大阪市西区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市西区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市西区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市西区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

安治川・阿波座・立売堀・靱本町・江戸堀・江之子島・川口・北堀江・京町堀・九条・九条南・境川・新町・千代崎・土佐堀・西本町・本田・南堀江




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え1400円
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え1400円
(税込1540円)
天袋張替え980円
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え1400円
(税込1540円)
らんま張替え980円
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市西区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


京セラドームが存在する大阪市西区の魅力

大阪市西区は、市内の中心より西部に位置する行政区で人口が約9万5千人を擁します。西区内では再開発が進んでおり、多くの商業ビルや高層マンションも開発され、特にマンション建設も著しいため、人口もそれと共に増加してる特徴が見られます。もっとも大阪市内の中でも西区のエリアは、北を安治川、土佐堀川、南を道頓堀川に、東西に運河などに囲まれている特徴も見られます。西区で一番、有名な建物としては京セラドームがあり、プロ野球のオリックスバッファローズの本拠地として地元に愛されています。元々は近鉄バッファローズのお膝元でしたが、オリックスとの合併により統合された形で現在でもバッファローズのお膝元として残っています。地元の商店街が応援キャンペーンとして盛んでもあります。また場所柄、大阪市の中心よりもやや外れですが、多くの企業の本社がこの西区に集積しています。大同生命を始め、大日本除虫菊、石原産業、栗本鐵工所、錢高組、丸一鋼管などの本社が存在します。交通事情についても西区内には、大阪市営地下鉄、阪神電鉄、他にもバスとして大阪市営バス、大阪シティバスが運行しています。さらに道路についても阪神高速が西区内に通行しているため、鉄道・バス・自動車でのアクセスにも適しています。

大阪市西区の京セラドームについて

大阪市西区には、京セラドームという観光スポットがあります。この観光地はいわゆるドーム球場で、大阪市西区のみならず全国の人気を集めています。ここは大阪近鉄バファローズの拠点地でもあり、第三セクター・大阪シティドームによって建設されました。アマチュア野球では、社会人野球日本選手権大会の開会式、コンサート、展示会など、いろいろなイベントが行われています。他にも阪神主催試合や野球博inJapanもあります。これらのイベントは大阪市西区の中でも有名です。この野球場は、大阪市西区にあった大阪ガス工場跡地に建設され、東京ドーム、福岡ドームに次ぐドーム球場として完成しました。しかし、大きな赤字が相次いでしまいました。施設内は外野スタンドと外野フェンスを分ける形となっています。二階には、スタジアムモールが存在しており、飲食店などがあります。ここの店舗はイベント開催時やランチタイム時に開業するのが特徴です。ドームの周辺にある商店街は多くの観光客が集まり、「バファロード」という愛称で知られています。このように京セラドーム球場はいろいろな事情を抱えていますが、それでも大阪市西区の観光スポットとして人気を集めています。

畳の張り替えるタイミング

畳は昔と違ってかなり丈夫になり、品質も良くなったのでいつまでも使い続けることができます。しかし、それにも限度があり、ある程度の時期になったなら張り替えを行う必要があるのです。基本的にはおおよそ5年毎に張り替えるとちょうどいいとされています。畳のい草には空気中の汚れとにおいを取る性質があり、それによって生活空間を清潔にしているのです。そうした性質によってい草は汚れ、劣化してしまうので交換する必要が出てきます。畳の張り替えは唯一の畳のメンテナンス方法といえるのです。掃除機や雑巾ではどうしても汚れを取りきることはできないので、汚れた畳は早めに張り替えるようにしましょう。張替えを業者に予約すると指定した日時に引き取ってもらえます。その日のうちに張り替えた畳を返してもらえるので、掃除の一環として気軽に依頼するといいでしょう。畳の張替えをしっかり行う家は少ないですが、そんなに大げさな作業ではないので確実に行っていくべきです。ダニやカビを予防するのにも充分な効果があるので、住環境を快適なものにするためにも重要な作業となります。特に飲み物をこぼしたりして汚しすぎなければ、張り替えるタイミングは5年ほどで充分です。

