茨城県古河市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県古河市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県古河市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県古河市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

松並 大和田 鳥喰 緑町 宮前町 東間中橋 けやき平 尾崎 南間中橋 静町 砂井新田 下大野 横山町 江口 上和田 上砂井 原町 前林 高野 下辺見 北間中橋 谷貝 大堤 平和町 中央町 関戸 西町 大手町 長谷町 鴻巣 三杉町 小堤 駒込 長左エ門新田 稲宮 丘里 上大野 東牛谷 上辺見 葛生 幸町 北山田 牧野地 駒羽根 山田 名崎 南町 茶屋新田 雷電町 久能 下山町 駒ケ崎 立崎 柳橋 西牛谷 水海 常盤町 古河 坂間 三和 北利根 仁連 桜町 中田 下片田 東 女沼 上片田 本町 新久田 新和田 原 東山田 大山 北町 旭町 恩名 西間中橋 諸川 中田新田 錦町 五部 東本町 長谷 磯部 釈迦 東諸川



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県古河市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




茨城県古河市についてと茨城県古河市の特色

今回は茨城県古河市という地域について述べていく。この茨城県古河市は茨城県の中でも一番西に点在しており、栃木県と埼玉県との県境にある地域である。内陸に位置するため、夏は非常に熱い場所でも有名なところである。茨城県古河市のいくつかの代表的な観光名所について紹介していく。まず一つ目が、毎年3月から4月にかけて茨城県古河市総合公園で行われている桃まつりである。合計でおよそ、1500本にものぼる5品種の桃の木が咲き乱れている。茨城県古河市の2つ目の有名な観光名所は、毎年暮れの12月に開催されている提灯竿もみまつりである。20の茨城県古河市の自治会団体が12mの高さにもなる提灯竿を使って、互いに相手の提灯を消そうと激しいぶつかり合いが繰り広げられるまつりである。またこの茨城県古河市には茨城県で最大級とうたっている道の駅がある。中には、地元古河市特産の野菜や惣菜が数多く立ち並んでおり、特に週末になると多くの観光客でにぎわいを見せている。特に地元特産の野菜で作ったサンドイッチは人気を呼んでいる。茨城県古河市には他にも花火大会や菊まつりなど紹介しきれないほど、1年を通してさまざまな観光イベントが行われており、1年中来ても飽きることのない場所である。国道沿いに面しているので都心からも交通の便は非常によい。

最近増えている和紙畳のメリット

現在の日本の狭い住宅事情では、和室を作らない家も増えています。和室は少なくなっていても、畳だけを取り入れる家庭は多くなっています。リビングの一部を2、3畳の畳敷きの小上がりにし、内部を収納にした方法がよく見られます。普段はリビングの一部としてベンチのように座ったり、お客の寝室や子供が遊ぶスペースになり、柔軟に使うことができます。最近増えている商品に、和紙畳というものがあります。和紙畳は畳表をい草の代わりに丈夫な和紙で作られているものです。従来の畳の欠点を克服しているので、最近はどんどん普及しています。和紙畳は畳の自然な雰囲気はそのままに、傷みを最小限にすることを目的とした畳です。い草よりも丈夫で、摩擦や水、紫外線による変色に強く、ダニやカビの発生を抑えるというメリットもあります。和紙畳には撥水性があって、汚しても水拭きが出来るのも重要な特徴です。水分をこぼしたりペットが粗相するなどがあっても簡単に拭き取れます。また、和紙なので、様々な色に染められるのも和紙畳の特徴です。い草の色である若草色や、茶系、灰色や黒、桜色など、色が非常に自由なのが特徴です。洋室の一部としても違和感がなく、雰囲気がいいため人気となっています。

襖の張り替えを行うメリット

日本の住宅には昔から利用されてきた優れた建具が多いですが、その中でも襖は他の建具にはない魅力が多いです。襖は表面が紙でできているため、部屋の雰囲気を落ち着かせる事ができ、日本の住宅に適しています。また襖は他の建具にはない多くの機能を持っており、断熱性に優れているため、外の空気を部屋の中に伝えません。そのため寒い季節でも襖のある部屋は、気温が一定になり快適に過ごす事ができます。ですが襖は紙でできているため、古くなると機能が失われて断熱性が落ちます。張り替えをする事で、失われた機能を取り戻す事ができるため、古くなった場合には張り替えをする事が大切です。また襖は張り替えを行う事で部屋の雰囲気を変える事ができるため、部屋の模様替えを行いたい時には、襖の張り替えを行う事が好ましいです。襖の張り替えを行う事で、少ない予算で部屋の雰囲気を高める事ができるため、気分を変える事ができ有意義です。また襖には湿度を調整する効果があり、住宅の多くの場所に取り入れる事で、湿度が一定の快適な住宅になります。そのため最近の住宅にも、襖は取り入れられるケースが増えており、快適な住宅を作るためには重要な建具になっています。

障子の魅力や特徴といえば

格子状に組んだ木の枠に和紙を張った障子は、近年遮光タイプや、断熱タイプ、破れにくい丈夫な素材など、さまざまなコーティングがされてより暮らしを便利にするため様々なタイプが展開されています。障子のメリットの一つに、扉を閉じたまま光を取り入れることができることが挙げられます。それにより、他に最高をしてくれ日本家屋に用いられるすだれや格子と違い、寒さを防ぎながらも家屋に明るい日中の光が入れることができます。また障子は和紙を張るものが一般的でありながら、他にもガラスをはめこんだり、格子の組み方に変化をつけたり、家屋の意匠や好みにより、多様なデザインを用いることができます。さらに色つきの和紙を用いると、採光した光に色がつき、障子は非常にバラエティに富んだデザインの可能性を持っています。障子は格子の木と、和紙の質感が日本の和を感じさせ、やわらかな光で部屋を包んでくれるため、日本人にとってリラックスできる癒しの空間を演出してくれる効果もあります。障子は格子の幾何学的なラインの美しさなど、見た目の魅力を持ちつつも室内の温度変化をおさえて吸湿性もあるため湿度の高い日本の住宅に適しており、実用性も兼ね備えています。

網戸の張替えに業者の力を借りる

住宅の維持管理には個人でできる事と業者に頼むしか無い事の二種類に分ける事もできますが、その中で微妙な扱いをされているのが網戸であり張替え程度なら自分でやると言う人も多く居ます。しかしながらそうした選択は時に網戸自体の問題は解決できたとしても全体に悪影響を及ぼし兼ねず、それ故に迂闊な張替えは避ける様にして問題源の特定も含めて業者を頼った方が良い事もあるのです。例えば窓等に擦れた跡が付く様な場合に網戸の網部分が弛んでいたりしたら明白でもあり、張替えたら解決できる様なケースもありますが何故弛んだかは素人では疎かにする面もあります。その原因を特定せずに張替えて網戸をそのまま使うと実は別の要因が隠れて大きな問題となった場合、そこにかかる費用と言うのは業者に普通に頼むよりは遥かに高額となる事もあるのです。そうした極端な例を持ち出さなくとも網戸の張替えを綺麗にできるのは業者だけであるのは確かであり、普通の状態を当たり前に作り出したい場合は彼らの力を借りるのが一番ともなります。住宅の建造やそれぞれに専門と並ぶ程に知識や経験があると言う人は別でもありますが、そこに少しでも当てはまらないなら業者を利用した方が結果として得をする事にもなるのです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555