茨城県坂東市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県坂東市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県坂東市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県坂東市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

下出島 大口 平八新田 逆井 神田山 桐木 岩井 勘助新田 大口新田 左平太新田 寺久 長谷 孫兵エ新田 内野山 駒跿 借宿 幸神平 沓掛 長須 みむら みどり町 生子 鵠戸 庄右衛門新田 馬立 矢作 大谷口 古布内 弓田 幸田新田 小泉 生子新田 上出島 猫実新田 半谷 栗山新田 幸田 山 神田山新田 木間ケ瀬 猫実 菅谷 辺田 大崎 莚打 中里 法師戸 大馬新田 冨田 小山



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県坂東市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




歴史を肌で感じられる坂東市

茨城県の西部に位置する坂東市をご紹介します。坂東市は利根川と西仁連川に面した水資源豊かな町で、日本の歴史的史跡が数多く残されている町でもあります。そんな坂東市の歴史を感じられるスポットを幾つかご紹介いたします。まずご紹介するのは、逆井城跡公園です。逆井城とは下総国猿島郡にあった戦国時代の日本の平城で、園内にはその他にも歴史的な建物物があり見どころ満載です。春の季節には数百本の桜が咲き乱れ、特に一重の花びらがきれいな紅猿島も一見の価値ありです。そして戦国時代へタイムスリップしたかのような感覚を味わえるスポットとしてご紹介するのが、坂東市の岩井将門まつりです。このお祭りは毎年11月に行われる坂東市の名物行事で、國王神社の杉並木を、約100名の鎧を身にまとった武者が、国指定重要無形民俗文化財でもある相馬野馬追騎馬隊や美しい姿の姫君と共に歩行者天国となった街道を練り歩きます。この岩井将門まつりは、見る物を圧倒させ、戦国時代を思わせる迫力ある光景を目にするため、毎年多くの観光客がこの地を訪れます。このように豊かな自然をもち、日本の歴史を肌で感じられる坂東市はとても記憶に残る場所となっております。

畳を掃除機で掃除する際の注意点

畳など和室にとって重要な家具の1つですが、長年使い続けることで劣化してきてしまいます。そのため定期的な張り替えなどが必要になりますが、日頃から適切な手入れを行う事でより良い状態を長く保つことが可能です。そのため和室の畳を日頃から掃除をしておくことが大切になります。掃除の方法ですが、畳のござにあるゴミなどを取り除くために掃除機を使用するのがよいです。掃除機を使用すると畳のござ部分ととなる細かい箇所にもぐっている埃などを吸い取ることができます。ただし掃除機を使用して掃除する場合ですが、その際に畳の目にそって掃除機をかけることが望ましいです。畳の目にそって掃除機をかけることで、より深い埃を丁寧にすいだすことができます。また埃だけでなく畳の奥に潜むダニなども吸い取ることができ、より綺麗な状態に掃除することが可能です。また目にそって掃除することでござを傷める事を防ぐことができます。逆に畳の目に反した方向へ掃除機をかけてしまうと、ござ部分のい草に余計な摩擦がかかってしまい、最悪の場合はござが切れてしまい毛羽立ってしまう原因になります。そうなると畳をより早く傷める事に繋がるので、正しく掃除機をかけることが重要になります。

襖・しばしばお絵描きの犠牲になること

和室の入口や部屋の区切りに使われる紙張りの戸・襖、その材質ゆえに汚してしまった経験のある人も多いでしょう。最近では襖の上に貼る壁紙というものもあるようですが、そういったものがない時代は大変です。子供などは壁や襖をキャンバスか何かと勘違いしているフシがありまして、特に紙で出来ている襖はしばしばそのアーティスト魂の犠牲になってしまいます。どうもそういったアーティスト魂は子供に限った話ではないようで、江戸時代の絵師の逸話にもこうした話は頻出します。酔った絵師が料亭や遊郭の襖に絵を描く話です。突然周囲を振りきって絵を描き始める話から、襖を汚したのをごまかすために絵に仕立てあげる話まで、よくもまあこんなに事例があるものだと思うほかありません。このように話の導入は様々ですが、しかしこの手の話のラストはおおむね決まっています。すなわち、「その客が有名な絵師だったと知って店の者が仰天する」というものです。そこから察するに、こう言ってはなんですが、「別に絵師でもなんでもなかった」「絵師は絵師だが、腕がなまくらでラクガキのほうがなんぼかマシだった」というケースも実際には多かったのでしょう。いずれにせよ長く使ってゆく襖ですから、気軽にキャンバス扱いすると後悔するよ、とは肝に銘じなくてはなりません。

張り替えを終えた障子の性能とは

薄い紙の耐久性は非常に判断するのが難しいです。またそういった道具は直に破れるので慎重に扱うべきです。この紙を使っている扉は繊細な存在です。つまり一般的な障子にも上手い扱い方があるのです。家庭の中で障子を大切に扱えば長持ちします。また張り替えで新しい雰囲気にすることもお勧めです。これは以前から障子を復活させるテクニックとして浸透しています。今の扉には新しいデザインや機能が加わっています。しかし障子が昔から持っている張り替えの機能は今も同じです。この機能は全ての家具の中でも極めて便利なものです。障子の張り替えを終えたら後は自由に扱うことができます。重要なのはその作業で間違えないという意識です。張り替えの作業に必要な知識は身近な部分に存在します。特に作業のプロは伝統的な知識を大事にしています。今はそういった以前の知識が必要なので見逃せない部分です。障子の張り替えには伝統的な技術が必須なため、作業をする時には積極的に意識するべきです。それで完璧に難しい作業を終えることができます。障子の性能は買った時には決まらないものです。特に昔の障子は何度も張り替えをして新品のようになります。だから障子の価値は張り替えのテクニックで決まります。

お得に網戸を張替える

古くなった網戸は張替えなければなりませんが、その張替えを行うには業者に依頼するか、自分で張替えるかの二通りの選択があります。仕上がりの良さや作業にかかる時間や手間を考えれば業者に依頼したほうがいいでしょうが、コストを考えれば圧倒的に自分で張替えたほうがお得です。網戸の張替えに必要な道具は多くなく、張替え用の新しい網なども一般的な樹脂製のものであれば安価で手に入ります。最初は初期投資として道具などを購入したとしても、それ以降は網やその網を抑えるゴムだけを購入すればいいので、ランニングコストは非常に低いと言えます。それこそ家に複数枚網戸があれば、それらを張替えていくと考えればそれらすべてを業者に依頼した場合と、自分で張替えた場合ではコストは大きく変わってくるでしょう。その意味では、一人暮らしのワンルームマンションの場合、網戸が一つしかないという事も珍しくないので、そういった場合にはわざわざ道具を買って張替える手間を考えれば、業者に依頼したほうがお得と言えるでしょう。結局自分で行う場合には、時間や手間はかかるものなので、忙しくて時間がない人は、コストを気にして自分でやろうとして暇がなくて先延ばしにするよりも、無理せず業者に依頼して網戸を張替えてもらうようにしましょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555