大阪府藤井寺市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府藤井寺市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府藤井寺市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府藤井寺市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

国府 陵南町 春日丘新町 御舟町 梅が園町 林 小山藤の里町 西古室 藤井寺 小山藤美町 沢田 小山新町 青山 北條町 道明寺 東藤井寺町 北岡 春日丘 津堂 惣社 藤ケ丘 西大井 さくら町 船橋町 古室 野中 大井 小山 岡 川北 恵美坂




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府藤井寺市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府にある藤井寺市について

大阪府の藤井寺市は人口密度が高くて全国の都市の中でも面積が小さいという特徴があり、大阪府内の都市では2016年時点で最も面積が小さいです。1959年に2町が合併して藤井寺道明寺町が発足し、1966年に藤井寺市になりました。藤井寺市は大阪市から南東に約15kmの地点に位置し、同市のベッドタウンになっています。柏原市や羽曳野市や、松原市や八尾市に隣接しています。藤井寺市は柏原市や羽曳野市とごみ・し尿処理や学校給食などで一部事務組合を組織していて、結びつきが比較的強いです。藤井寺市は、門前町や大小の古墳が密集する古墳群として有名です。また、プロ野球球団の本拠地の野球場があったことでも知られています。製薬会社や理美容店チェーンや総合商社などが藤井寺市内に本社を置き、運送業者を手掛ける企業やテープ材の製造や販売を行うメーカーなどが工場または店を置いています。藤井寺市の観光スポットには、1994年に開館した生涯学習センターがあります。また、重要文化財に指定されている埴輪や建築物が存在します。藤井寺市に関連する有名人には、お笑いコンビのメンバーやプロ野球選手やライターやフリーアナウンサーなどがいます。

畳の上になにかを敷くのは避けましょう

あまりお金が無くて自分が希望をしていなかった畳の部屋を借りる事になってしまったと言う方もいます。希望ではない方々行ってしまうのは、畳の上にカーペットなどを敷いてしまう行動になります。畳が見えなければ良いと考えて上からなにかを敷いてしまう方が多いですが、これでは畳に湿気が溜まってしまい部屋全体が不潔な状態になってしまう事を覚えておきましょう。畳は上からなにかを敷かれてしまう事によって、湿気を外に逃がす事ができなくなってしまいます。つまり湿気が中に溜まってしまいカビが非常に繁殖をしやすい状況になってしまいます。最初は畳に全く異常が見られない事が多いですが、確認をする事を忘れてしまい数ヵ月間経過をした状態で畳を確認してみるとカビで真っ黒になっていたなどの状況の場合もあります。真っ黒になっている状態になってしまうと取り返しがつかない状況だと言えるでしょう。この場合は畳を新しくしなくてはならないので、費用をかけて直すしかありません。賃貸物件の場合は大家さんに費用を負担してもらう事ができるだろうと考えてしまいますが、自分の使い方が原因で畳が使えない状況になってしまったので、自分が負担をしなくてはなりません。

襖に壁の役割をもたせる事ができます

襖は、様々な用途に使用できるものです。部屋の仕切りとして使用される場合は多いですが、壁の役割などをもたせる事もできます。 一般的には襖を使用する場合、スライドができる仕様を活用して、取り外しなども可能なものが多くあります。しかし、用途によっては、固定させて壁の一部として組み込む事もできるのです。家屋などの建物は、限られたスペースを有効活用する事が求められる場合は多くなります。少しのスペースでも、部屋として、あるいは物置スペースなどとして活用したい場合には壁を作る事ができます。居住スペースに限らず、人が集る店舗などの場合にも、実際に壁は作るのが難しいという状況が発生する事があります。襖を利用すれば、上下を固定した壁の役割をもたせる事に繋がります。部屋の仕切りが新たに作れるだけでなく、防音という面においての効果も期待できます。 最近では、襖の作りなども多様化しており、利用者のニーズに応じて料金を低く抑えたものもあります。丈夫さを希望する場合には、襖紙にも糸を織り込んで工夫した材質を利用できます。襖を新しく取り入れる、張替えを行う場合にも、店舗や専門業者に相談すると、希望に応じたものを提供してくれます。襖は、部屋の模様替えなどにおいても、身近で手軽に活用できるインテリアの一つとして数えられます。

洋室にも合う障子のよさ

リフォームで洋室にも障子を取り入れる家庭が増えてきました。洋室なのに障子、と疑問を抱く人は少なくありませんが、フローリングの床と障子は驚くほど相性がよく、美しく日本的な洋室に仕上がっていることがわかります。特に驚くべき事には、障子によって仕切られていることで空間同士のつながりが緩やかな物となり、何かあった時には開け放して開放的な空間に変化できることです。必要がないときには閉めておいても、空間を圧迫する雰囲気はなく、光や音が入り込むことによって、開放的でありながら仕切られている空間となります。それぞれのライフスタイルやプライバシーを尊重しつつ、空間を共有することで安心感を得られる作りとなっているため、家としてだけでなく公民館といった場所にも応用が可能です。障子ならではの柔らかい特性が行かされて溶質とマッチしたことによって、今後、若い世代を中心に和室と洋室の良い所を取った形でのリフォームや新築が増えると予想されています。障子は必要な時は閉めて置き、いつでも開けることによって開放感を与える事、猫間障子や雪見障子といった部分的な開放が可能なものと組み合わせることによって、良い物だけを取り入れられるメリットが大きい事が認められたことも一因です。

確実な網戸の張替えを臨む場合の選択肢とは

網戸には張替え等を業務として扱っているプロが存在してはいますが自分でも可能と言う風潮からか、これらプロの利点と言うのがあまり理解されずに価格的な面だけで利用を止めてしまう傾向にもあります。勿論ですが網戸張替えの数が極端に多い場合や事情によって自分でできないと言う理由での需要もある物の、本来の利点はプロ故に行える確実さと全体的な手入れにこそ注目して任せた方が良い面があるのです。確かに網戸は頑丈であり壊れるのは大抵は張替えが利く網部分ではあるのですが、実際には幾つかの部品も消耗してくるのでそれも調べておかないと事故等も招く事になります。また網戸は利用する環境によっては使用に関する部品こそ傷まなくとも固定する部分が劣化する事も多く、それらの手入れを怠ると容易に外せなくなって場合には廃棄する以外に無くなってもくるのです。それ故にプロによる張替えは単にそれだけの作業に留まらないと言う部分も活用すべきで、特に定期的に行っていくと網戸を長持ちさせる事もできるので総合的には維持管理の費用を安く済ませられる事もあります。ただし今の時代は網戸を専門に扱うこれらの存在も競争と言った物とは無関係では無いので、価格帯によってはただの張替えだけで終わる事もあるので内容を良く見てから利用する事も重要となるのです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555