茨城県稲敷市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県稲敷市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県稲敷市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県稲敷市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

阿波・阿波崎・甘田・荒沼・飯島・飯出・伊崎・伊佐津・伊佐部・市崎・稲波・犬塚・戌渡・浮島・江戸崎・江戸崎みらい・大島・太田・岡飯出・押砂・小野・柏木・柏木古渡・釜井・蒲ケ山・上君山・上須田・上根本・上之島・上馬渡・桑山・結佐・神崎本宿・幸田・石納・小羽賀・駒塚・境島・佐倉・佐原・佐原組新田・佐原下手・椎塚・四箇・信太古渡・柴崎・清水・下太田・下君山・下須田・下根本・下馬渡・新橋・神宮寺・須賀津・月出里・角崎・清久島・高田・手賀組新田・寺内・時崎・中島・中山・西代・西の洲・沼田・羽賀・橋向・八千石・鳩崎・羽生・東大沼・福田・古渡・堀川・堀之内・曲渕・町田・松山・狸穴・三島・三次・光葉・南太田・南ケ丘・南山来・村田・本新・八筋川・四ツ谷・余津谷・六角・脇川




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県稲敷市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




週末の散歩が楽しみな茨城県稲敷市

どこかにお出かけしたいという気持ちになれば、茨城県稲敷市であれば近所に複数公園が存在します。周辺のエリアについて詳しく知りたいならば、小さい子供向けの遊び場を選ぶべきです。一例としては「こもれび森のイバライド」があり、動物と間近に触れることができる機会が特徴です。また茨城県稲敷市は親子で楽しめるレジャースポットがいくつもあるため、家族皆が一堂に集まって楽しいひとときが過ごせます。 美容に強い関心がある方は、茨城県稲敷市の「あずま健康センター」が最高です。疲労回復にぴったりなスパが充実しており、お年寄りを中心に昼間から賑わいを見せています。季節限定でいろいろなサービスを実施していることから、仕事に疲れている人においては前向きに検討できるシステムが揃います。 茨城県稲敷市の人口は周辺より少ないものの、住み心地を重視した内容を今後も追求している市政は評価できます。観光課では若い世代にぴったりなサービスを次々に実施していることから、最高のサービスが提供できる準備が伺えます。地域で行われるイベントに積極的に参加すれば、心身ともにリラックスできる環境に出会えます。市民の憩いの場を大事にすれば、茨城県稲敷市で輝かしい未来が開けます。

畳ベッドで寝心地の良い夏

洋室でも和室の雰囲気を堪能したい方に最適な畳ベッドは、集合住宅で改築ができないところをはじめ、多くの人から愛用されています。一般的なベッドよりも硬めの寝心地となっているので、和室で畳の上に横たわるイメージを抱くと寝心地が想像しやすいです。そのため、腰痛の人をはじめとして、フローリングの床の上で布団を使うことに抵抗ある人にもお勧めできます。特に高齢者の方にとっては、布団をあげる行動は腰痛の原因にもなりかねないため、畳ベッドを使うことでその行動から解放されるメリットや、布団を敷いていない時にはラグとしても活用できるメリットも少なくありません。室内のイメージを少しでも和室に近づけたいけれど、洋室の良さもそのままキープしたい人には便利です。夏の暑いときには畳の上で寝ているだけで、涼しさを感じる人も少なくありません。畳の持つ効果の一つとして、水分調節や温度調節もありますので、夏の蒸し暑いときに横たわると涼しさを感じます。マンションの一室で冷房をきかせながら畳ベッドで眠ることで、夏の暑さから解放されやすくなるのは、大きなメリットです。利用する前に、おいてある家具店で直接触ってみることが一番大切なポイントといえます。

