大阪市浪速区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市浪速区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市浪速区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市浪速区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

芦原・稲荷・戎本町・恵美須東・恵美須西・木津川・久保吉・幸町・桜川・塩草敷津東・敷津西・下寺・大国・立葉・浪速東・浪速西・難波中・日本橋・日本橋東・日本橋西・湊町・元町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品(2枚から) 網戸あみど料金
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪浪速区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


大阪市浪速区にある日本橋について

大阪市浪速区には、日本橋という地名があります。ここ一帯はアニメ専門店やフィギュア専門店が立ち並んでいます。言わば、聖地秋葉原に匹敵するほどのアニメファンが集まる街です。なので、日本橋は「西の秋葉原」と呼ばれています。そのこともあり、日本橋は大阪市浪速区のみならず、西日本中からたくさんの人たちがやってきます。しかし、秋葉原と比べて電気屋さんが多いです。アニメ専門店はオタロードと呼ばれているところに集中しています。オタロードの魅力はメイドさんがよく集まることです。秋葉原にもメイドの店がありますが、ここ日本橋でもメイドさんが声をかけてくれます。つまり、日本橋は大阪市浪速区のメイド店の集まる場所として有名です。日本橋では、大阪市浪速区最大とも言える「日本ストリートフェスタ」が開催されています。この大会は1年に1回開かれるもので、たくさんのレイヤーさんが集まります。内容としては、ご当地キャラや一般人のコスプレ祭りです。ここでは、外国から参加する人も多く、よりアニメ文化を楽しめるようになっています。大会は2014年に24万人の観光客を集めた実績があります。このように大阪市浪速区には、日本橋のようなアニメファンの聖地があるのです。

女性でも安心して利用可能な畳表替え業者

利用する方は男性ばかりではなく、女性も畳表替えの依頼を行う状況です。そこで畳表替え業者では、女性も安心して利用する事ができるように色んな工夫を行っています。女性スタッフを多く揃えて、女性が安心して依頼できる環境を整えたり、割引やキャンペーンを実施して、少しでもお金の負担が発生しないようにしています。その他にも畳表替え業者として、色んな取り組みを行っていく事で、少しでも女性が利用しやすい環境を作っているのが現状です。その結果、男性だけではなく多くの女性が畳表替え業者を利用しており、納得できる結果を得る事ができています。畳表替え業者によっては、多くの女性から利用してもらう事ができ、素晴らしい利益を出している業者も存在しています。男性不信の女性も女性スタッフが多く揃っている畳表替え業者を選択すれば、納得できる結果を得やすくなります。分からない事がある時は、気軽に質問する事で精神的に安心しながら畳表替えを実施してもらう事も可能です。畳表替え業者では、このように女性顧客を獲得できるように色んな工夫を行っています。女性は以前よりもかなり利用しやすい環境が整えられているので、畳表替えを希望している方は安心して利用する事が可能です。

襖を張り替えるタイミングとは

襖は障子に比べると頑丈な作りになっているため、余程強い衝撃を加えない限り、壊れたり破れたりすることはありません。壊れたり破れたりすれば張り替えする気にもなりますが、そうでない限り、なかなか張り替えする気にはならないという人が多いです。しかし、たとえ襖に穴が開いたり剥がれたりしていなかったとしても、概ね10年に1度は張り替えを行うようにするのが望ましいです。 毎日見ているとなかなか気がつきにくいものですが、襖紙の表面には埃や油汚れがたくさん付着しています。前回の張り替えから10年も経てば、襖紙の表面がかなり黒ずんでいるはずです。多少黒ずんでいたとしても、それほど大きな影響はないだろうと考える人が多いですが、襖紙が汚れていると照明効率が非常に悪くなります。なぜかというと、襖の表面に当たった光が反射されずに吸収されてしまうからです。もちろん、昼間の室内も薄暗くなります。しかし、新しい襖紙に張り替えれば、部屋の中がグッと明るくなります。実際に、こんなに明るくなることがわかっていたららもっと早く張り替えていたのにと後悔する人がたくさんいます。室内が薄暗いと目に余計な負担がかかってしまうため、視力が低下してしまいます。また、晴れやかな気持ちにもなることができません。しかし、張り替えによってそれらの問題を簡単に解決することができます。ですので、最低でも10年に1度は襖を張り替えるのがベストです。

プラスチックの障子に張替えよう

家の中でペットを飼っていたりいたずら盛りの小さな子供さんがいらっしゃると、障子が破られたり穴を開けられたりして、何度張替えても意味がないと諦めている方はいらっしゃると思います。障子の張替えができてもいたずらされてしまいますし、張替えたばかりの障子はつい破りたくなって手を出されることもあって、いっそ破れない障子に張替えたいと思うこともあるでしょう。そこで、プラスチック製の障子に張替えてみてはいかがでしょうか。最近になって、プラスチックでできた障子がネット通販やホームセンターで販売されており、手頃な価格と張替えやすさから人気を呼んでいます。障子紙とは違い、水や衝撃に強いので、いたずら防止に最適ですし、水拭きができてお手入れが簡単になります。常にぴんと張った状態で張替えられるので作業も楽ですし、多少ずれてもやり直しがききます。張替える時に両面テープやアイロン接着といった、普段使い慣れている道具を使うので、障子に詳しくない方や器用さに自信のない方でも手が出しやすいですよ。また、部屋を明るくするパステルカラーや洋風柄など、和風に飽きてしまった方にもおすすめですし、張替えの回数を軽減させられるので、是非お試しください。

網戸を張り替えた実体験

地域の子供会の役員をしているときに、近所の公民館を子供会のパーティーで使用することになりました。そこで、公民館の設備の状況確認しに行ったところ、網戸がボロボロになっていました。パーティーをする時期は7月でしたので、窓を開けないと当然暑いので、網戸を張り替えることにしました。張り替えるといっても、限りある、少ない予算の中で張り替えないといけなかったので、近所の網戸の張り替え店の方と相談しました。張り替えての方も、子供たちの為ならと言うことでできるだけ金額を抑えてくださったので、スムーズに網戸を張り替えることができました。公民館に設置してある網戸の数はそこまで多くなかったのですが、いくら安くなっても、やはり金額がかかりました。ですので、これからは定期的に網戸の状況確認して、大切に網戸を扱っていく必要があると実感しました。今回は、廃品回収などから得た予算から網戸の張り替えを行いました。ですが、予算がない時期もあるので、少しずつ将来の網戸の張り替えに向けて積み立てていく必要があると実感しました。とにかく、今回の子供会のパーティーは成功したので、それも網戸を張り替えたおかげなのかなとも感じました。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555