、多くの歌人たちにより歌が詠まれてきました。松や海に関する伝承も多く残されており、この伝承から世阿弥は「高砂」をつくったとされています。現在でも「高砂や」で始まる謡曲「高砂」は結婚式などのめでたい場で謡われます。このことから、高砂市では1985年(昭和60年)7月に、ブライダル都市宣言を行っています。荒井神社、生石神社、曽根天満宮などの高砂市の神社では、毎年秋になると古くから伝わる秋祭りが開催されています。

自然と歴史の魅力が詰まった高砂市

高砂市は兵庫県の本州側南部に位置する市で、南側が瀬戸内海・播磨灘に面しています。面積は約34平方キロと県内では小さめですが、北部の山地と農地、南部には海の広がる多彩な景色が特徴です。高砂市は観光名所もさまざまで、歴史と懐かしさを感じさせる神社仏閣、有形文化財と史跡なども点在しています。南部にある荒井神社は鎌倉時代に遷座され、創建は600年頃と歴史の長い神社です。荒井神社においては1月の千両えびす祭と4月のだいこく祭、夏祭・秋祭と季節ごとにまつりが開催されています。このほかにも高砂神社や鹿嶋神社と十輪寺のように、高砂市は歴史巡りに最適の場所が盛りだくさんです。豊かな自然環境が魅力の高砂市は、山や公園などの名所も点在しています。北部にある標高約300mの高御位(たかみくら)山は播磨富士とも呼ばれ、山頂からの眺めが人気です。大正時代に関西で初めてグライダーが飛んだ地として知られ、山頂には碑がたてられています。このほか、桜の名所・日笠山と市ノ池公園も高砂市の名所です。海に面している高砂市は高砂海浜公園とあらい浜風公園も人気があります。高砂市内にはJR神戸線と山陽本線が通っているため、鉄道を利用したアクセスが便利でしょう。

畳はどうなったら張り替えるのがよいか

和室に存在感のある畳は、昔から我が国に伝わってきている伝統的なものです。この伝統的な畳も、生活していく上では畳の上を歩くのでだんだんと消耗していきます。もともとは青々としていた畳も色が黄ばんできたりしますし、畳の上を歩いていれば、ほつれてくるものです。こんな状態になってしまったら、そろそろ張り替える時期と考えた方が良いでしょう。張り替えすることでまた青々とした畳に生まれ変わることができるようになります。それでは、張り替えをするにあたってはどこにお願いするのがよいか、実績と金額で検討していきます。実績に関しては、張り替え業者のホームページをチェックしてみればだいたいの今までの実績を確認できます。後は張り替えの見積もりを取得することが大切です。これをきちんとこなすことで、よりよい業者に依頼できます。どこの業者に任せても一緒だと考えてしまっている人も中にはいます。しかし、実績を確認してみたり、さらには見積もりを取ってみるとこの違いを実感することができます。電話で質問などをしてみるのも良いでしょう。これによって、対応の良さなども確認することができるからです。何れにしてもお金をかけてでも畳は張り替えた方が良いです。

最適な襖の張り替え業者選定を行う

最近は日本の文化の良さが見直しされていまして、住まいにおいても和室の良さがクローズアップされています。この和室では国内の歴史や伝統を受け継いだ各種建具が使用されていまして、例えば畳を始めとしまして障子や襖が挙げられます。この中で障子は室内に直射日光を取り入れる事無く均一な明かりを室内にもたらす事が出来る優れた機能を保有しています。また襖は和室の出入り口を始めとしまして、様々な物を収納する為の押入れにも使用されています。この襖は開閉時に多く利用されまして、年月の経過によって汚れの付着に加えて紙が劣化して破れやすくなりますので張り替えを行う事となります。この張り替えには襖の木枠部分の取外しに加えて、紙をきれいに貼りつけるのにコツが必要となります。そこで張り替えは専門業者に依頼される方が多く、業者を選定する際には全国各地の多くの中から仕事の丁寧さに加えて、張り替え料金のお得さなどで絞り込みを行います。この絞込みの際には比較サイトを活用する事がお勧めとなります。ここでは希望する営業地域に加えて、襖の張り替え料金設定などで業者の比較を行い、候補をスピーディーに絞り込み、各業者のサイトで詳細情報を確認して検討を進められます。

障子は張り替えるのが前提の建具です

障子紙の種類や設置されている場所、そして使用環境などによって耐用年数は異なりますが、3〜5年程度が張り替える目安となります。丈夫で長持ちする障子紙を使って張り替えの手間を減らすのか、頻繁に張り替えるのを前提にあえて耐久性には目をつぶって安い障子紙にするのか、これは個人の好みによると思います。実際のところ大人だけの生活環境だと、障子が破れる事も少ないので、耐久性が低くても意外と破れずに長持ちするものです。面倒くさいかもしれませんが、障子本体の木組みを維持するため、そして障子特有の風合いを存分に楽しむためには、短いスパンで張り替えたほうが好ましいです。そもそもが張り替える事が前提の建具ですから、障子紙の耐久性が高いからといってずっとそのままにしておくというのはよろしくありません。張り替え作業が面倒でも、何度も経験していれば容量も掴めますし、作業効率も上がって速やかに作業を終えられるようになります。張り替えを頻繁に行えばその分障子本体の掃除も出来ますし、ついでに周辺の掃除も出来て一石二鳥です。生まれて初めて障子がある家に住み始めたという人なら、最初のうちは普通の障子紙にして張り替える作業というのを何度か経験して、それから耐久性を求めるのか頻繁に張り替えるのを前提にするのかを決めるようにすると良いでしょう。

網戸の張り替え業者を選ぶ基準と保管方法

建物の窓に使う網戸は屋外のごみや虫の侵入を防ぐ効果があるので、網の部分が破れたらすぐに張り替えを行う必要があります。張り替え作業はすき間が出来ないように行う必要があるので、専門技術を持つ業者に依頼するのが一般的な対処法です。また、建物のある環境を踏まえて張り替えを行う網戸の材質を選ぶのが長持ちさせるための工夫です。網戸の張り替え作業は技術力によって仕上がりの良し悪しが大きく変わります。特に弛みやすき間が生じていると異物が入り込んでしまうので、丁寧に作業を行う業者を選ぶことが大切です。優良な業者は見積もりを無料で行う他、依頼者の質問に対しては分かりやすく説明するので重要な選択肢になります。網戸の張り替え作業で生じる費用の内訳を明確に提示することや、使用する網の材質についても説明する業者は信頼できるので安心して依頼することが出来ます。張り替えが終わった後の網戸を長持ちさせるためには正しい扱い方を遵守する必要があります。網戸は日光や風雨などの刺激以外にも汚れの付着によって劣化します。そのため、こまめに洗浄を行って清潔に保つと共に、使わない季節は刺激が生じない所に保管することが網戸の品質を良好に保つための工夫です。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555