大阪府柏原市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府柏原市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府柏原市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府柏原市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

法善寺 雁多尾畑 玉手町 太平寺 旭ケ丘 大県 片山町 堂島町 清州 本堂 石川町 国分市場 今町 平野 田辺 青谷 上市 峠 円明町 国分西 安堂町 山ノ井町 河原町 大正 本郷 古町 国分東条町 国分本町 高井田




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府柏原市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




緑豊かな住宅地が評判の柏原市の紹介

柏原市は大阪府中河内地域の奈良県との県境にあります。隣接する自治体は八尾市と羽曳野市と藤井寺市と奈良県香芝市と王子町と生駒郡三郷町です。柏原市の地理を説明すると全体的に山間部が多く北側に生駒山地が南側には金剛山系に連なる山間部になり西側には、なだらか平地が広がります。柏原市内には大和川が流れます。柏原市の歴史は古くから確認され旧石器時代までさかのぼれます。現在は古墳時代の遺跡や古墳が市内に数多く残されています。柏原市は古代より大和から難波を結ぶ交通の要衝として栄えます。江戸時代には大阪の軍事拠点として天領となり幕府の統治下におかれます。柏原市内には「大阪の陣」での激突の史跡が数多く残され供養碑が建てられ歴史ファンに親しまれています。次に柏原市の産業について紹介致します。柏原市と言えば、ワインと言われるほど河内ワインの里としてぶどう栽培とワイン造りが有名です。河内ワインとよばれ品質がよいことで知られていてファンも多く市内に多くのぶどう狩りとワイナリーの見学が人気で、試飲も楽しめるワイナリーも多く人気が高いです。柏原市は遺跡や古墳も多く歴史ファンに人気のある地域で、他にも山林も多いことから緑豊かな公園も多く大阪都心部と近い事から人気の高い住宅地でもあります。

洋室にも合う畳とは

畳がある部屋といえば和室です。しかし最近は最近では、和室がない家もあります。そこで最近人気があるのが、洋風な部屋にも合う畳です。人気の畳とはどういったものがあるのか一部ご紹介します。まずは、正方形の縁がないタイプの畳です。カラーバリエーションが豊富なので二色違うものを選んで格子状に敷きます。縁は和柄である場合がほとんどなので、縁がない分いっきに洋室にも合うようになります。模様が初めからついている畳もあります。これは織り方が特殊なため、綺麗な模様を作ることができます。畳はい草から作られるものばかりではありません。ポリプロピレンなど新しい素材から作られているものもあります。半畳タイプや一畳タイプの畳と昔では考えられないくらいカラーが豊富になりました。これらは大体が和紙から作られた畳になります。さらに最近、置き畳にはなりますが、形も様々なものがあります。ハート型や星型の畳もあります。これらは例えば結婚式などでウェルカムボードとして使用されたりしているそうです。こちらは表面の張替はできないそうですが、珍しいもので見た人にとても喜ばれそうですね。おしゃれな畳、一部ですがこんなにあります。これからもどんな畳が登場するのかいまから楽しみです。

襖の張替えに好きなデザインを

襖は破れる度に張り替える必要があります。小さい子供がいたりやペットを飼っている家庭ではそういった頻度は必然と高くなります。せっかく襖を新しく張替えても、破れてしまったのは仕方がないので、また新しく襖を張替えることになります。簡単に張替えをする方法としては専門の張替え業者に依頼することが挙げられます。襖は様々なデザインから気に入ったものに張替えることができます。毎回同じデザインを襖の張替えに使っても面白くないので、張り替える度に違ったデザインにするのもいいと思います。人気があるものは、山水と梅と柳が描かれたデザインです。画面の背景に山と川が墨で描かれ、画面左に梅と画面右に柳が描かれています。墨で描かれた枝は鋭く、スピード感があります。梅の花が好きで、襖にはぜひ梅を使いたいという方もいらっしゃいました。そして次に人気があるのは葵に流水と稲苗に田畝が描かれたデザインです。このデザインを襖紙として選んだ方に話を聞くと、自身の実家が農家を営んでおり、稲が描かれたデザインに安らぎを覚えたと話していました。自分の好きなものや思い入れのあるものを襖のデザインに選ぶとはなんとも粋なことに感じます。

障子で部屋をお洒落にする

障子は、現在でも日本の住宅において欠かせない建具として使われています。その中で障子紙は直射日光を適度に遮り、柔らかな光をもたらす役割を果たしています。障子紙は白い和紙が一般的で、若い世代の人には地味だと思われがちですが、最近ではおしゃれなデザインが増えてきました。水玉模様や花柄、カラフルな和紙など様々なデザインがあり、貼り方も普通の障子紙と変わらず、のりで貼ることができます。また、猫やハートなどをモチーフとした飾りにも補修にもなる障子紙シールといった障子のアクセントとなる商品もあります。それらを使うことによって今までの障子がおしゃれに生まれ変わります。さらに、気に入った布を貼ることで一気に洋風にもなります。布は破れにくいので、小さ なお子さんやペットがいるご家庭にも破かれる心配のないのでおすすめです。白い薄手の素材を選ぶことによって、障子紙のように部屋の中に光を取り込めます。貼り方は布を障子に合わせてカットし、後ろから画鋲や両面テープ、ボンドで貼るだけなので簡単にできます。これまでの白い和紙の障子も温かみがあっていいですが、リメイクすることによって、自分好みのおしゃれなインテリアにもなります。

定期的に行いたい網戸の張替え

穴が空いたり破けたりといった状態になっていなくても、10年に1度ほどの周期で定期的に実施した方がいいメンテナンス作業、それが網戸の張替えです。これは、網戸に張られている「網」の部分が日光や風雨によって経年劣化してしまうためです。経年劣化が生じた網戸は、多少の衝撃でもすぐに穴が空いたり破けやすい状態になっているため、いざ穴が空いたり破けてしまってから張替えるのではなく、その前の段階で対処しておくに越したことはないのです。この網戸の張替え作業は、市販されている網戸ネットを購入してくることで、個人で行なうことも可能な作業になっています。しかし、障子の張替え作業などと比較して難易度の高い作業になっており、素人が綺麗に張替えることはなかなか難しい点は覚えておくといいでしょう。また障子紙と比較して網戸ネットは値が張るため、失敗してしまった際の損失もそれだけ大きくなります。そこで活用したいのが、網戸の張替えを代行してくれる業者のサービスです。電話一本で自宅まで駆けつけてくれる業者が少なくはなく、またホームセンターなどでもサービスを提供してもらえるケースが少なくはないため、気軽に利用しやすいサービスになっています。一枚あたりいくらといった分りやすい料金体系で利用できるため、上手く活用してみるといいでしょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555