大阪市旭区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市旭区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市旭区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市旭区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

赤川・生江・今市・大宮・清水・新森・千林・太子橋・高殿・中宮・森小路


価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市旭区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


古き町並みが魅力の大阪市旭区の紹介

旭区は大阪市の北東部に位置して淀川に面しています。旭区の大部分は住宅地が広がり、大阪有数の商店街で知られる千林商店街があります。淀川には豊里大橋と菅原城北大橋と赤川鉄橋が架かっています。また旭区は大阪市のなかでも古い木造住宅が多く高齢者が多いのも特徴で、戦争の被害をあまり受けていない為、戦前の建造物が多くあるからです。千林にある木造の長屋は大阪市景観資源に指定されています。隣接するのは城東区と都島区と東淀川区と鶴見区と守口市です。旭区の名前の由来は日の出ずる東部を意味する旭日昇天の将来を約束されるからと言われています。大阪市旭区は古代より大和川が運ぶ土砂から出来たと言われ弥生時代の土器が発掘され現在は旭区民センターの郷土資料館に保存されています。大阪市旭区のマスコットキャラクターは旭区の花のハナショウブをつけられた「しょうぶちゃん」です。マフラーは淀川をあらわしています。次に旭区のおすすめスポットを紹介致します。菖蒲園の名称でしられる城北公園です。広大な敷地を誇る総合公園でハナショウブが約250品種栽培されていて多くの区民が訪れる人気スポットです。次に紹介するのは赤川鉄橋です。テレビドラマにもたびたび登場する人気スポットで野鳥やヨシが茂り絶好のフォトスポットとしてプロ・アマチュアカメラマンに人気です。

畳の表替えはプロに依頼しよう

畳は和室や古い家に必ずといっていいほどあるものですが、自然の素材でできたものなので、長く使っていると様々な問題が発生します。特に、畳の表面がざらついた状態になると表替えという作業が必要で、畳の表面を新しいものに張替えなければいけません。表替えを怠ると、畳がどんどんほころんでいき、すき間からホコリやゴミが入り込みます。更に虫が湧くこともあるので、表替えで済む段階で対処しておかなければ、畳そのものが駄目になる恐れもあるので注意が必要です。しかし、表替えは経験のある方であれば簡単ですが、失敗すれば余計にお金がかかってしまうこともあるので、最初からプロの畳業者に依頼することをおすすめします。プロの畳業者であれば、表替えだけでなく畳の今の状態を調べて、それに合った対処をしてもらえます。また、表替えをしてもらえれば、また長く使うことができるので、安心しておまかせできますよ。最近では、電話一本で無料で見積もりにきてくれる業者がほとんどです。近くに専門の業者がいない場合は、インターネットで検索すると張り替えたい地域にも対応している業者がたくさんでてくるので気軽に利用してみることをお勧めします。業者によっては時間がかかることもあるので、事前に問い合わせてから利用するようにしてください。

襖の張り替えで楽しめる

襖のある和風のお部屋をどのようにしておしゃれに見せることができるかについて、襖の張り替えなどの方法を合わせてご紹介します。この方法は、気軽に試みることが可能となっていますので、ぜひ楽しみながら行ってみてください。張り替える襖の柄やカラーによっても多くのタイプのものが揃っています。このような模様を活かしきることで、多くのおしゃれなお部屋が生まれています。襖を張り替えるだけで、襖とは思えない進化を遂げますし、襖の張り替えに対する印象も変わることでしょう。張り替える襖のもようによってもモダン的なお部屋、洋風的なお部屋などにチェンジが可能となっています。このように襖の張り替えを済ますことができたなら、畳に上にカーペットを敷いてみるとか、障子の柄を張り替えてみるとか、いくらでも応用が利きます。また、襖を張り替える際に、素材に着目してみると、全く異なった感じのお部屋に仕上がりますので、この方法もお勧めします。このようにカーペットなどクッションの素材を変えて、コーディネートする事で、今までになかった新鮮な雰囲気も見つけ出せるはずですの、トライしてみてください。素敵なお部屋づくりの情報とご説明でした。

障子紙の透過光に注目して張替える

伝統的な和室で障子の役割は大きく、単なる間仕切りとしてだけでなく、昼間に外光を取り入れるいわば照明の役割もしています。日当たりが良すぎても眩しかったり、暑かったりと問題がありますが、障子紙を透過する事で適度な光量に落とされ、室内は快適な明るさに保たれます。あまり意識されない部分ですが、こうした照明という部分にこだわって張替える障子紙を選ぶのも一つの方法です。透過光については、障子紙の種類によって印象は変わります。明るさや色合い、和紙の質感などによって様々あり、張替える事で違った表情を楽しめます。ただ市販されている状態だと、実際に張替えた後にどのような形で光を透かすのかわかりにくいかもしれません。基本的には障子紙の素材や、図柄がどのように入っているのかなどの情報をもとに推測する形になります。一応安いものでも明るさという点では、どのようなものに張替えても問題はありません。少なくとも障子紙であれば、張替えてみたら光を通さなくなった、という事はあり得ません。一方障子紙の質感は、品質によって大きく異なります。分かりやすいところでは、一般的な障子紙とプラスチック障子紙とでは張替え方法もそうですが、透過光に受ける印象もかなり異なります。あくまでも好みの問題なので、好きなものに張替えて構いません。ただ光を透かして輝く障子は魅力的なので、興味のある方はこだわって張替えてみてください。

網戸の張り替えはこまめに

家にある網戸は、できるだけこまめに張り替えしておくのが良いでしょう。と言っても、一年に一回というレベルではなく、もう少し長い期間で問題ありません。ただし、数年に一回ぐらいの割合で網戸の張り替えを行っておいた方が良いでしょう。網戸の張り替えは、地域に密着している張り替え専門の業者がいますから、ここに相談して対応してもらうとよいです。どのような商売でも言えることなのですが、地域密着であれば、それだけ親切丁寧な対応を心がけてくれて、質の高い仕事をしてくれるのです。これは、網戸の張り替えを業者に依頼する場合も同じことが言えます。ただ、今まで一度も網戸の張り替え作業を行ったことがない場合は、実際問題どこの業者に網戸の張り替え作業を依頼したらよいかわかりません。そんな時にはインターネットで網戸の張り替えをしてくれる業者を探し出し、その上で口コミ情報を確認しましょう。網戸の張り替えはこうしてチェックして業者を選定します。また、見積もりを取得することも非常に大切です。事前に見積もりを出してくれる業者はほとんどですし、無料で提供してくれます。そして、いくつかの業者から見積もりを提示してもらい、最終的に比較検討して決めましょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555