大阪府阪南市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府阪南市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府阪南市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府阪南市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

桑畑 新町 箱の浦 光陽台 桃の木台 鳥取 鳥取三井 石田 貝掛 淡輪 黒田 南山中 舞 鳥取中 箱作 尾崎町 和泉鳥取 さつき台 山中渓 下出 自然田 緑ケ丘




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府阪南市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府阪南市について

大阪府阪南市は、大阪府の中ではもっとも新しい市であり、大阪府の南西部に位置しています。大阪市の中心部からは約45km、和歌山市の中心部からは約10kmの距離にある市です。阪南市の市域は、東西に8.5km、南北に6.8km、総面積は36.17平方kmとなっています。市のおもな産業は、紡績および近海漁業、日本酒の生産となっています。 阪南市の市章は、阪南の「は」の文字を広がっていく水の輪に図案化した市章となっています。大小の輪で、未来に向かって大きく躍進する阪南市の姿を象徴しています。また、阪南市に市の花は「サツキ」であり、市の木は「マツ」、市のキャッチフレーズは、「うみ・やまを愛し、幸せをささえあう、安心とうるおいのあるまち 阪南」となっています。 阪南市では、毎年、阪南市健康マラソン大会が開催されています。そのほかには、秋祭り、御輿渡御(みこしとぎょ)などのイベントが行なわれています。また、観光スポットについては、わんぱく王国、玉田山古墳などが挙げられます。阪南市では、縄文時代・弥生時代の遺構や遺物が複数確認されており、確認されている中でもっとも古い遺物は、今から1万年〜1万2千年前の縄文時代草創期の石器となっています。

和紙畳の特性について

畳と言えばイグサから製造されるものだとの印象があります。しかし和紙畳と呼ばれるものは、その名前にあるとおり、畳表にイグサを使用せず、和紙を使ったものです。 そう記すと原材料が変わっただけのようですが、和紙畳には従来のイグサ製の畳が持たないいくつかの特性があります。 まず、和紙畳は日光に晒されされても、簡単に色あせしません。一度敷いてしまうと、しばらくはそのままの姿を保っています。 ダニがわかず、カビにくいというのも、イグサ製の畳にはない部分です。このためアレルギー体質の人でも安心して触れることができます。 また、和紙畳は摩耗に強く(傷がつきにくい)、表面に撥水加工(水をはじく効果を持つ)が施されているため、小さな子供や室内外のペットがいる家でも汚れにくいという長所を持ちます(ジュースをこぼしたとか、ペットが粗相をしたという状態になっても、雑巾で表面を拭き取ればシミは残りません)。 和紙畳は畳表に紙を用いている関係から、様々なバリエーションを持ちます(色により和室であることをアピールするようにできたり、モダン風にしたりと、融通が利くようになっています)。 頑丈さという実利だけでなく、心を和ませる要素も合わせて持っていますので、非常に便利な存在だと言えるでしょう。

襖の張り替え作業を頼むときの注意点

襖の張り替えをする時は色々気をつけるべき点があり、そういうことに注意をしておけば問題になりづらいです。このようなことをしたい時に重要になるのは、専門の業者に仕事の依頼をすることです。襖の張り替えは自分でやる方法もありますが、自分でやると失敗しやすく問題を起こしやすいです。もし自分で作業をして失敗をした場合は、結局業者に仕事を頼むことになります。そういう所がありますから自分では襖の張り替えはしないほうがよく、業者に頼んだほうが良いです。襖の張り替えを業者に頼む時は注意点があり、それはどのようなタイミングで仕事の依頼をするかということです。襖の張り替え作業は短時間で終わることが多いですが、何らかの事情で時間がかかることがあります。そのようなことを考えると時間に余裕のある時期に依頼をしたほうがよく、計画的に依頼をすることが重要です。また襖の張り替えを頼める業者は料金の違いが結構あり、安く頼める所も多くあります。そのような安い料金で頼めるところはネットを使うと見つけやすく、短時間で良いところを探すことができます。襖の張り替えをする時は業者に頼むことになりますが、その時はいい条件の業者を見つけることが大事です。

昔から繰り返されている障子の張り替え

古い道具の役割は既に終わっていると考えられています。基本的には新しいタイプの家具が登場して、広く家庭の中に浸透しています。この国では障子が昔から使われているため、その文化が様々な部分に残っています。しかし、古い道具の障子が現代まで残っているのには理由もあります。その理由を知ると障子の性能の高さが分かるようになります。張り替えができるタイプの道具は歴史の中にも多いです。和室を見るとそういう道具が多いことが判明します。過去の障子は張り替えによって長く使われている部分があります。また実際に障子を使うと汚れが気になります。しかし、本来の障子はその汚れを張り替えで防げるのです。これで慢性的な汚れを気にしないで生活ができます。張り替えの機能は歴史の中で誕生した知恵です。この国には長持ちする家具が多い特徴もあります。それはできるだけコスト削減をするための工夫です。張り替えができる本物の障子も安い価格で再利用できます。それで家庭の中は大きな安心に包まれるのです。既に家具の性能は様々な場所で語られています。中には再利用をして高度な性能を発揮するものもあります。障子は昔から張り替えによって復活しているので、今でもその基本的な性能を失っていないのです。

網戸は快適ですが、張替えが必要です

窓を開けて自然の風を部屋全体に取り込んで、室内を快適に衛生的に保つためには網戸はとても大切なものです。窓を開けっぱなしにしますと、蚊や虫達が侵入してきますので防いでくれる網戸はとても重要です。そんな便利な網戸ですが、紫外線や雨風に直接当たるために劣化が激しかったりペットなどが爪で引っ掛けたりしますので、そんな場合には網戸の張替えが必要になります。網戸の張替え作業はそれ程難しくないですので、手順を簡単に紹介します。まずは新しいネット選びから始まります。最近は部屋からの眺望を重視する傾向があり、網の目の細かいものが多く開発されています。ネットは外からの虫達の侵入を防いでくれますが、同時に外から部屋の中が見えにくしたり、逆に室内から外が見やすくする役割があります。一般的には値段も含めたグレーの色目が人気です。継ぎ目を見つけて、押えゴムを引っ張り上げる感じで外しますと、簡単にネットを取り除けます。その後はサッシの大きさより3センチ程度大きめに切り、4辺をクリップで固定しておきますと後の作業が簡単に出来ます。サッシの短辺より押えゴムを押し込んでいきますが、張替えで一番のポイントとしてネットを外に引きながら押し込みますと、ピンと張って張替えの仕上りが綺麗になります。網戸の張替えは、ゴムを押し込む専用のローラーがあれば簡単に出来ますので、一度自分でチャレンジして欲しいです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555