茨城県小美玉市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県小美玉市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県小美玉市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県小美玉市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

飯前 江戸 大笹 大谷 小川 小曽納 堅倉 上合 上玉里 上馬場 上吉影 川戸 川中子 倉数 栗又四ケ 小岩戸 小塙 西郷地 佐才 三箇 柴高 下玉里 下馬場 下吉影 世楽 高崎 高田 田木谷 竹原 竹原下郷 竹原中郷 鶴田 手堤 寺崎 外之内 中台 中延 中野谷 納場 野田 羽刈 橋場美 幡谷 羽鳥 花野井 張星 東田中 百里 部室 先後 宮田 山野 与沢



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県小美玉市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




小美玉市とはどういうところか

小美玉市は茨城県の中央部の少し南寄りに位置するする市で人口は約5万人、人口密度は平方キロ当たり352人の地域です。2006年に町村合併で小美玉市が成立しました。関東平野の一角にあり霞ヶ浦に面しています。小美玉市の人口は1970年以降2000年までは増加して来ましたがそれ以降は2010年まで減少傾向に転じて来ています。農業では銘柄産地指定を受けているニラやイチゴに加えメロンや花卉類も栽培されています。酪農も盛んで生乳やヨーグルト、アイスクリームの加工品が出荷されていたり、漁業や稲作、レンコンの栽培、台地においては柿・ナシ・小松菜も栽培されています。小美玉市の鉄道ではJR東日本の常磐線が通り空港は2010年に開港した茨城空港があります。この空港は国際空港であり日本からだけでなく世界各地からこの地を訪れるようになりますので今後地域の魅力を引き出して育てて行くことが重要とされます。路線バスでは関鉄グリーンバスや関東鉄道バスが運行しています。住んでよく訪れてよしということをキャッチフレーズとして小美玉市では地域ブランドの創出や歴史的観光地の再発見など、色々な取り組みが行われています。祭事やリンゴ狩りなどイベント行事も多くあります。

昔ながらの畳サービス

建築業界も機械の導入が進み技術の進歩によって近代化が進められていますが、昔ながらの職人技によって丹精込めて作られる畳は、時代に流されない本当の価値があります。古くからの職人技や伝統的な技法を守り続けている畳職人だからこそ、現代でも通用するサービスを提供し続けることが出来るのです。畳のある家というものは、心を和ませる安らぎ空間を実現することが可能なのです。さまざまな住宅の形がある中で、安心できる住まいというものを大切にし続けることも、日本の住宅ならではの価値観になります。新しいサービスが次々と登場する中で、常に同じこだわりを持ち続ける畳職人こそが、本当の職人であると言えます。大人から子供まで幅広い層がくつろげる空間として、畳のある場所は最適の空間です。畳の青草の乾燥した香りはそれだけでもリラックス効果があり、心身ともにゆっくりとできる生活ができます。日本の美しい住宅に欠かせない畳だからこそ、本当に価値の分かる人の手に渡ることが、これからの日本の建築業界を活性化させる原動力となっていきます。和とは輪を表し、畳職人とそこに住む住人の輪を重んじるというのが、和の心であり日本の良き伝統なのです。

使いやすい襖と周囲の環境

普段の生活の中では道具を気にする機会があります。そういった道具は家の中で上手く機能を発揮しています。襖はこの国の家の中には多くなっている存在です。実際に色々な家庭を見るとまだ襖を使用しています。この実態が示しているのが古い道具の高い性能です。また伝統的な襖は華やかなデザインが人気の秘密です。そのデザインを家に導入するためにこの扉を購入します。以前から使いやすい道具は人気が出る傾向があります。今の襖もそういった実態があって支持されています。つまりこの道具を使っている家庭では家具の性能も追求しているのです。家は家族と一緒に長く使うようになるため、できるだけ耐久性が高い道具を発見することが大事です。結果的に襖は高い耐久性と高度な技術を持っています。和室の中では使用できる道具が非常にユニークです。それらは独自の文化を極めているので面白くなっています。襖を見ても多彩なデザインがあって個性を出しています。今は個性的な住まいが求められる時代になっています。つまりその中で色々な襖を使うのも有効です。襖は周囲の環境に大きな影響を与えるので非常に優れた面があります。その他には家の中に導入する際の手間が少ないという強みがあります。

障子が日焼けした際の対処法について

障子は和紙を通して日光を室内に取り入れることが出来るのが大きな特徴です。そのため、和室以外にも用いられることがあります。その一方で障子に使われている和紙は日光に当たることで日焼けを起こし、変色と劣化を引き起こします。日焼けした和紙は見栄えが悪いだけではなく破れやすくなるので張り替えが不可欠です。和紙の張り替え作業は手間がかかるうえに費用も嵩むので、日頃から日焼けが生じないように気を付ける必要があります。障子の日焼けを防ぐためには日光に当てないのが最良の方法ですが、室内の明るさを保つ目的で使うことが多いのが問題になります。日差しを遮断出来ない場合は紫外線をカットするコーティングが施された和紙を使うことで劣化を軽減させることが可能です。コーティングが施された和紙は日焼けが生じにくい他、強度も高いので破れにくく長持ちしやすいメリットがあります。しかし、通常の和紙よりも高額なので使う際は支出額が嵩む点を注意します。また、障子用の和紙を使わずに薄い板状の樹脂に張り替える方法もあります。樹脂の板を使うことで日焼けの防止の他に障子全体の強度が向上しますが、採光性は和紙よりも劣るので張り替えの際は慎重に判断することが気持ち良く使うための心得です。

プロに頼む網戸の張替え

どの家にも必ずある網戸は、小さな害虫や動物が家に侵入しないための大切な役割を担っています。しかし長年使用していると雨風に晒され、ネット部分が端から破れたり穴が開いたりして、網戸の意味がなくなってしまい、その都度早めの対処が必要になってきます。網戸の張替え作業は、手慣れた方であればホームセンターなどで、材料を買ってきて、自力で張替えることができるのですが、網戸の枠を外して古いネットを取り外し、サイズに合わせてネットをカットしなければなりません。このネットがごわごわしていて、非常に扱いにくいものなので、不器用な方や自信がないという方は、あまり無理はせずに、プロの業者に張替えてもらうことをおすすめします。プロの業者に依頼すれば、家中の網戸の張替えがスムーズに行えますし、何より見栄えもきれいです。また、網戸は外にあるものなので、きちんと張替えやお手入れをしておかなければ、風で飛んでいくこともあり、近所迷惑にもなりかねません。普段から気を付けるようにし、台風の前の日も念入りにチェックをして、トラブルが起きた時やホコリや花粉で汚れ、掃除しても落ちない時は、業者に張替えや修理を頼むようにしましょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555