大阪市都島区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市都島区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市都島区内、期間限定の激安価格っ!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市都島区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

網島町・内代町・片町・毛馬町・善源寺町・大東町・高倉町・友渕町・中野町・東野田町・都島中通・都島本通・都島南通・都島北通・御幸町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市都島区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow












大阪市都島区の「京橋駅」は大阪東の玄関口

大阪市都島区は大阪市を構成する24区のひとつです。1943年、北区と旭区から分離・再編して発足されました。区名の由来は長柄豊崎宮の向かい側に位置していたことからついた「宮向島(みやむこうじま)」から来たと言われています。大阪市都島区は、明治以降の大阪の急速な発展により、農村地域から市街地へと変貌し、大阪市有数の産業地域となりました。しかし、1970年以降は地価の高騰やドーナツ化現象により、工場は郊外へ移転し人口の流出も起こりました。そのため、都島区は長年停滞してましたが、1982年に工場跡地に高層住宅群が建設されたのをきっかけに、マンションや住宅の建設ラッシュが起こりました。都島区が大阪市中心部に隣接した交通の便の良さが再評価され、再開発が加速しました。以降、都島区は人口も増え、着実に発展を続けています。また、都島区南部には梅田・なんば・天王寺に次ぐターミナル駅の「京橋駅」があります。JR・地下鉄・京阪含めて1日50万人以上が利用するため、「大阪の東の玄関口」と言われています。駅前には大型商業施設や飲食店があり、大阪市東部の繁華街として知られています。また、京橋から大阪ビジネスパークまでを含む界隈を「ヒガシ」と呼ぶこともあります。

大阪市の都島区に関して

大阪市都島区の現在を紹介します。その地域は、現在に至る大阪市を構成する区の一つとして数えられ、人口は約10万人を記録するなど発展性に富んだ区となっています。発展性に着目すると、大阪市都島区の南部は京橋駅を起点にした繁華街、そして北中部は住宅街として整備・開発が進んでいます。また、都島区の北部は、1980年代に関するベルパークシティの開発が契機となって、超高層マンションの建設が盛んに行われるようになりました。 ここからは大阪市都島区の発展について説明します。明治以降になると、大阪市有数の産業地区として成長を続けてきた歴史があります。その過程には、農村地域から工業化及び商業化の混在化した地域への変遷がありました。1970年代以降になると、ドーナツ化現象や地価の高騰などが重なり、全体的に生産年齢人口の流出が顕著に現れます。長期にわたって停滞感が続いていましたが、ベルパーク建設が決定したことをきっかけに、理想的な住宅地として総合的に見直されるようになりました。それによって、都島区における住宅地・市街地の開発事業が加速するようになり、人口も年々増加に転じます。 そのように大阪市都島区は、現在も着実に成長と発展を遂げる地域です。

畳張り替え業者の選び方

畳は和室の床部分に使われる家具になるため、とても重要な部分となります。そのため日頃から掃除や手入れをすることで、よい状態を長く保つことがでいます。ですが畳は消耗品のため、使い続けることで劣化し張り替えが必要になります。張り替え方法には裏返しや表替えの他に、全てを新しくする新調などがあるので畳の状態に合わせて行うのが望ましいです。では実際に張り替え作業を行う場合ですが、基本的には畳の専門業者に依頼する必要があります。ただし依頼する業者にも様々な種類があるので、しっかりと選ぶ必要があります。まず張り替えを依頼する業者の選び方のポイントとして、資格があるかどうかを確認します。畳の製作には国から認められた資格が必要となります。ただし張り替えの場合は資格は関係なく、そういった業者に依頼してしまった場合は仕上がりに納得できないといったトラブルも出てきます。製作の資格がある業者であれば、畳に関して熟知している業者になるため、張り替え作業も安心してお願いすることが可能です。インターネットなどを使って業者を探す際にも、まずは資格の有無を確認したうえで依頼するかどうかを判断するのが一番安全な方法といえます。

襖の張り替え依頼はここに相談

襖は各家庭に一つぐらいは存在しているものです。たいてい和室が家庭の中にあれば、そこには襖があるでしょう。この襖も時間が経つにつれて、だんだんと色が黄色くなってきたりしますし、汚れも目立ってくるものです。このままにしておくと、襖がみっともないだけではなく、和室そのものがだんだんと汚い印象を受けてしまいます。ですから、襖が汚くなったり、破れてしまったりしたら、そろそろ襖の張り替えを真剣に考えていかなくてはなりません。襖の張り替えを依頼するのは張り替え専門業者です。プロの襖の張り替えをお願いすれば、あっという間に綺麗なものに張り替えてもらえます。世の中には多くの張り替え専門の業者があります。依頼するにあたってのポイントは、地元に根付いて仕事をこなしているところを利用することです。地域に密着しているところに張り替え依頼しておけば、間違った仕事はしないでしょう。正確に緻密な計算のもと、とても細かく張り替え作業を行ってくれます。これでまた素晴らしい和室に生まれ変わります。張り替え作業も張り替え時間もそれほどかかりません。できるだけ費用を安くしたいなら、いくつかの業者に見積もりを取得して比較検討しましょう。

障子の張り替えをしてみよう

障子の張り替えを自分でしようと思っても難しく苦手に感じてしまっている人も多くいます。たしかにコツをつかまないと障子の張替えは簡単ではありません。昔は糊を使うタイプの障子がほとんどでしたが、今はアイロンを使って貼っていくタイプの障子紙も一般的にホームセンターなどで販売されています。プロの業者に依頼するとさらにプラスチック製の破れにくいタイプなど様々な種類の障子紙の取り揃えがあります。どのタイプもそれぞれ違いがあるので自分の生活に一番合うものを選ぶことが重要です。障子を綺麗に張り替えるためには、古い障子を綺麗に剥がしていかなければなりません。専用の剥がし液を使うことによって綺麗に剥がすことができますが、霧吹きや水分を含んでいるスポンジでも剥がすことができます。古い障子を綺麗に剥がすことができたら後は糊や両面テープを使って障子が弛まないように貼っていけば張り替えの作業が完了になります。こういった手間や慎重な作業が必要となるので障子の張替えはプロの張替え業者に依頼することをお勧めします。

網戸の張り替えはプロに依頼しよう

常に外にあり、害獣や害虫の侵入を防ぎ、その家に住む人を守る役割を持つ網戸ですが、長年雨風にさらされたり台風が多い季節だったりすると、網戸のネットが外れたり破れたりして、張り替えが必要になってきます。張り替えを怠ると、家の中に害虫やゴミなどが侵入しやすくなってしまいますし、窓を閉め切ると風通しが悪くなってしまうので、張り替えは必要な作業です。しかし、ごわつくネットを扱ってサイズ通りカットしたり網戸の枠にきっちりはめたりする網戸の張り替えは初心者の方にも困難な作業です。そこで思いきって、プロの網戸業者に張り替えを依頼してみてはいかがでしょうか。プロであれば網戸の張り替えや補修といったことまで対応できますし、張り替えの仕上がりもきれいで、見た目も違います。また、家中の網戸を張り替えなければいけない時は、プロに頼った方が自力で行うよりも短時間で済むので、忙しい方にもおすすめです。網戸はしっかりお手入れをしておかなければ、家に住む人を守る役割が果たせなくなるだけでなく、ネットが風で飛んで近所の人に迷惑をかけることもあるので、注意が必要です。その他にも立てつけが悪かったりサッシが曲がったりしている時もプロに相談するようにしましょう。




  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555