襖のイメージを変えてみる

皆さんのご自宅に襖はあるでしょうか。一昔前ならほとんどの方があると答えたでしょうが、洋式の家が増えている昨今では襖が一枚もない家も珍しくはなくなりました。それでも襖を見たことが無いという人は少数派でしょうし、自宅ではないにしろどこかで触れたり見たりしたことがある人が殆どだと思います。それだけ日本人にとってなじみ深い襖ですが、イメージとしては古臭いという印象を持たれがちです。伝統的な建具ですからそうしたイメージは仕方ないですが、一方で襖そのものがどちらかと言えば地味な見た目をしている事が多い点も挙げられるかもしれません。襖は地味で当然と思っているなら、それは少し間違った印象かもしれません。なにせ各地にある歴史的な古刹にある派手な極彩色に彩られた襖を見れば、地味なんて印象はまったくありません。もちろん水墨画で落ち着いた印象の絵もありますが、特に戦国時代の頃の襖絵は派手です。何が言いたいのかと言えば、結局のところ何を表紙に貼るかで印象は大きく変わるという事です。今風のモダンな柄にしてもいいですし、いっそのことポスターでもいいでしょう。貼ることが出来るものなら選択肢は自由です。もし襖が古臭いと感じられているなら、いっそのこと大胆なものに張替えたりペイントしたりしてみてはいかがでしょうか。思っている以上に印象は変わるものです。

障子の特徴と劣化を防ぐための工夫について

住宅の和室に使われることが多い障子は細い木枠と専用の和紙で作られているので、他の建具よりも軽量で扱いやすい特徴があります。また、和紙を通して日光が室内に差し込むので室内を明るく保つことが出来るのが他の建具には無い、障子特有の大きな利点です。その一方で障子紙は日焼けや空気中の汚れなどで変色する他、少しの衝撃でも破れてしまう欠点があります。そのため、見栄えの良さを保つためには傷みが生じる度に張り替えを行う必要があります。また、木枠も衝撃に弱いので、障子を乱暴に開閉すると歪みや亀裂などの損壊に見舞われます。軽度の傷みであれば同じ材質の木材をはめ込んで修理することが出来ますが、障子全体が大きく歪んでいる場合は丸ごと交換することになるので余計な出費になります。障子の傷みを防ぐためには常に丁寧に扱い、不具合に見舞われたら速やかに張り替えや修理などを行うことが大切です。障子は強い刺激を与えないように丁寧に扱っても年月の経過に沿って少しずつ劣化します。そのため、紫外線カットや撥水性を向上させるコーティング加工を施すなど、毎日の使用の中で劣化を遅らせるように考慮することが障子を長く使い続けることに繋がります。

網戸張替えに欠かせない押さえローラー

網戸の張替えに欠かせない道具と言えば、押さえローラーというものがあります。こちらは基本的に網戸の張替え用としてのみ存在している道具であり、これが無い事には網戸の張替えは難しくなります。網戸はアルミなどの枠に、樹脂などの素材で編まれた網を張り付けた構造をしています。この網を網戸の枠に固定する際に使われるのが、網押さえゴムです。細長いゴムで、網の周囲をぐるっと囲んで網を挟み込み、枠に固定します。この際枠に彫られた溝に、網もろともゴムを押し込むのですが、この時に使うのが押さえローラーです。これは厚みの薄いローラーで、ゴムの上を転がしながら押し込んでいくのです。張替え用の道具は他のものでも代用できたりしますが、このローラーに関しては身近なもので代用できるものがあまりないので、網戸の張替えを行う場合には基本的に購入する事になります。網押さえゴムには断面の直径に種類があり、それに合わせてローラーにもサイズがあります。サイズに合ったものを用意する必要がありますが、ローラーが二つ付いて、サイズの違うものにも対応できるようになったローラーもあります。網押さえゴムのサイズの確認方法としては、現物の直径を測ってみるのもいいですが、端っこを切り取ってお店にもっていったほうが確実でしょう。また、直径のサイズを変えられるゴムというのもあるので、確認する前にお店に行ってしまった場合などに便利です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555