茨城県かすみがうら市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県かすみがうら市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県かすみがうら市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県かすみがうら市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

下志筑 下大堤 西野寺 稲吉東 有河 宍倉 東野寺 志戸崎 高倉 粟田 上佐谷 五反田 稲吉 牛渡 横堀 下稲吉 上軽部 中志筑 柏崎 西成井 男神 南根本 三ツ木 上大堤 安食 上土田 下佐谷 下土田 中佐谷 坂 新治 大和田 上稲吉 田伏 岩坪 雪入 飯田 加茂 下軽部 深谷 戸崎 大峰 市川 上志筑 山本 稲吉南 中台



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県かすみがうら市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




かすみがうら市の名産品や人口について

かすみがうら市は、茨城県の中央よりやや南寄りに位置した場所にある市です。市の南東部は、日本第2位の面積を誇る湖「霞ヶ浦」に面しています。かすみがうら市の地名の由来ともなっている湖です。2005年、新治郡に属する2町(霞ヶ浦町と千代田町)の合併により「かすみがうら市」が誕生しました。かすみがうら市の名産品や特産品には、「霞ヶ浦」の恵みによるものも少なくありません。例えば、ワカサギ、シラウオ、川エビなどは、霞ヶ浦で漁れる市の特産品です。また、霞ヶ浦で生産される蓮(レンコン)は日本有数の生産量を誇り、その品質にも定評があります。かすみがうら市は、レンコンの「指定銘柄産地」として茨城県からの指定を受けています。なお、かすみがうら市ではほかにも、梨、栗、ブドウ、イチゴなど、各種の果物の生産も盛んに行われています。かすみがうら市の人口は、2000年ごろを境に減少傾向にあります。後にかすみがうら市を構成することになる2町の合計人口は、1970年には約3万人でしたが、1995年から2000年にかけては4万5,000人ほどにまで増加しました。2016年現在、かすみがうら市の人口は4万2,000人ほどです。

畳のスペシャリストに聞く

畳の正しい利用の方法が分からない場合もあります。どうやったら長く清潔に使う事ができるのかを知る事ができれば工夫をしていきたいと考える方が多いですが、なにも知らない状態では清潔に使用をする事が難しくなってしまいます。多くの方がインターネットで情報を調べますが、不特定多数の人が書き込みをする事ができるインターネットは間違った情報は書かれている場合もあります。間違った情報を確認してしまい実践をしてしまうと寿命以上に使えなくなってしまいますし、非常に短い期間で交換をしなくてはならない状態になってしまう場合もあります。ではどこから長く使用をする事ができる方法を調べたら良いのかと言いますと、畳を販売している店になります。畳のスペシャリストの方から長持ちをするための方法を聞くと間違った情報では無く正しい情報を得る事ができる場合が多いです。生活をしている地域に畳の専門店があるはずです。畳の需要が減ってきているので見たことが無い方もいますが、それでも近くに地域には存在している場合が多いです。自分で足を運んでも良いですし、電話をして質問をしてみると良いでしょう。正しい方法の他に、インターネット上では見る事ができなかった情報まで知る事ができる場合もあります。

気軽に相談できる襖業者も大人気

襖の判断について、個人では判断するのが難しいケースも少なくありません。実は深刻な問題が発生しており、すぐに襖の修理や張替えなどを行わないといけない場合も当然あります。そこで気軽に相談する事ができる襖業者も多くの人が利用しており、大人気にもなっています。無料相談を積極的に行っており、たくさんの人が気軽に相談できるように環境を整えている業者も増えてきている状況です。もしも襖に何かしらの問題が発生した時、気軽に相談する事ができれば、適切な対処を実施できます。そして襖の問題を少しでも解消できる為、相談できるのは心強い存在にもなっています。相談する際に分からない事がある時は、色々と質問すれば、襖業者のスタッフが丁寧に回答してくれます。素晴らしいスタッフの場合には、細かくアドバイスをしてくれる為、少しでも襖問題を解消できる解決への道のりを見つけられます。このように気軽に相談する事ができる襖業者はとても人気があり、現在も多くの人が利用しています。もしも襖に関する問題が発生した時は相談を行って、どのようにすればいいのか助言を貰うのも一つの方法です。素晴らしい業者も増えてきており、これまで以上に気軽に相談を行えるようになっています。

障子が劣化する原因と長持ちさせる方法

障子は主に和室で使われる建具の一種で、細い木枠と専用の和紙で作られています。そのため、軽量で扱いやすい他、採光性に富んでいることから室内を明るく保つことが出来るのが利点です。その一方で和紙は日光や空気中の汚れの影響で変色しやすい他、少しの衝撃でも破れてしまう欠点があります。木枠も外圧に弱く、乱暴に開閉すると歪みや亀裂が生じることがあります。障子を傷めずに長く使い続けるためには粗雑に扱わず、常に状態を確認して不具合が生じたらすぐに対処することが大切です。障子紙の変色や破れは新しい和紙に張り替えることで解消することが出来ますが、木枠に古い紙や汚れが付着していると凹凸が生じて見栄えが悪くなります。そのため、事前に木枠を滑らかに削っておくことが張り替え作業をスムーズに進めるための工夫です。また、木枠に塗る糊も水分が多すぎると和紙がふやけてしまうので慎重に扱います。木枠の傷みは軽度であれば細い木材を代わりに嵌め込んで修理することが出来ます。木枠と同じ材質の木材を使うことで質感を似せることが出来るので、修理を終えた障子は新品同様の仕上がりにすることが可能です。障子は適切な方法で扱えば長く使い続けることが出来るので、刺激を避けながら不具合には速やかに対処することが良好な状態の維持に繋がります。

玄関網戸が人気ですが、張替えが必用です。

暑い夏を快適に過ごすだけでなく、部屋の空気の流れを良くして、部屋を衛生的に保つ必要があります。マンション等は北側に窓がない部屋が結構あり、少しでも風通しを良くするためには玄関に網戸を取り付けて風の流れを作ることが最近は人気です。そのため玄関網戸と呼ばれる開発が進んでおり、横に開くアコーディオンタイプや上下に動くロールアップタイプなどや内開きなどバリエーションが豊富です。ただ網戸は常に紫外線や雨風に当たって劣化が早く、玄関などはペットが爪で引っ掻いたりしますので、定期的な網戸の張替えが必要です。網戸の張替え作業は、押えゴムを押しこむ際に使用する専用のローラーさえあれば、誰にでも簡単に行なえますので、手順を紹介します。まずは張替え用の新しいネット選びから始まります。最近のネットは部屋からの眺望を優先視される場合が多く、ネットの目が細かいタイプが人気があります。次に古いネットの除去が必要で、押さえゴムを引っ張り上げながら外しますと簡単に取り外せます。ネットをサッシよりも3センチ程度大きめのサイズに切り、サッシの4辺をクリップで留めてから押えゴムを押し込んでいきます。張替えの一番のポイントが、この時にネットを外側に引きながら押し込んでいきますと、ピンと張りつめて張替えの仕上りがとても綺麗になります。自分で張り替えるのが苦手な場合は業者に依頼しましょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555