大阪市阿倍野区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

阿倍野区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

阿倍野区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市阿倍野区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

相生通・旭町・阿倍野筋・阿倍野元町・王子町・北畠・共立通・三明町・昭和町・晴明通・帝塚山・天王寺町南・天王寺町北・長池町・西田辺町・橋本町・播磨町・阪南町・万代・美章園・文の里・松崎町・松虫通・丸山通・桃ケ池町


価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像


大阪市阿倍野区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


大阪市阿倍野区の魅力

大阪市阿倍野区には「あべのハルカス」があります。こちらは日本で一番高い超高層ビルとして知られています。近鉄百貨店や美術館などが入っています。また高層階にはホテルや展望台などが入居しています。大阪市阿倍野区には「あべのマーケットパークキューズモール」があります。こちらは大阪府内でも最大級の売り場面積をもつショッピングモールです。大阪市阿倍野区には「大阪市立阿倍野防災センター」があります。こちらは防災について分かりやすく学び、考えることができる工夫をした施設になっており、4つの見学コースがあります。事前予約をすると案内をしてもらえます。大阪市阿倍野区のマスコットキャラクターは「あべのん」です。こちらは頭に桃の花の飾りがついた妖精のキャラクターで、区のイベントなどに活躍しています。大阪府阿倍野区の「あべのハルカス」の近くにある芋菓子匠「嶋屋」は60年以上の歴史がある老舗の芋菓子のお店です。大阪の百貨店やスーパーにも数店舗展開していてメディアにも取り上げられることがある人気店です。大阪市阿倍野区にある「はやし製菓本舗」には「浪花ことばせんべい」があります。このせんべいは大阪名物みやげとして知られています。

計画的に取り組む畳の表替え

和室に欠かせない畳は、日本で古来から利用されてきた歴史ある床材です。畳には衝撃を抑えるクッションの役割があり、家屋以外にも柔道場や弓道場で使用されています。洋室が主流となった現代の家屋ですが、転倒防止にも効果を発揮することから、幼児や年配者のいる家庭に注目されているのです。表面の部分にござが取り付けられている畳は、使用年数とともにすり減ってくるため、メンテナンスのひとつ・表替えが必要となります。表替えは表面部分の交換ですので、本体部分の交換は行いません。表替えをすることで表面が新調されるため、本体部分を保護する役割もあります。畳の表替えの目安は7年前後といわれていますが、状態によっては早める必要があるでしょう。畳の表替えはきれいにする目的以外に、穴が開いた部分からの吸湿やダニの温床化を防ぐのです。つまり、畳の表替えを怠ると室内環境の悪化につながるため、メンテナンスの時期を記録し、計画的な交換に取り組むべきでしょう。畳の表替えは熟練した技術が必要となりますので、DIYで済ませるのではなく、プロへの依頼が望ましいといえます。表替えは畳店や専門サービスに依頼しますが、ネットの活用で料金比較も可能です。

破れにくいタイプも選べる襖の張り替え

懐かしい雰囲気を持つ襖ですが、現代人の生活に合わせたタイプも登場しています。例えば、ペットを飼育している家庭では穴だらけになることが多く、どうしても放置しがちです。だからといってそのままで無問題というわけではなく、張り替えは常に意識するべきでしょう。張り替えは見た目の改善以外に、カビの発生を防ぐ役割があります。紙を重ねている構造の襖は、湿気に弱い側面もあるからです。ペットや幼児がいると破れがちですが、襖の張り替えが多い場合、破れにくいタイプを選択すると便利です。破れにくいタイプとしてビニール製があり、襖張り替えの際にも破れる心配が少なくなります。通常の襖紙よりも割高となりますが、今後の張り替え回数を考慮すると経済的です。また、落書きや汚れも水拭きで落とせるため、何かと忙しい家庭にも最適でしょう。このほか、粘着タイプの襖紙も存在し、ノリ・刷毛いらずの張り替えも選択可能です。襖紙はシンプルな白色のイメージもありますが、近年においてはデザインが気に入って張り替えする家庭も増えています。襖の張り替えだけでお部屋のイメージが刷新でき、自分だけの空間が作り出せるのです。デザインタイプは高価なものもあるため、専門店に依頼すると安心でしょう。

障子の張替えで大切な剥がしと霧吹き

昔のドラマや映画で出てくるシーンには、年末大掃除に障子を張替える場合、子供太刀に全て破かせ、その後に張替えています。しかし、現代ではその方法よりも、市販のはがし剤を利用したほうがスピーディーでスムーズにはがせるので、ぜひ試してください。障子の張替えで大切なのは、きれいに剥がすこと、そして新しい障子紙をきれいに貼り付けることです。そのため、最初に剥がす事が重要といわれています。きれいに剥がす為に剥がし剤が販売されている為、たっぷり使ってください。もったいないからと少しずつ使うと、はがれにくくなるからです。きれいに障子を張替えるためには、満遍なくはがし剤を塗る事が重要といえます。全体的に剥がし剤が浸透されたら、ゆっくり力を入れずに引っ張ってみましょう。きれいに剥がせなければ、その部分だけもう一度塗ってください。剥がし剤が乾燥してから新しく障子紙を張替えてください。乾かないうちに張替えてはいけません。張り終えて糊を乾かしてから、障子に霧吹きで全体をぬらすとしわが伸びてきれいになりやすいでしょう。障子は伸び縮みする素材を使用している為、障子に水を霧吹きでつけることで、張替え時にわずかに残ってしまったシワを伸ばしてくれる効果があります。張替えでわずかにシワが残った場合に、有効な方法です。

網戸の張り替え作業で失敗しないための工夫

網戸は建物の窓や玄関に使う建具の一種で、屋外の虫やゴミなどを部屋に入るのを防ぐ効果があります。特に室内の換気を行う際は部屋を汚す心配が無いのが大きな利点ですが、常に屋外に置き続けるので劣化しやすく、網が破れてしまうことがあります。網が破れると異物を遮断する効果が無くなるのですぐに新品の網に張り替える必要があります。網戸の張り替え作業はすき間や弛みなどの不具合が生じないように手際良く行うことが重要ですが、素人作業では網を綺麗に張り替えるのは難しい問題があります。網戸の多くは樹脂製の網をサッシ枠で挟む構造になっていますが、古い網戸はサッシ枠が歪んでいることがあるので張り替え作業に支障をきたしてしまいます。新品のサッシ枠に交換するのが最適な解決法ですが、支出が嵩むので注意が必要です。また、網戸の張り替えは複数人で行うと網を張った状態でサッシ枠に固定させやすいので綺麗に仕上げるのが用意です。住宅用の網戸は異物の遮断以外に目隠しや紫外線カットなどの目的で使われることもあるので、用途に応じた材質の網を張り替えることで居住性の向上を図ることが出来ます。網戸の材質によって厚さが異なる点を踏まえて張り替え作業を行うのが綺麗に仕上げる秘訣です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555