大阪府池田市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府池田市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府池田市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府池田市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

旭丘 綾羽 井口堂 石橋 上池田 宇保町 木部町 空港 呉服町 神田 栄本町 栄町 五月丘 渋谷 城南 城山町 新町 菅原町 住吉 荘園 ダイハツ町 大和町 建石町 槻木町 天神 豊島北 豊島南 中川原町 西本町 畑 八王子 鉢塚 東山町 姫室町 伏尾台 伏尾町 古江町 満寿美町 緑丘 室町 桃園 吉田町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府池田市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府池田市の良い所

大阪府池田市の良い所は何と言っても、美味しいお店が沢山あるところでしょう。琉球居酒屋 赤瓦では沖縄料理が堪能出来ます。雰囲気もすごく良いのでおすすめしたいお店ですね。池田市には一刀流らーめんもあるのですが、あっさりしたスープがクセになるラーメン屋さんです。しつこくないので、何度も食べたくなる味ですよ。池田市には青冥 チンミン Ching-Ming 阪急池田店は本格中華料理が楽しめるお店です。池田市には七輪池田店もありますね。焼肉屋さんなのですが、接客が丁寧で好感が持てるお店です。もちろん肉も上質でタン塩やカルビを食べながらのビールは格別ですよ。池田市にはドミノ・ピザもあるのですが、ピザがめちゃくちゃ美味しいです。パスタも絶品なので、こちらもその日の気分で食べたいですね。池田市にはスシロー池田店もあるのですが、新鮮で大きなネタが美味しいです。池田市にあるスターバックスコーヒー 阪急池田駅店はゆったりした時間を堪能出来るカフェです。コーヒーもめちゃくちゃ美味しいのでおすすめですよ。池田市には串揚げバルahiahi アヒアヒもありますが、串カツがめちゃくちゃ絶品なんですよね。池田市には美味しいお店がいっぱいあるので、そこが池田市の良い所だと思います。

畳の効果について

畳のリラックス効果がある点が挙げられます。これは新鮮なイグサに含まれている成分によって、心が癒されるからだと考えられます。また畳の効果としては、安眠効果があります。畳の使用によって部屋の空気も清浄化されるために、睡眠時間を多く確保できるというメリットがあります。また畳の部屋で布団を敷いて、そして毎朝布団を整理整頓をする生活を継続することによって足腰が鍛えられます。これは一人暮らしの高齢者にとっては、寝たきり予防などの健康面で大きなメリットがあります。また畳を貼り替えずに長く使ってしまうと、イグサの新鮮な香りがしなくなってしまうために、定期的に畳の交換を行うことを推奨します。この場合、自分でも交換を行うことができますが、素人が畳の交換を行うと失敗してしまう可能性があるために、専門の業者に依頼する事をオススメします。また、畳には除湿効果があることが判明しています。したがって、湿気が多い梅雨の時期や夏場の暑さ対策として、畳を使用した和室は重宝されています。近年は新築においても、和室を選択する人が増えていると言われています。

ふすまの張り替えと新調

和室とは、日本特有の畳を敷き詰められ、障子やふすまで囲んである部屋のことを指します。海外にはない日本独特の雰囲気を味わうことができる空間です。和室に使われる家具は永久ではありません。そのほとんどは張替えが必要になります。ふすまは特に汚れや劣化が目立つのでこまめな張替えをおすすめします。長年にわたり使用し続けるといずれは新調が必要となります。新調をする際に気を付けて欲しいのがふすまの種類です。本襖と板襖があるので現状使っているほうがどの種類のものか確認しておくのがようでしょう。新調をおすすめする時期としては、まずお使いのふすまの状態を確認します。ふすま紙の表部分にシミやちょっとした汚れがある程度であれば張替えのみの対応で大丈夫かと思います。ふすまの木の枠や格子状になっている骨組みの具合が酷い場合は、新調が良いでしょう。穴が開いていたりや破れてしまってる状態であれば、新調を必要とする場合もあると思います。一般的には使用し続けて経年劣化で新調するというパターンが多いです。自己判断では分からない場合あると思いますので。その場合は業者に確認してもらうのも一つの方法です。

障子の張替えでお部屋の雰囲気が変わります

障子の張替えは面倒だと思っている方はたくさんいると思いますが、ネットショッピングで障子の張替えセットが販売されていたり、動画サイトで張替え方法が紹介されていたりして、自分でも意外と簡単に張替えが出来ることがわかります。 また、普通の障子紙ではなく、柄のついた紙や布を張り付けたりしてカスタマイズするのもおすすめです。障子に布を張り付ければ紙の張替えよりも簡単で、そうそう破れることもないので、紙のように破れるたびに張替える手間もなくなります。アレンジ次第で和室を洋室のようにすることも出来てしまうのです。障子紙を少し変えただけで、ただの和室がぐっとおしゃれに生まれ変わるので、お部屋の雰囲気を変えたいと思った時には障子を張替えるのは手っ取り早い方法かもしれません。 障子紙は湿気があると伸びて張りやすくなり、乾くとピンと張るのできれいに仕上がります。そのため、梅雨の湿度が高い時期が張替えに良いのですが、タイミング的には年末の大掃除の時期も張替えをするのにとても良いです。破れたままの障子はもちろん古くなったままの障子紙も見ためも良くないですし、風水的にも良くないとされています。思い切って張替えて、新しくきれいになった障子で新年を迎えましょう。

軽量な材質の網戸の張替えに関する注意点

網戸は屋外の異物の侵入を防ぐ目的で使用される建具の一種で、特に換気を行うために窓を開けっ放しにする際には不可欠です。網戸は用途の性質上、常に屋外で風雨や日光に晒されることから傷みやすく、変色や破れなどの不具合に見舞われることがあります。特に網戸が破れると異物が入り込んでしまうので、速やかに張替えを行うことが大切です。網戸の張替えは利用環境を考慮して最適な材質の物を選ぶことが長く使い続けるための心得になります。近年では開閉の際に音が立たない軽量な材質の網戸が普及していますが、軽くて扱いやすい一方、刺激に弱く劣化しやすい傾向があります。張替えの際は網の材質や強度を確認して、損傷が生じないように気を配ることが重要になります。軽い材質の網戸は一般的な物と比べて薄手に作られていることから、強い刺激を受けると網の部分が伸びて隙間が生じるケースもあります。少しの隙間でも汚れや害虫が入り込むので張替え作業の際は一定の弛みを保って外部からの刺激を緩和させることが大切です。また、張替え作業を専門業者に依頼する際は窓の形状や周囲の環境を考慮出来る誠実な所を選ぶことが満足できる結果を得るための条件になります。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555