大阪府松原市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府松原市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府松原市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府松原市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

三宅西 立部 一津屋 小川 田井城 天美東 別所 大堀 北新町 三宅東 西野々 天美我堂 西大塚 天美西 高見の里 南新町 柴垣 新堂 阿保 松ケ丘 東新町 天美北 岡 若林 三宅中 天美南 上田 丹南 河合




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府松原市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府松原市の良いところ

松原市は、温和な気候と住みやすい地理的環境により、古くから人々が住んできました。気候のよさから人々は農耕生活をしていたことも知られています。そして松原市はものづくりが盛んなまちです。地場産業として金網工業が有名で中でも金網・真珠核・印材は古くから松原市を支えてきた伝統技術です。しかし近年、海外製の安価な金網も出回っているので、高度な技術をもって製品の開発に取り組んでいます。松原市は、大阪府のほぼ真ん中に位置していて 大阪市や堺市、羽曳野市、藤井寺市に隣接しています。松原市の広さは面積が約16.66平方メートルで、ほとんど坂がなく平坦地だそうです。市域は東西約5.8キロメートル、南北約5.1キロメートル、面積約16.66平方キロメートルで、ほとんどが平坦地です。大阪府内の中ではそれほど大きい方ではないですが、閑静な住宅街もあり生活するに必要な施設は揃っています。あの有名な阪南大学も松原市にあります。公共交通機関では近畿日本鉄道が走っており、中心となる駅は河内松原駅です。その他バスもたくさん走っているので、通勤通学にも便が良いと思います。

畳の交換を気軽に行う

畳の交換に関して多くの方が関心を寄せながらもどうしても敬遠しがちなこの傾向を、まずは知ることから始めてみましょう。今では、職人さんに交換の全てをお任せできるだけでなく、ホームセンターさんの窓口へも気軽に申し込める時代です。しかし、何も知らないとその作業すらスムーズにはいきません。そこで畳の交換について少しでも知っておくと、大変楽しく、面白く運んでいきます。ですので畳の交換に関する情報と知識をご紹介します。畳の交換作業には、大きく分けて裏返しや表返し、新調といった分類が挙げられます。これらの作業を時期を見計らって行うことが、末長く畳を活用することのできる秘訣でもあります。ぜひ、季節の特徴に合わせ、定期的なメンテナンスを行ってみてください。裏返しと表返しでは、使用年数に応じてそのタイミングに合わせ、行う作業となります。これは、従来使用してきた面を裏返しにして用いること、そしてさらに数年を経過したなら、畳み表と呼ばれる部位のみを交換するのが表替えと呼ばれる作業になります。そして、凹み具合が気になった時には、新調といって新しい畳へと交換することを指すのです。ぜひこのような知識を取り入れ、定期的な畳の交換でメンテナンスを行ってみてください。

襖が汚れた場合の張替えなどの方法について

襖の表面が汚れてしまったら、そのままにしていては印象が悪いのでどうにかして修繕しなければなりません。一番確実な方法は襖紙を張替えてしまう事です。下張りから全て張替えてしまえば、新品同様に復活します。ただ難点としては、個人的に張替えるのが困難であるという事です。この場合には専門の業者に依頼して張替えてもらう必要があります。本格的な張替えでなく、簡易的な張替えで表面だけきれいにするという方法もあります。いわゆる襖紙の上に新しい紙を上張りする方法で、こちらであれば襖紙を選べば個人でも出来ます。大きな傷や穴が開いている場合には無理ですが、汚れや小さな傷程度であれば補修しつつ張替えられます。さらに汚れた場所だけ別の紙で隠すという方法もあります。汚れが襖のほんの一部だった場合、全体を張替えるのはもったいない、そう思うかもしれません。そんな場合にこの方法がおすすめです。やり方は簡単で、汚れた場所を覆うサイズの紙などを用意したら、糊で貼り付けるだけです。補修用のシールを使ってもいいですし、わざと目立つような紙を貼ってアクセントにする方法もあります。この方法は汚れを隠すだけでなく、襖のイメチェンとしても活用できます。襖紙の好みの場所に好きな紙を貼って、自分だけの襖に改造するのもまた一興です。

昔と今、障子の張替え事情

太陽の光をやわらげて室内にほのかな明るさをもたらしてくれる障子は、和室には切っては切れない建具の一つです。光をセーブするだけでなく陰影をつける障子は日本の美とも呼べるもので、皺一つなくピンと張られた障子からは誰でもがすがすがしさを感じるものです。そんな障子ですから破れたり、くすんだり、汚れたりしたら張替えの時期に来ていると言えます。祖父や祖母の時代、12月の大掃除の時期になると、障子を外して庭先で洗って張替えをしたと聞きます。その頃は一家総出で大掃除をするのが慣わしで、子供が障子から古くなった障子紙を滅茶苦茶に破くのは楽しみだったと、昔話に聞いた方も多くいるはずです。しかし、忙しい現代では自分の手で張替えをする事も無くなって来ましたし、張替えを商売にしていた経師屋や建具屋なども町では見かけなくなって来ました。その代わり、最近ではインターネットの普及などで張替えサービスを行っている業者を簡単に探せるようになりました。張替えサービスのメリットとしては、仕上がりがとても綺麗だということです。昔と比べて洋風なインテリアが主流の現代では色や柄のついた障子紙も人気です。破れにくい強化紙やプラスチック障子というものもあります。見本で見比べてみて一番気に入ったものに張替えましょう。

網戸の各部材の交換に関して

網戸というのはいくつかのパーツが組み合わされて構成されており、状況に応じてそれらのパーツを交換する必要があります。まず目につきやすい部分として網がありますが、こちらの交換は非常に簡単です。お店でも交換用の網や道具が手に入るので、買ってくれば素人でもすぐに交換できます。網戸の製造元が違っても網は互換性があるので好みのものを使用できます。網戸をスムーズに動かすために欠かせないパーツとしては、戸車や外れ止めがあります。戸車はサッシのレール上を網戸がスムーズに転がるために必要な部材であり、この部分に損傷が発生すると網戸が動きづらくなります。また外れ止めは網戸の上部に取り付けられ、網戸が外れないように動きを制限するものです。この外れ止めも壊れてしまうと動きが阻害されます。これらのパーツも交換用のものが売られているのですが、網とは違って製造元や製品の形式によって交換用のものが異なります。ものによっては流用できる場合もあるのですが、網戸の製造元と型番を確認して純正の交換パーツを選ぶようにしましょう。注意点として網戸が製造されてから長い年月が経っているものだと、製造元が潰れていたり交換用のパーツが製造中止になっていたりする可能性があります。この場合はサッシ関連の工場にパーツがあるか確認して、無いようなら新しい網戸に交換する必要も出てきます。なるべく事前に交換用パーツを用意しておくと安心です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555