大阪市西淀川区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市西淀川区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市西淀川区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市西淀川区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

歌島・大野・大和田・柏里・竹島・千舟・佃・出来島・中島・西島・野里・花川・姫里・姫島・百島・福町・御幣島


価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市西淀川区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


企業の町、大阪市西淀川区

大阪市西淀川区は、大阪市にある24区の中のひとつです。大阪市西淀川区は市内有数の工業地帯として発展していましたが、近年では不況により撤退する企業も増えてきています。撤退した工場の広大な跡地を利用してマンション建設が進み、住宅地としての開発が行われています。中心部である梅田への交通アクセスも良く、そのためか西淀川区の人口は増加傾向にあります。もとは淀川が運ぶ土砂によって土地が形成され、古代は多くの島に分かれていたと言われています。中世は漁業、江戸時代は農業で栄え、明治時代後期以降に工業地帯として発展していったとされています。西淀川区内に本社を置いている企業は江崎グリコ、福島工業などがあります。江崎グリコはポッキー、グリコなどの製菓会社で、皆一度は食べたことがあるのではないでしょうか。そのほかに西淀川区で発祥・発展した企業としてはオムロン、東洋シャッター、日本製薬などがあります。大阪市西淀川区は交通アクセスも便利で、高速道路、JR、コミュニティバスなどの移動手段も充実している町です。もしこれから大阪市で暮らしてみたいと考えている方が居たら、ぜひ西淀川区をお勧めします。企業も多く交通が良いこの町は、住みやすい場所となるでしょう。

畳のトラブルには表替えで対応

畳は十数年に一度は新調して、新しい物に交換するのが望ましい床材になっています。これは、畳の芯地にあたる畳床が経年劣化してしまうためであり、使い心地が著しく悪くなってしまうのはもちろんのこと、ダニの温床になりやすくなるなどの弊害も出てしまうためです。ただし、新調に至る前の段階、畳床が劣化してしまう前の段階で、表面に張られている畳表が先に経年劣化してしまいます。これは磨耗して擦り切れたり、日焼けの影響で変色したりしてしまうためであり、また当然穴が開いたり焦げたりといったトラブルが起こってしまうこともありえるためです。これら畳表に経年劣化が生じた際、あるいはトラブルが起こった際に行いたいのが、畳の表替えです。表替えとは、畳表を新しい物に交換する張り替え方法であり、この表替えを行うことによって、見た目上は全く新しい畳とかわらない状態に戻すことが可能になっています。表替えを行う目安としては、特にトラブルがなかった場合、経年劣化に対応する場合には、使い始めてから3年から5年程度の年月を目安にするのが良いとされています。また表替えの他にも裏返しという張り替え方法もあり、先に裏返しを行った後に表替えを行った方が、維持費の削減に役立つ事は覚えておくといいでしょう。これは、表替えと違って裏返しは畳表を流用する張り替えになっているためです。これらも考慮した上で、定期的に表替えを行うといいでしょう。

襖を数年に一回程度、張り替えると良いです

襖は数年に一回程度、張り替えを行うと良いです。襖には段ボール材が良く用いられますが、年月が経過することによって劣化します。さらに日にも焼けやすいことから茶色に変色して設置している部屋の印象も損なうことから張り替えることによって改善させることが出来ます。さらに襖は年齢や部屋のインテリアによって印象が違ってくるので、張り替えることによって最適な襖にすることが出来ます。また、襖を張り替えることによって調整を受けることが出来ます。襖の重みによって襖を設置する溝の部分に凸凹が生じますが、鉋を用いて凹みを修正し、開閉を滑らかにするために蝋を塗ってくれます。また、襖に傾きがある場合には傾きを調整し、取っ手に関しても高さを整えてくれます。そして、近年では襖の張り替えを行う事業者に関して異業種からの参入が相次ぎ、機械化も進んでいるので、価格を抑えて張替えを行うことが出来ます。さらに事業者によって張り替え時の襖や取っ手のデザインが違うので、選択肢も広がっています。最近では張り替え事業者の比較サイトなども登場しているので、活用することによって最適な張り替え事業者を探すことが出来、価格も抑えることが出来ます。

障子の採光性と張替え作業を行う際の注意点

住宅の和室で使われることが多い障子は建具の中でも軽量な作りなので扱いやすい他、障子紙が日差しを通す採光性があることから広く普及しています。その反面、障子紙は日焼けによる変色や破れなどの不具合に見舞われやすいことから定期的な張替えが不可欠です。また、張替えの際にはシワや気泡が出来ないように木枠の汚れを綺麗に取り除く必要があります。障子の張替えに使う交換用の紙は薄手の物ほど採光性が高くなりますが、その一方で破れやすい欠点もあります。障子を使う環境に合わせて張替えに使う紙の材質を選ぶのが長持ちさせるための工夫ですが、一般的に頑丈な厚手の紙は採光性が低く、張替え作業も手間がかかることが多いので取り扱いには注意が必要です。近年では破れる心配が無いプラスチック製の板を障子紙の代わりに使うケースも増えていますが、張替え作業に使う接着剤や道具は専用の物を選ぶ必要がある他、採光性が紙よりも低いことを踏まえて判断することが大切です。また、普通の障子と比べて重たくなってしまうので開閉を頻繁に行う場所には不向きな点も併せて注意します。障子の張替えは単に傷んだ紙の交換を行うだけではなく、採光性や障子の質感など居住性を良好に保つ目的があります。そのため、張替え作業は用途や紙の材質を踏まえて慎重に行うのが綺麗な仕上がりにするための心得です。

網戸の張り替え体験について

中学生の頃、学校の職場体験で網戸の張り替え店に行くことができました。兼ねてから、網戸の張り替え作業に興味があったので、とてもうれしかったです。実際に、網戸の張り替え店で実習をしたところ、なかなか大変だった記憶があります。何が大変かと言うと、網戸張り替える際には、相当な技術がいるので素人では簡単にはできないと言うとこでした。最初は、優しい職人の方に手取り足取り教えていただきました。 2週間と限られた体験の中で、どれだけ技術が上がるのかといった期待もしていましたが、始めて3日位ではなかなかうまく出来ませんでした。職人の方は、慣れた手つきで網戸を次々と張り替えて行ったので、さすがだなと感心していた記憶があります。そのように思いつつ、日々練習していたのですが、ようやく上手くなったなと言う頃には職場体験が終了しました。 当然、2週間と言う短い期間では技術を上げる事は出来ませんでしたが、かねてから行いたかった網戸の張り替え体験をできた事は良い経験になりました。高校生では、長期休暇を利用して網戸の張り替え店でのバイトを何度かしました。その際には、中学校の時に行った網戸の張り替えの知識が役に立ち、手際よく行うことができました。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555