茨城県下妻市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県下妻市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県下妻市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県下妻市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

下宮 半谷 横根 本宿町 北大宝 鎌庭 加養 比毛 下田 羽子 前河原 桐ケ瀬 若柳 長塚 関本下 大串 山尻 亀崎 坂井 小島 下妻甲 中郷 鬼怒 見田 尻手 唐崎 肘谷 下妻丙 今泉 田下 袋畑 伊古立 二本紀 堀篭 下妻乙 本宗道 渋井 石の宮 柴 大木新田 砂沼新田 大宝 平川戸 福田 原 五箇 渋田 江 平方 大園木 下妻戊 中居指 皆葉 下栗 高道祖 南原 谷田部 筑波島 下木戸 新堀 田町 本城町 別府 黒駒 宗道 赤須 古沢 小野子町 長萱 下妻丁 樋橋 平沼 数須 大木 柳原 神明 坂本新田 鯨 村岡



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県下妻市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




下妻市とはどういうところか

下妻市は茨城県の中央からやや南西寄りに位置する市で、人口は約4万3千人、人口密度は平方キロ当たり534人の地域です。下妻市の人口は1970年以降2005年までは増加を続けて来ていましたが2005年から2010年にかけて減少に転じて来ています。1954年に市制施行で下妻市が発足しました。地名については鎌倉時代まではしもつまという地名が記されていますが、それ以降は現在の下妻と書き記されるようになって来ています。市の東部と西部には川が流れ、中央部には砂沼があります。かつて1910年代にこの町には電燈会社があったとされています。下妻市の鉄道では関東鉄道の常総線が通り中心となる駅は下妻駅となっています。路線バスでは関東パープルバスが運行しています。これまで茨城観光自動車その他の路線バスもありましたが現在では撤退しています。下妻市の名所・旧跡、観光スポットや施設としては県下で最大のアミューズメント施設がよく知られています。八幡宮やふれあい公園、都市と農村の交流と共生の拠点となる食と健康のテーマパーク、あるいはふるさと博物館、全長2070メートルのサーキットを持つレース場や寺院などがよく知られています。ここはかつて映画の舞台にもなったことがありロケも過去に行われています。

畳の交換時期を考える

畳は使っていると色褪せや、ござの部分がすり減ってきて歩く度にへこんできてしまうことがあります。長い間使うためには定期的にメンテナンスが必要です。畳を使ってからおよそ3年から5年ほど経ってから畳の表面の部分をはがして裏返しにします。そうするとおよそ3年から5年ほどまた使用ができます。その際には縁の部分は一度はがすことになるのでこの部分だけ新調をします。その後、裏の部分が傷んでくるので表替えといって畳の表面自体をまるまる新しいものに交換をします。そして数年経ってから裏返しにすると、今度は畳の土台がそろそろ駄目になっていきます。土台の部分が歩いてみると歪みがでてきます。表面の畳表と縁の部分の全てを新調します。最初に使ってから15年から20年ほどのサイクルになっています。一度も手入れをしていないと使い物になりません。なので長い予定を立てておくといいです。また畳は日ごろから手入れをしておくのもいいです。カビやダニから守る事もできます。和室の換気をよくして、掃除機でゆっくりと吸うことでごみを綺麗に取り除くことができます。掃除機を早く動かして掃除をするとあまりごみを取りきることができませんので要注意です。

襖の張り替えを専門業者に依頼するメリット

襖の張り替えを個人的に実行する場合の問題としては、当然失敗に終わるという危険性を有しています。 通常で考えて、一年を超えて襖は利用することになることから、ただの一度でも襖の張り替えは失敗できないようになっています。その結果、襖の張り替えをミスしてしまうと精神衛生上気分が重くなる人も多いといえます。加えて、張り替えによる負傷といった危険性もあると言えます。切り貼りするのですが、そうした場合に握った手をカッターでカットしてしまう人もいます。そして、張り替えた襖をセッティングするときに指を挟んでケガをしてしまうといったことも考えられます。個人的に実施しない場合は、専門業者にお願いすることが主となります。 専門業者にお願いすることのウィークポイントはほとんど見られないです。そして、利点の方が大きいといえます。したがって、 小奇麗に付けてほしいという人は専門業者に委託した方が望ましいです。 プラスの面としては、当然順調に作り上げられるということです。 腕利きの職人さんが当たり前ですし、個人的に行うよりも明らかに理想的に仕上げることが実現します。さらに、柄についてもいろいろとセレクトすることができます。さらに 業者毎に相当のレパートリーが見られますので、 自宅に最適なものを活用できます。

開け閉めしやすい障子

障子は、細く削り出した木材を縦横に組み合わせた組子に、薄い和紙を接着させることで作られています。木材の細さと和紙の薄さにより、障子は建具としては、非常に軽量となっています。木や金属などの板で作られている西洋風のドアの重量は、20kgほどです。中には30kgを超える重量のドアもあります。それに対して障子は、サイズにもよりますが、10kg前後が平均的な重量となっているのです。組子の本数が少ないと、さらに重量は少なくなります。重量が少ないということは、手軽に開け閉めができるということです。強い力で押したり引いたりする必要がないので、小さな子供にとっても扱いやすいと言えます。しかもスライド式ですから、開け閉めのために体の位置をずらす必要はありません。ドアの場合は押し出す場合には前に進み、引く場合には後ずさる必要があります。ところが障子の場合、その場にいる状態で開け閉めができるのです。そのため足が不自由な人でも、障子が使われている部屋なら、出入りをしやすいのです。現在では西洋風の建物が増えていますが、障子は上記のようなメリットから、むしろ多用されるようになっています。特にバリアフリー構造となっている施設や高齢者用のマンションなどで、使われることが多いです。

網戸の張替えをスムーズにするためのセット

網戸は、蚊や蝿などの害虫が家に入らないようにしたり、室内の換気をするのに不可欠なものです。しかし、空気の通り道であることが災いして、ホコリ、砂、ヤニなどが付着しやく、比較的短期間で汚れてしまいます。そこで掃除や張替えなどの定期的なメンテナンスが必要となります。網戸の構造は大きく分けると、サッシ、ネット、固定するゴムの3つでできています。固定のゴムさえ外してしまえば、網戸のネットを簡単に外すことができるため、自分で張替えを行うことも可能です。張替えの際にはずした固定のゴムは、そのまま張替え後に再利用することもできますが、経年劣化があるため張替えの際に新しくしておくと安心です。また、最近は網戸の張替えをする人のために、張替えに必要な道具がセットになっている商品も売られるようになりました。セットの中には、ネットや固定のゴムをはじめ、ゴムを押し込むためのローラー、ゴムやネットを適度な大きさに整えるための専用カッター、ネットを仮止めするためのストッパーなど、便利な道具が入っています。さらに、網戸を初めて張替える人のために、張替えの手順を丁寧に解説してくれる説明書やDVDなども添付されていて、スムーズに作業をすることができると好評です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555