大阪市福島区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市福島区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市福島区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市福島区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

海老江・大開・鷺洲・玉川・野田・福島・吉野



価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円(税込2200円)〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市福島区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪市福島区について

大阪市福島区は、大阪市を構成するの24の行政区のうちのひとつであり、大阪市の中西部に位置する、区域の総面積が4.67平方kmの区となります。大阪市福島区は、大阪市の都心部に近く、JRや地下鉄などの電車が縦横に走り、区内には9つもの駅が存在しています。特に、福島駅は梅田に近く、駅の周辺にはオフィスビルが多数立地し、大手企業の本社も所在しています。 福島区は北区と隣接しており、北区と接する川沿いは再開発が行なわれ、超高層マンションが建っています。福島区内のJR野田駅周辺や阪神野田駅周辺にも、高層マンションが多数立地しています。また、福島区内が発祥の企業も複数存在しており、現在門真市に本社を構えるパナソニック(旧・松下電器産業)も福島区が発祥となります。パナソニックの跡地の一部は、公園として整備されています。 福島区の観光スポットについては、松下幸之助創業の地記念碑、下福島公園、福島天満宮、春日神社、野田城跡、逆櫓(さかろ)の松跡、福澤諭吉誕生地、八坂神社などが挙げられます。福島区は福澤諭吉が生まれた地であり、諭吉が1歳8か月の時に父親が亡くなるまで過ごした地となります。1834年(天保5年)12月12日に、中津藩蔵屋敷で諭吉は生まれました。

大阪市福島区の特徴について

大阪市福島区は、面積が4平方キロメートルで、人口が約7万人の都市です。隣接する自治体は、大阪市此花区と西区、西淀川区と淀川区や北区となります。福島区は、大阪市を構成する区の一つとなっています。ここは堂島から北に位置し、江戸時代は近郊農村となっていました。しかし明治以降は、繊維産業などの大きな工場が建設されたと言うことで、周辺は中小企業の工場地帯として栄えてきました。たくさんの卸業者が、現在でも大阪市福島区に立地しています。戦前には阪大病院や大阪市中央卸売市場本場なども建設されています。梅田に近いと言うことで、福島駅を中心に、たくさんのオフィスビルが建っています。福島区の工場移転後の跡地に関しては、商業地や住宅地となっています。1990年代以降、福島区には大規模団地や高層マンションが建設されています。現在福島区の大部分は住宅地域となっています。野田駅周辺は空襲に遭わず、古い長屋や町屋がたくさん残されています。区の西部には機械や金属製品工場がありますが、ここも住宅地化が進められています。面積は行政区の中でも3番目に狭くなっています。区役所の最寄り駅は野田阪神駅となっています。区内には大阪市営バスや阪神バスが走っています。

畳の表替えで部屋のイメージを一新する

古くなった畳をキレイにする目的で表替えをする人が多いですが、畳の表替えによって部屋のイメージをガラッと変えることができます。普通に畳の表替えをするだけでも新築気分を味わえますが、どうせなら、もう一歩進んだ表替えを行ってみることをおすすめします。畳表はい草製であるのが当然だと思い込んでいる人が多いですが、それは過去の話です。最近では、和紙製の畳表がたくさん出回っています。和紙製だと耐久性が低いのではないかと考える人が多いですが、和紙の表面にコーティング加工が施されているため、い草製の物よりもずっと長持ちします。また、染色することができるので、様々な色の畳を楽しむことができるというメリットがあります。表替えの際に薄いグレーや紫の畳表を使用すれば、部屋全体の雰囲気がグッとモダンになります。実際に、洋風住宅で和室の畳の表替えをする際には、和紙製のカラー茣蓙がよく使用されています。 また、色付きの茣蓙で表替えをするのではなくても、畳の縁の素材や色、模様などを変えてみるだけで部屋の雰囲気が大きく変わります。愛着がある家とはいえ、長く住み続けていれば飽きてくるのが当然です。飽きたからといって簡単に引っ越すことはできませんが、畳の表替え程度であれば気軽に行うことができます。

襖を張り替える時の留意点

襖の張り替えは専門的な技術が必要な仕事ですが、そういった専門技術を持った業者を探す際に重宝するのが、インターネットとパソコンです。最近では各種携帯端末でも襖の張り替えを行う業者を検索することが簡単になっていますが、襖専門のポータルサイトなどを利用することによって、効率的に短期間で見つけることが容易になっています。襖職人などの業者に依頼することによって、安い費用で張り替えを行うことが可能になり、コストを抑えて住宅の機能向上を実行することが出来ます。襖の利用目的としては収納空間の密閉に利用されることが多いですが、こまめな張り替えを行うことで、機能面だけではなく見た目の品質も維持することが出来るようになるのです。特に襖に関しては機能面だけでなく見た目の美しさも重要になるため、来客用の部屋などの襖を優先して張り替えを行うことが大切です。張り替えをする際に専門の襖業者を利用することが重要ですが、襖の張り替え業者を選ぶときに重要視するポイントとしては、張り替えのノウハウや実績が高い業者を積極的に利用することが必要になります。ネット上で人気のお店を選ぶことも、襖の張り替えを行う際に得するポイントになります。

初めての障子の張り替え

破れた障子の補修や張り替えをしたくても経験が無くて躊躇してしまう、そんな人もいるかと思います。そんなときは思い切ってプロの業者に依頼しましょう。障子紙は紙という性質上、失敗しても張り直しができないので一発勝負です。個人で張り替えをしようと思っている方々はその点が躊躇される要因の一つになっているかもしれませんが、プロの業者であれば失敗もなく綺麗に仕上げることができます。失敗したところでまた障子紙を買ってくればいいのですが、とはいえ無駄に費用をかけるのも良くありません。業者に依頼するとなっても費用はそれほど高いものでもありません。いまはインターネットを使って自宅の最寄りの業者を検索することもできます。無料で見積もりを出してくれるお店もいまはほとんどですので、一度見積もりを出してもらうのもいいでしょう。いくつかのお店で見積もりを出してもらって比較し自分で納得されたお店に依頼するのが一番です。業者であれば様々な種類の障子紙の取り揃えもありますので色々と見比べてみてはいかがしょうか。

網戸張り替えで気分一新

長年、家に住んでいると、徐々に劣化していることに気が付かないことがあります。薄汚れが付着していても、気にもならないため、どこをきれいにすべきかもわからなくなってしまうのです。そんな場所として、網戸があります。網戸は普段空気が流通していて、汚れがたまるようには見えません。しかし、埃や塵が付着しており、ガラス掃除洗剤などをかけると、その汚れ度合いを知ることができます。網戸はプラスチック樹脂を材料としている場合が多く、徐々に劣化してくるものです。汚れているからと言って掃除しようと擦ると、破れてしまうことも少なくありません。そういった時には、張り替えてしまうほうが早いかもしれません。網戸の単価が高いものではないため、張り替えても金銭的負担も少ないのです。網戸は、むしろ掃除するほうが時間もかかり大変なのです。張り替えをするためには、ホームセンターなどで網戸と張替えグッズを購入し、自分で張り替えを行うことはできます。ですが慎重な作業が必要となります。古い網戸を外し、新しい張り替え用の網を固定し、たるみが起きないようにします。張り替えた網戸の格子がまっすぐになっているほうがきれいに見えるので、一度張り替えた後に歪んでいる場合は、再度張りなおしをします。材料を一から揃えたり面倒な作業になるので業者に頼むのがお勧めです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555