茨城県牛久市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

茨城県牛久市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

茨城県牛久市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】茨城県牛久市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

ひたち野東 南 結束町 桂町 神谷 田宮 栄町 上太田町 刈谷町 牛久町 城中町 岡見町 上柏田 正直町 東猯穴町 東大和田町 中央 奥原町 さくら台 新地町 島田町 猪子町 下根町 福田町 遠山町 女化町 田宮町 柏田町 井ノ岡町 中根町 小坂町 久野町 ひたち野西 庄兵衛新田町



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


茨城県牛久市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




茨城県牛久市について

茨城県牛久市(うしくし)は、茨城県の南部に位置しており、東京から50kmの距離にあります。常磐線、国道6号とアクセスしています。首都圏のベッドタウンとして宅地開発が進み、飛躍的な発展を遂げた市となります。そんな牛久市の市域の総面積は、58.92平方kmとなっています。 牛久市の市の花は「キク」であり、市の木は「キンモクセイ」、市の鳥は「ウグイス」、市のマスコットキャラクターは、「キューちゃん」となっています。牛久市の観光スポットについては、牛久大仏、牛久市観光アヤメ園、シャトーカミヤ、小川芋銭記念館「雲魚亭」、河童の碑などが挙げられます。 牛久市では、毎年、牛久シティマラソン大会が開催されています。そのほかには、7月の最終土曜日に「うしくかっぱ祭り」、11月に「うしく菊まつり」、11月3日に「うしくwaiワイまつり」、シャトーカミヤワイン祭りなどのイベントが開催されています。 牛久市の特産品は、スイカ「牛久河童西瓜」、ダイコン「牛久河童大根」、コシヒカリ「つくばのかおり」、メロン、落花生、栗、ワイン、鎧冑人形(江戸甲冑)、ローズポークなどが挙げられ、市内の下根農産物直売所で購入することができます。

古くなった畳の表替え

古くなった畳の表替えをしたい場合には、専門の業者に依頼する必要があります。表替えの目安は新調してから3年から5年程度が目安で、表替えをすることで新しい畳を敷いたような状態に戻り、部屋の雰囲気も明るくなります。表替えを依頼する際には、最初に電話やメールで専門業者に問い合わせをして、家に訪問してもらう日時を決定します。家に訪問してもらった際には、現状の確認と同時に、畳表、縁、オプションなどの商品説明をしてもらいます。商品の内容や見積り金額に納得ができたら正式に契約をして注文を行い、表替えの日時を具体的に決めます。スケジュールが合えば、現状確認の当日に表替えを依頼することもでき、スムーズです。畳の位置や隙間をチェックしてから畳を取り外し、工場へ運びます。張り替え作業の手順は、古い畳表を剥がして寸法の調整をしてから新しい畳表を用意して張り替えていきます。予め計測してきた寸法を考慮しながら隙間部分の調整を行い、縁をつけて余分な畳表を裁断して仕上げます。納品の際には、元の位置に丁寧に畳を敷き込んでいきます。微調整が必要な場合には高さの調節などをその場で行って、家具の現状復帰をしたら全て完了です。敷き込んだ畳は拭き掃除せずにそのまま使うことができます。

原状回復で襖の張り替えをどう扱うのかです

アパートなどの賃貸住宅を退去する際、オーナー(管理会社)から原状回復義務を理由に、襖全部の張り替え費用を請求されるケースが多々あります。意図的に傷付けてしまったり、故意に汚したりした襖の張り替えならば納得がゆきますが、そうではない経年劣化のみの襖の張り替えまで負担するのは、納得ゆかない方が多いものです。結論から言えば、原状回復とは、借り手側の故意や過失に因る汚損や破損が生じている場合、襖であればその枚数分のみ費用負担をすれば良いことになります。例えば、押入れの襖は2枚一組ですが、片方にポスターを糊で貼って、剥がしたら襖紙が大きく破れてしまったとします。もう片方の襖は経年劣化のみで、特に借り手は傷つけてはいません。この場合、損傷がある方の張り替え費用のみ、借り手は負担すれば良いのです。因みに、1枚だけ張り替えることにより、もう片方と色味の違いや、意匠の違いなどが生じることもあり得ますが、それが気に入らない場合の費用負担はオーナーとなります。原状回復の義務とは、契約締結時の状態と全く同じに戻すことを意味しませんので、退去時に全ての襖を張り替える費用を借り手が負担する必要はないのです。立会い時に、汚損や破損の箇所と襖の枚数を、双方でシッカリ確認しておくのが賢明です。

障子を張り替えると部屋が明るくなる

家の中に障子がある人は張り替えをすることで、明るく快適な住まいを維持することができます。障子は和紙を糊で張り付けているので、最初はきれいでもやはり、月日が経つと劣化してきてしまいます。家の中にあると言っても、障子が取り付けられている場所は、窓の前や窓に近い場所であることが多いので、毎日太陽からの紫外線に当たることで和紙の部分が黄ばんできたり、破れやすくなってきたりしてしまいます。そのため、障子を使用している家庭は、まだ破れたり、穴が開いたりしていなくても、年に一度は和紙の部分を張り替えた方がきれいな住まいの印象になります。和紙は全然傷んでいないと思っても黄ばんだりくすんだりしていることが多く、張り替えたときに、新しい和紙の明るさに驚かされます。障子の張り替えに自信がない場合には、安い費用で張り替えをしてくれる業者もあるので、このような業者に頼むとすぐに張り替えをしてくれます。わざわざ業者を探すのが面倒な場合は、スーパーやホームセンターのサービスでもそのような作業を行っている場合があるので確認してみると良いです。もちろん、障子の和紙は自分で張り替えをすることも可能なので、費用を抑えたい場合には自分で張り替えると良いです。

網戸は張替えしてもらう

どこの家庭にも窓があれば、そこには網戸があるものです。もちろん、全てが全てではありませんが、ほとんどの窓にはついています。この網戸があることによって、外からのゴミやほこり、さらには外からの虫もシャットアウトすることができますので、非常に効果のあるものです。この網戸も新しいうちは良いですが、古くなってしまったら、ほこりが溜まってしまいます。さらにほこりが溜まるだけではなく、破れてしまうこともあるでしょう。少しでも穴があいてしまったら、そろそろ網戸張替えの時期です。網戸張替えは、早めに行っておきませんと、穴が開いている場合には大きな被害が出てしまいます。さて、網戸張替えの専門業者がおります。この業者はどんな仕事をしているのかと言うと、網戸張替え、畳張替え、ふすま張替えなどです。これらの仕事を一括で行っておりますので、とても多くの実績を持っており、しっかりとした技術力で対応してもらうことができます。多くの業者が存在しているので、業界の中でも価格競争が起こっています。ですから、依頼する側としては、かなり安い金額で対応してもらえますからお勧めです。もちろん、安ければいいと言うものではなく、対応能力などもチェックした方がいいでしょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555