襖の張り替えをプロに依頼

湿気やすい部屋や日当たりの悪い部屋にある襖は、きちんと張り替えや風通しのいい場所に置いて乾燥させるなどのメンテナンスをしておかなければ、長い間使っていくうちに、湿気で立てつけが悪くなって開閉しにくくなってしまうこともあれば、襖紙が湿気を吸い過ぎてカビの発生につながることになるので、油断はできません。最近では張り替えも糊ではなく、両面テープなどを使って楽にできるようになっていたり水に強いプラスチック製の襖などにも張り替えたりできますが、やはり紙がいいという方は、思いきって襖専門の業者に相談することをおすすめします。プロの業者におまかせしておけば、襖の張り替えやその他のトラブルにも対応してもらえますし、業者によっては交換や古い襖の回収なども行っているので、条件に合ったところを見つけておくのもいいでしょう。なによりプロの手による襖の張り替えは、見た目も美しく、スムーズに作業が終わるので時間もかかりません。自力で張り替えて失敗するリスクもないので、安心しておまかせすることができます。利用したことがない方は、ネットや知り合いの口コミを参考にしてみても見つけやすくなりますし、それぞれのお店のホームページを見比べてください。

張り替え用のレース障子紙の特徴

張り替えが必要な家具はいくつあり、代表的な種類としては畳や襖の他に障子などもあります。そんな中で自分自身で張り替え作業が行われることが多いのが障子になります。理由として張り替え作業自体が手軽なだけでなく、障子紙の強度が弱いので破れやすかったり色あせといった症状が出やすいという点があります。では実際に張り替えを行う場合ですが、使用される障子紙には様々な種類があります。その中の1つにレース障子紙があります。レース素材はポリエステル製の物が多く、通気性などが優れているという点があります。それ以外の特徴としては、レース障子紙は明るい日中などは部屋の中から外を透かしてみることが可能です。ただし外からは家の中が見えないように視界を遮ぎることができます。また張り替え作業後は、レース紙を張った状態のまま洗う事ができ手軽に手入れが行えます。また張り替えの際にレース紙の種類から和風や洋風など柄が選べるので、部屋事態の雰囲気を様々な風合いにすることができます。また張り替え時のレース障子紙はアイロンの熱で溶けるノリを使用しているタイプが多いので、張り替え作業自体がとても簡単です。またレース障子紙は木製の枠だけでなく、アルミ製の枠にも使用できるなど用途が幅広いです。

網戸の張り替えの大切さ

網戸が破れたときの驚きはめったに経験するものではありません。網戸は意外と頑丈で、少しものが当たったりペットが引っ掻いたりしてもそう簡単に破れることはないと言われています。ですが、長年使ってくると網戸の繊維が脆くなってきて耐久性がだんだんと損なわれて行きます。それがきっかけで、網戸に穴が空き虫が家に入ってくるということを考えると気分のいい話ではありません。ですので、破れる前に張り替えるということをお勧めします。これからは、網戸も消耗品と考えて壊れる前に張り替えるという対策が必要かと思います。夏になると蚊が発生し家の中に入ってきますが、現在では病原菌を媒介するかもちらほらと日本で発見されています。ですので、張り替え作業はとても重要な予防策であるとも言えます。ですが、網戸の張り替えは自力ですることは非常に難しいので、プロの張替え業者などに一度相談をしてみるといいと思います。網戸の張り替え作業を行なっているところはたくさんあるので、一度インターネットなどを利用して地域の網戸張り替え業者を探してみるとより情報が入ると思います。今までは考えなかった網戸の張り替えをこの期に考えて見えはどうでしょうか。張り替えは生活環境を保つために必要な作業です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555