茨城県常総市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県常総市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県常総市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県常総市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

大沢新田 沖新田町 本石下 長助町 水海道亀岡町 水海道川又町 大房 鴻野山 水海道諏訪町 横曽根新田町 内守谷町きぬの里 新井木町 水海道高野町 豊岡町 東野原 豊田 収納谷 山口 左平太新田 中妻町 古間木新田 古間木 原宿 水海道淵頭町 岡田 崎房 笹塚新田町 平町 舘方 鴻野山新田 若宮戸 曲田 水海道栄町 水海道森下町 栗山新田 水海道元町 羽生町 馬場 杉山 三坂新田町 川崎町 中山町 伊左衛門新田町 箕輪町 大沢 中沼 蔵持新田 菅生町 馬場新田 坂手町 水海道本町 向石下 古間木沼新田 内守谷町 相野谷町 兵町 上蛇町 花島町 平内 五郎兵衛新田町 小保川 十花町 三坂町 小山戸町 大崎町 本豊田 福二町 水海道山田町 蔵持 篠山 大塚戸町 大生郷町 水海道橋本町 孫兵ヱ新田 国生 新石下 水海道宝町 大生郷新田町 水海道天満町 大輪町 東町



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県常総市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




常総市とはどういうところか

常総市は茨城県の南西部に位置し、人口は約6万2千人、人口密度は平方キロ当たり507人の地域です。東京都心部からは約50キロ、水戸市からは約70キロの距離にあり海抜は平均約10メートルから20メートルの平坦な地に市域が広がっています。東部地域には市役所があったり市街地が広がり、西部地域には水田や森林、工業団地などが広がっています。常総市の人口は1970年以降2005年まで増加して来ましたが、2010年になって減少に転じています。1954年に市制施行で水海道市となり、2006年に町を編入して常総市に改称しました。常総市の鉄道では関東鉄道常総線が通り、中心となる駅は海水道駅となっています。路線バスでは関東鉄道、関鉄パープルバス、高速バスが運行しています。常総市の名所・旧跡、観光スポットや施設としては神社仏閣や風土博物館、天然温泉や城郭その他がよく知られています。市の中心地は江戸時代の中期ごろまでは寒村でありましたが江戸末期以降は河川水運の中核地として栄えて来ました。東京都心から色々な交通手段を使ってアクセスしやすく緑や歴史的建造物も多いことから映画のロケ地としても多く利用されています。ブラジル日系人などが中南米がらこの地で就労する姿も見られ、それらの人向けのスーパーも立地しています。

癒し〜畳のある生活〜

旅行に行ったとき、どんなところに泊まりますか。ホテルだったり、旅館だったり。旅館に泊まるとき、部屋に案内されるとすごく落ち着きます。やはり日本人だからでしょうか。和室とか畳という存在に無条件に癒されます。フローリングだと掃除が簡単ですが、足を伸ばしたときや寝ころがったときの感触が全然違います。硬すぎず柔らかすぎずちょうどよいのです。今は畳ベッドなども販売されていますよね。畳の適度な固さが身体にとっても心地よいからでしょう。畳の魅力といえば、なんといってもあの独特な香りではないでしょうか。い草の香りはとても落ち着く香りですよね。そして昔懐かしい香りです。アロマテラピーなどで、リラックス効果や鎮静効果のある精油も売っていますが、それらに負けない効果があると思います。草ですから、湿度の調節にも一役かってくれます。湿度が高いときは水分を吸い取ってくれ、湿度が低いときは水分を放出してくれます。温度もほどよいですよね。夏でも畳の温度はそれほど上がらず、冬でもフローリングのように冷たくならない。そういう意味では畳はエコにも貢献していますね。昔からあるものって、理にかなっていますよね。今は化学繊維の畳というものもあるようです。日焼けもしにくく、耐久性もあるようですが、やはり昔ながらのい草の畳が最高ではないでしょうか。

単純では無い襖の奥深い世界

襖は和室に使われ仕切りと言った機能性を持つと共に現在ではインテリアと言った面に関しても重要視されていますが、一見するとどれも同じ様に見えて実は種類が多いと言った特徴も持っているのです。大まかに分けると使われる材料や材質と言った物から形状と言った物によって大別する事が可能で、適材適所と言った形で住宅事情や環境に合わせて選ぶと言った事も可能と成っています。何れにしてもこうした特性を上げると更に襖は奥深さを見せてくれると共に、如何に知っているかによって自分に本当に必要な物や機能性を選べる様にも成ってくるのです。更には耐久性や価格面においてもこうした事は有利に働く要素とも成ってきており、単に襖を導入したいだけの人や身体的な負担を軽減出来ると言った用途に合わせた選択も容易としてくれます。中にはそれまで使われてきた木材とは別にプラスチックを主材とする様な襖も出てきているので、使い様によっては既存の物よりもずっと維持管理が楽な物も出てきてはいるのです。ただし襖の良さを維持する為には表面を飾る物に関しては張替えと言った事が必要なのは共通してはいる物の、逆に考えればこれらは互換性が高いので見た目の良さでは高級品とも容易く肩を並べられる要素とも成っています。

障子のある生活は日本の文化

障子は日本人ならば誰もが見慣れている物ですが、最近では外国人にも注目されている日本独自の文化です。文化的な側面も有している障子ですが、最近では様々な複合素材を用いて耐久性能を底上げした障子なども開発されています。最新のナノ技術によってフィルター機能が施されている障子も開発されていて、ハウスダストの予防効果を発揮し健康的な生活をもたらしてくれます。障子のある生活は人々の心に余裕を持たせ、リラックスできる空間を演出しますが、定期的に交換などをすることで、快適な空間を維持することが出来るのです。日本人ならば誰もが障子のある生活にあこがれていると言われていますが、特に天然の木材と、伝統的な手法で作られた和紙を使用した昔ながらの障子が人気です。昔ながらの職人技で作られた商品は、木の温もりと紙の質感が魅力です。ネット上でも若者を中心に和室ブームが巻き起こっているため、和室のある木造建築を注文する人たちが増えています。障子はそういった和室ブームの象徴として、今後もより多くの日本人の生活に取り入られていくのです。障子専門店も数多く存在し、それら専門店を利用して購入する人たちも増えていて、経済的効果も無視できない規模に発展しています。

夏に備えて網戸の張替えを行う

夏場はクーラーを使うのもいいですが、全ての窓とドアを開け放っておくのもいいものです。よほど危険な温度でなければ湿気がこもらず、かなり快適に暑い昼を過ごすことが可能となります。その際には玄関などから虫が入ってきてしまうので、しっかりと全ての窓とドアに網戸を設置するべきでしょう。また、破けていたりした場合は特に張替えを確実に行わなければ蜂などの虫が入ってきてしまいます。網戸の張替えは道具があれば素人でも割りと簡単に行うことが可能であり、慣れれば障子の張替えよりも早く行えるでしょう。それでも自信がない、あるいは確実に張替えたいと思ったならば業者に依頼するといいです。春にホームセンターなどでよく網戸の張替えサービスを行っているのでそこに網戸を持ち込んでもいいでしょう。その際はメッシュの細かさを決めることになりますが、細かいものはかなり高性能です。見た目薄い布に見えるほどに細かく、虫だけでなく花粉や火山灰なども防いでしまいます。室内を清潔に保ち、風を通すためかなり快適な環境にすることが可能となるのです。網戸の張替えを確実に行うと虫以外にも様々なメリットが生じます。クーラーに頼ったり、面倒がらずにしっかりと網戸を張替えましょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555