大阪府羽曳野市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府羽曳野市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府羽曳野市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府羽曳野市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

翠鳥園 羽曳が丘 軽里 野々上 東阪田 はびきの 古市 駒ケ谷 学園前 西浦 碓井 高鷲 誉田 大黒 樫山 川向 南古市 河原城 広瀬 通法寺 恵我之荘 栄町 尺度 桃山台 郡戸 野 飛鳥 向野 島泉 南恵我之荘 伊賀 羽曳が丘西 壺井 埴生野 白鳥 蔵之内




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府羽曳野市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




古墳をたくさん見つけられる羽曳野市

羽曳野市は、歴史を読みとく上で重要なエリアです。古代の古墳や石器が数多く発見されており、歴史家からも注目されています。歴史の教科書でも、羽曳野市が取り上げられることが多く、歴史面で街を活性化させる試みがなされています。羽曳野市には、独自の食文化が根付いています。豚肉や牛肉を乾燥させた珍味が有名で、地域のお年寄りの好物となっています。健康にも効果があり、病気や風邪にかかりにくい強みがあります。羽曳野市は、現役メジャーリーガーの出身地でもあります。羽曳野市の母校では、メジャーリーガーを応援する横断幕が掲げられています。医療施設が充実していることも、羽曳野市の強みだと言えます。老人ホームやリハビリステーションが開院しており、羽曳野市以外の患者さまでも、入居可能です。医療施設は、24時間365日いつでも対応しています。高齢化社会に順応した街であり、さらなる医療技術の発展を目指しています。 羽曳野市では、毎週お料理教室が開かれています。若い主婦や高校生が参加しており、リーズナブルに料理を作る方法を教わることができます。参加費は格安であるため、どなたでも気軽に参加できるのです。 料理のテクニックや豆知識を、数多く教わることができます。

畳があると安心して子育てができます

子供がいる家庭では畳を使うようにしましょう。フローリングの部屋の場合は購入をしてこなくてはなりませんが、畳があるだけで子供を安心して育てる事ができるようになります。なぜかと言いますと畳は転倒をした際などにショックを和らげてくれるからになります。フローリングの上に絨毯を敷いていれば転んでも問題無いだろうと考えてしまいますが、下が固い分激しく転んでしまうと怪我をしてしまう場合があります。しかし畳の場合はその心配をする必要がありません。畳の場合は中までしっかりと柔らかくなっているので、激しく転んでしまってもすぐにショックを吸収してくれます。そのため怪我をしてしまう可能性が低くなります。父親や母親が安心して子育てをする事ができたのも、畳があったからだと利用をした人は感じる事もできます。手入れをしないといけない面倒な部分もありますが、頻繁に行わなくてはならないと言う訳ではないので、あまり気にしなくても良い部分になるでしょう。最初は畳を敷かなくてはならないと気分が下がってしまう場合もありますが、実際に行ってみると思っていた以上に悪くはない、敷いて良かったと感じる方が多いので、安心して子育てをする、そして自分の気分転換のためにも畳を使う事を考えてみましょう。

襖に使われている紙は空気清浄機

襖は基本的に張替えることなくずっと使っていくことになります。しかし、それはもったいないといえるでしょう。なぜなら新しい襖の紙というものは空気清浄機と同等の機能を持っているからです。生活で発生する汚れとにおいを吸着し、湿度を調節します。そうした機能があるために壁紙などよりも早く汚れていくのです。なので、定期的に襖は張り替えていくことをおすすめします。電力を使わず、スペースも取らず、広い表面積で空気をきれいにしていくのです。おおよそ10年周期で新しい襖紙に張替えていくとその機能を従前に発揮するでしょう。いままで一度も襖の張替えを行わなかったのであれば一回やってみるべきです。ホームセンターなどで襖紙と道具が販売されています。ただ、障子紙の張替えよりも難しいので、最初は目立たないところの襖で練習してみるといいでしょう。難しいのであれば業者に依頼すると確実で安心です。そんなに頻繁に張り替えるわけではないので、コストがかかりすぎることもありません。朝に襖を引き渡せば夕方には戻ってきます。一日で終わるので気軽に依頼してみるといいでしょう。今使っている襖が汚れているのであれば、早めに張替えてしまうべきです。

障子が破れたら業者に

昔ながらの家では、障子がある家もあり、定期的に張替え作業を行って、きれいな状態を保っているところもあります。特に三世代にわたって、同居しているような家では、祖母を中心として、張替え技術が継承され、維持しているところも多いようです。一方で、新しく建築した家の中では、障子自体が存在していない家も多く、その技術継承が行われないばかりではなく、障子の張替えができることを知らない若者もいるほどです。こうした状況であることから、両親の手放した家に戻った時には、修復の方法を知らずに困ることがあるのです。こういった場合、業者に依頼するにしても、知り合いの業者はおらず、近所の人に聞く、または、電話帳をめくるなどで探すことになります。しかし、最近では、電話帳自体存在を見かけることがなく、途方に暮れることもあります。それでも、ネット社会の充実により、障子の張替え業者をインターネットで探すことができるようになっていることは、意外と知られていません。検索を行うと、位置情報から、最寄りの障子張替え店を探すことが出来、ホームページがある場合、どういった種類の障子があり、どれくらいの価格、納期で作業が可能か、すぐにわかるようになっていて便利です。

網戸張替えを専門業者に依頼する

自宅に網戸がある家庭がほとんどです。この網戸も時間が経過すると、ほつれてきたりしますし、破れてしまうことだってあります。雨風を毎日のように凌いできているものですから、当然、時間がそれなりに経過すれば、色々なところに傷みがでてきます。網戸がだいぶ傷んできたなと感じたら、そろそろ網戸張替えを行っておきます。張替えはプロ職人がきっちりと対応してくれますので、ここに相談しておきます。そして、網戸張替えを行ってもらうにあたり、まずは見積もりをきちんと事前に取得しておきます。これを行うことにより、金額に関するトラブルを防ぐことができます。金額に納得することができたら、張替えをお願いしていきます。基本的には張替えする場合は、一度、網戸を工場に持ち帰ります。持ち帰ったところで張替え作業を実施し、最終的に自宅に納品されるという流れです。数日有れば完成します。今では、かなり多くの張替え専門業者もありますので、価格競争も行われています。価格競争も行われているので、いくつかの業者から見積もりを取得してみるとよいです。そこで最も安いところにお願いするようにします。これで良い仕事を低価格でしてもらえますので、おすすめです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555