大阪府交野市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府交野市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府交野市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府交野市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

星田北 私市山手 私部西 妙見坂 妙見東 向井田 寺南野 東倉治 森 森北 神宮寺 星田 青山 幾野 星田西 梅が枝 松塚 藤が尾 私部南 星田山手 傍示 郡津 森南 天野が原町 南星台 私市 寺




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府交野市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




魅力が詰まっている交野市

交野市は自然がとても豊かでのどかな街です。少し田舎の方で子育てがしたいな、という方にはとてもオススメな街です。田舎と言っても、車で少し行けば枚方市などにすぐ行けますし、大阪市内へも電車で30分程度あれば行けます。なのでとても便利な街なのです。交野市には大きな吊り橋は自然公園がありとにかく自然と触れ合うことができます。大きな川も流れており、夏場にはその付近にある公園でバーベキューをしたり泳いだりといろいろ楽しめるようになっています。交野市は、土地が広い場所も多いので、広い庭付きの家が欲しいなと思っている方も、理想としている土地が見つかるのではないかと思います。また、高台も多いため眺めがいいというのも魅力です。ぶどう畑などもたくさんあって、とてものどかですが、駅周辺などは適度にスーパーやコンビニなどの飲食店もありますし、便利です。交野市は奈良へ行くにもわりと便利な場所ですし、沿線によっては京都へ行くのも非常に便利な場所です。なので、大阪市内、奈良市内、京都市内どこにもアクセスしやすい場所だと言えます。アクセスも良くて、のどかでのんびりしている場所は、交野市くらいではないかと思います。そのくらい魅力が詰まっています。

和紙畳が人気の理由とは

畳の青い色は清々しくてきれいだけれど、すぐ日に焼けて茶色になってしまうから残念だと多くの人が思っています。和紙畳表は、そんな畳の色あせの欠点をカバーした商品です。和紙畳表は、い草の畳表と違って日焼けしにくいという特徴があり長期間ほぼ変色しません。そのため、1枚だけ畳表を交換しても、ほかの畳表の色合いとの違いがほとんどないので見る人に違和感を与えません。い草の畳表は日焼けですぐ変色してしまうので、張替えは一部屋全部しなければ色に違いができてしまいます。い草の畳表は、ささくれになりやすくケバが洋服を汚したり、空気中に舞い上がってアレルギーの原因となることもあります。和紙畳は、い草の畳表と同じような使い方でもささくれができにくいのが特徴です。い草の畳表で問題なのがカビやダニの発生で、梅雨時などは畳が湿気をおびやすいので特に気になります。和紙畳表は、この問題も解決しダニやカビの発生は1年を通してほとんどありません。この点でも小さな子供や病人、アレルギーのある人のいる家庭では安心して使えます。和紙畳は、豊富なカラーバリエーションでも人気です。様々な色が用意されており、ツートンカラーにしたりしてモダンな和室を作ることもできます。

襖の張り替えで部屋のイメージを変える

日本をイメージさせる建具として、国内外で人気となっているのが襖です。ドアとしての機能だけではなく、海外では和風テイストという部屋のテーマを飾る、ひとつのオブジェクトとしても利用されています。そのような襖ですが、紙を中心に作られているので、いずれは張り替え作業が必要となります。主には破れやたるみと、シミなどの汚れが要因です。襖は正常な状態で利用すれば、長持ちするということもあり、一般的には頻繁に張り替えをするといったことは、少ないと言えるでしょう。そのため、多くの場合は、張り替え専門の業者へ依頼が行われています。近年では襖や障子などの張り替えサービスも多いので、比較的安価で利用できるのが特徴です。インターネット上でサイトを設け、料金の詳細が案内されているので、サービスごとの比較検討も容易となっています。襖の張り替えは、修理という意味ではなく、お部屋のイメージを一新する際にも有効です。襖紙は白と決まったわけではないので、色を変えてみたり自分の好みのデザインに変更するだけでも、お部屋のイメージが大幅に変わります。また、襖紙には高級和紙といったような高ランクもあるので、客間と自室で使い分ける張り替えも良いでしょう。

障子の張り替えのタイミングはいつなのか

和室になくてはならない障子ですが、これは定期的に張り替えたら良いのか、あるいはそのタイミングがあるのか一番気になる所です。まず、障子を張り替える一番のタイミングは破けたり汚れたりした時です。時々、破れたところに花の形に切った紙をあてて貼り付けているお宅がありますが、それよりは思い切って綺麗にした方が良いでしょう。また、まだ大丈夫なんだけどと思っていても、お正月や結婚や葬式、あるいは婚約や成人式やお祭り、法事などの来客がある時や大切なイベントがある前に障子を張り替えるのも良いでしょう。それに、もし特にイベントは何もなかったら、そのままで良いのかというと、障子のある場所によってはお日様のあたり具合や湿気によっては、知らず知らずのうちに傷んできているので、まだまだ大丈夫だと思っても5年を目途に張り替えると良いですし、太陽による日焼けはかなりの日数がたたないと日焼けによる変色はそう簡単にできないし、変色によって黄ばみがある障子戸は見た感じも良くないので、気になる前に張り替えるのが望ましいです。それと、最近は障子紙もいろいろな種類の物があり紙自体が強くなっているのと、プラスチックの素材で汚れたら水拭きができるものも売られていますので、最近は、どんなものを張るか選ぶのも楽しくなってきています。

網戸の不満は張替えで解決する

網戸の基本的な機能は外気は取り入れても虫等が入って来ない様にする為の物ではある物の、環境によってはそれらが長続きしなかったり機能は満たしても景観的に不満が出るケースもあります。例えば雨風が強い場所では普通の網戸を利用すると意図も簡単に破れてしまう事も多く、質によっては網目が邪魔となり外の景色を楽しめない事もありますがそうした場合は張替えによって解決できる場合もあるのです。実際に網戸に利用できる網の材質も近年では多様化していて機能性でも向上しており、普通よりも頑丈であったり外が見易い物もあるのでそれを選んで張替えると不満を解消できる様にもなります。ただしこうした特殊な網はプロの手を借りて張替えなければ上手く機能しない事もあるので注意が必要で、安価に済まそうと考えると網戸本体にも支障が出る事もあるので注意すべきなのです。迂闊な方法で張替えると網戸は間違いなく不具合を起こし易くなりそれだけで済むならまだマシなのですが、壊れたり事故に繋がる要素があると安く済ませるつもりが余計に出費を強いられる事にもなります。これでは不満を解消するつもりが別の点で納得の行かない面も出てもきますので、より確実性を求めるのであれば良い業者を探して張替えさせた方が満足できる事にもなるのです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555