奈良県 畳たたみ襖ふすま障子しょうじ網戸あみどの張替え期間限定激安大特価!!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

奈良県内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

奈良県内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)




【地域密着】奈良県内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

奈良市・橿原市・大和郡山市・大和高田市・生駒市・天理市・桜井市・香芝市・五條市・宇陀市・御所市・田原本町・葛城市・広陵町・大淀町・吉野町・王寺町・斑鳩町・河合町・下市町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。












奈良県は古代から開拓されていた土地です

奈良県は紀伊半島の、中央部にあります。大阪府、京都府、滋賀県、和歌山県、三重県に囲まれている内陸県で、海には面してはいないのです。険しい山々が聳えている奈良県ですが、北西部にある奈良盆地が古くから人が住みついています。現代でも奈良県の9割の人口が集中している場所で、県庁所在地である奈良市も奈良盆地の北端にあるのです。人口が集中している奈良盆地は、盆地であるので特有の内陸性気候になります。いわゆる日中と日中以外の寒暖の差あるいは、夏季と冬季の寒暖の差が激しいという特徴があるのです。したがって奈良県は南に位置する場所ではありますが、地域によっては積雪もありえます。古代史ですでに奈良盆地や周辺の地名が登場している奈良県は、由緒ある建築物などの観光名所が多く残されているのです。特に768年に創設された春日大社は、海外からの観光客にも人気の高い観光の目玉となっています。神様の使いとして知られている鹿が、放し飼いになっていることでも有名で毎日のように大勢の観光客が訪れているのです。奈良市の春日大社は古都奈良の文化財の一つとして、ユネスコの世界遺産に登録されています。他にも多くの歴史のある神社仏閣と古墳がある奈良県では、観光産業が県の財政基盤になっているのです。

奈良県は文化財の宝庫

奈良県は近畿地方の南部に位置する県で、文化財を中心とした観光が人気です。聖徳太子ゆかりの寺である法隆寺、大仏が有名な東大寺など、日本人であれば誰もが知るような名所が点在しています。特に奈良県内に50件以上も存在する国宝建築物、3つのユネスコ世界遺産は国内の都道府県で比較するとトップの数です。自然環境にも恵まれている奈良県は、平安時代の頃から植林が続くサクラの名所・吉野山も有名です。吉野山は2004年7月に紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産に登録され、幻想的な景色は海外からの観光客にも人気があります。また、金峰神社や金峯山寺のように、歴史的な建築物も見どころです。観光地として有名な奈良県ですが、大阪や京都からアクセスしやすいため、住みやすい地域といえるでしょう。県南地域の多くは山地が広がっていますが、北部は開発されて交通利便性が高くなっています。奈良県にはJR線と近鉄線が乗り入れ、代表的な駅が奈良駅です。大阪駅からは約60分、京都駅からは約50分でアクセス可能です。2017年1月現在の奈良県の人口は約135.5万人で、47都道府県の中では中間より下です。前月比では減少傾向にありますが、少子高齢化によって全国で同じような動きが見られます。

畳の張り替えを行う目安

和室の床部分として使われるアイテムとして畳がありますが、長年使用し続けることで劣化してくるので定期的な張り替えを行う必要が出てきます。ですが一般的に畳の張り替えを行うタイミングなどは色々あるため、実際にいつ張り替えたらよいかわからない人も少なくありません。では実際に張り替えを行う際の目安ですが、まずは畳を使用した年数があります。それ以外に畳表になるござ部分の色合いをチェックする方法もあります。またそれ以外にござ独特の光沢が無くなった場合や、シミや焦げといった表面上の傷みが激しい場合などもあります。それ以外にカビなどの汚れに合わせて、独特のにおいなども目安となります。また実際にござ部分をなでてみて、毛羽立ちなどが酷いなど手触りの劣化なども畳の張り替えが必要かどうかチェックすることができます。また長年使用し続けた事によるダニ被害や、ペットなどを飼育している家庭であれば動物臭の染みつき具合のチェックなどもあります。これらの内容をチェックすることで、畳の状態をチェックし張り替えの目安とすることが可能となります。毎日の掃除の時でもよいですし、1ヵ月に1度は定期的に畳をチェックしておくことで状態を把握することができます。

襖の紙を張り替えて室内空間を清潔にする

襖は頑丈で長持ちする素材の紙を使っているためあまり張り替える必要はありません。しかし、耐用年数は存在するので、おおよそ10年後との周期で張り替えていくべきです。見た目そんなに汚れていない襖の張り替えというのはもったいないと感じる人は多いでしょう。張り替えを行うメリットをあまり感じないかもしれませんが、新しい襖紙に変えることは室内空間を清潔にするためには重要なことです。それというのも襖には和紙が使われているのですが、この和紙に空気中の汚れとにおいを吸収する機能が存在します。その機能がなくなってしまうのがおおよそ十数年という期間なのです。なので10年毎に襖を張り替えていけば常に空気を綺麗にする機能が働き続けていきます。定期的に襖を張り替えるのは空気清浄機を使い続けるのと同等の効果を発揮し、なおかつコストがかからないのです。障子と違って襖の張り替えは難しい作業なので自信がない場合は業者に依頼するといいでしょう。10年に一回やれば充分な効果を発揮しますので、業者に頼んでもコストがかさむということはありません。自分でやって失敗するよりは、プロに頼んでびしっとした襖と生活するのは気持ちがいいと思います。

障子紙を張り替える時間がないなら

仕事や子育てなどで忙しく、障子紙を張り替える時間や機会を持つことができないものの、穴が開いてしまったり、薄汚れてしまったりした障子紙を目にする度に、張り替えたいと感じている方が少なくないでしょう。そういった方にオススメなのが、代わりに障子紙の張り替えを行ってくれる業者のサービスを活用する方法です。障子紙は市販されており、また作業に不慣れな方でも時間さえ確保できれば張り替え作業を容易にすることができるため、畳の張り替えなどとは違い、プロの手に委ねる必要はないと考えている方は多いでしょう。しかし、いつか手をつけると放置し続けるよりも、プロの手に委ねて手間無く手早くやってもらう方が断然オススメなのです。また障子の張り替えを依頼することができる業者は、襖や網戸などの張り替えを依頼することができるケースも多くなっているため、合わせて活用してみるのもいいでしょう。いずれも傷や汚れなどが原因で張り替えを行う必要がある物であり、また時間の経過と共に変色や素材の劣化が見られる物であるため、障子同様に定期的な周期で張り替えを行う必要がある物になっています。弊社では幅広いエリアで活動しており、全国をサービス対象エリアにしているため、日本全国どこからでもサービスを活用することができます。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
 S様邸
障子施工画像
障子 畳 E様邸
障子施工画像
障子 W様邸
畳施工画像
 T様邸
畳施工画像
畳 襖 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555