大阪市住吉区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市住吉区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市住吉区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市住吉区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

浅香・我孫子・我孫子東・我孫子西・上住吉・遠里小野・苅田・沢之町・清水丘・杉本・墨江・住吉・千躰・大領・帝塚山中・帝塚山東・帝塚山西・殿辻・長居・長居東・長居西・長峡町・庭井・万代・万代東・東粉浜・南住吉・山之内・山之内元町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市住吉区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


大阪市住吉区の住吉大社について

大阪市住吉区では、住吉大社と呼ばれる観光スポットがあります。この神社は大阪市住吉区のみならず、全国の住吉神社の中でも1番の格式を誇っています。なので毎年全国から多くの参拝者が集まって来ます。大阪市住吉区の市民からは、「すみよっさん」と呼ばれています。住吉神社の祭神は、神功皇后を含めて4体います。この4体は「住吉大神」と称されています。住吉大社では、昔から「式年遷宮祭」というイベントがあります。このイベントは、1300年も続いている由緒正しいものです。内容はというと、20年ごとに本殿を新しく建て替えています。式年遷宮祭は大阪市住吉区のイベントの中でも最も重要なものです。住吉大社の祭りは昔からの格式をそのまま引き継いでいるのが特徴です。祭りの一つである住吉祭は、大阪全体を清める意義があります。毎年の初辰日に行われる初辰まいりは、四社にそれぞれお参りするのが義務となっています。参拝者の中には、商売を向上させるために来る人もいます。初辰の日に参拝すれば、神様に守られると伝えられています。他にも全国弓道大会、昭和祭、おいとしぼし社秋季例祭があります。大阪市住吉区には、住吉大社のような有名観光スポットがあるのです。

張替え作業による畳の再生と室内環境の維持

畳は板状の芯材をゴザで覆った構造になっています。そのため、畳の劣化は表層部分のゴザから生じるため、芯材の傷みを防ぐためには早急な張替えが不可欠です。畳の張替えは専門技術が必要なので業者に作業を依頼するのが賢明な対処法ですが、同じ張替え作業でも業者の技術力で仕上がりの良し悪しが大きく変わる点を注意する必要があります。また、畳の張替えを行う際には入念な寸法合わせをが重要になります。畳は部屋の構造や地域によって寸法が異なるので、見た目が同じでも一枚ずつ正確に計測するのが綺麗に張替えを行う条件です。特に防水や紫外線カットなどの加工が施されているゴザは厚手の物が多いので、畳との寸法合わせは厚さを考慮して行うのが普通です。そのため、サイズの大小に関係無く必ず寸法を測ったうえでゴザの裁断を行う必要があります。古い畳は芯材が劣化している可能性があるので、場合によっては張替えではなく新品に交換することになります。畳の交換は費用が高額になりやすいことから、事前の見積もりで内訳を確認したうえで慎重に判断します。畳は吸湿性が高いので室内の環境を一定に保つ効果があります。ゴザの張替えは居住性の良し悪しに関わる事柄なので丁寧な作業が求められます。業者による張替え作業は時間の早さや料金の安さ以外に、畳の質感を改善させることを重視するのが満足出来る仕上がりにするための心得です。

襖の張替えをやってもらいます 体験談

家の襖の張替えについて書こうと思います。襖の張替えは2年前に行いましたが、図柄に飽きてきたので新しく襖を張替えようと思いました。市外に襖の張替えを行う専門店を見つけたので、そのお店に相談に行って襖の張替えを行ってもらうことになりました。そのときにカタログを見せてもらって、襖の張替えに使えそうな図柄を選びます。襖の張替えに使えそうな図柄の1つ目は、扇状の枠に梅と桜と桔梗と紫陽花が描かれた図柄です。青く縁取られた扇の中に四季の花がそれぞれ配置されています。限られたスペースの中で花と枝が青色と墨と白色を使って見事に描かれているのが気に入りました。自分はこの図柄を以前見たことがあり、確か江戸時代の陶工尾形乾山のさび絵染付絵替扇形向付という作品にとても似ていると思います。次に襖の張替えに使えそうな図柄は菊が描かれた図柄です。四隅と中央に菊の花が描かれ、葉っぱは墨を使い、花びらは白色で彩色されています。円く描かれた菊の花はとても可愛らしく思わず触れてみたくなりました。結局この2つの図柄でやってもらうようにお願しました。来月襖の張替えが終わった後に、部屋の印象がどれくらい変わるかとても楽しみですね。

障子の張替えを行う業者それぞれのメリット

便利屋や建具店、リフォーム業者と、障子張替えを請け負う業者は少なくありません。業者それぞれの特徴を理解して、相性のよい業者に依頼したほうがいいでしょう。具体的な特徴として建具店の場合には、プロならではの仕事を見せてもらえることです。障子張替えにおける、プロの技術力の高さ、長年の経験に裏打ちされている手際のよさ、アフターケアの美しさは他の業者にはまねできません。利用するときに業者ごとにポイントが異なるため、料金査定は複数の建具手人にお願いすることといえるでしょう。リフォーム業者に依頼する特徴としては、他の部分のリフォームを行いながら障子張替えが行えることです。障子張替えだけでなく、現在使用している部屋を更に生かす形でプランを話し合いましょう。障子の張替えばかりでなく、トータルでの活用方法をアドバイスしてくれます。便利屋の場合、時間の調整がしやすいことと、ほかの大掃除の依頼もできやすいことです。大掃除を行う時に必要な人員確保として便利ですが、障子張替えのスキルを持つ社員がいるかどうかによって、仕上がりは多少異なります。それぞれ手軽に障子張替えを依頼できるのがメリットとなっており、張替えに最善を尽くす業者が少なくありません。ただし、障子を取り扱った経験のある社員のいる会社は、あらかじめ便利屋に確認しましょう。

網戸張替えで高機能な物を入れるなら

網戸の張替えは材質によって異なるため、どんな材質を使用しているのか確認してから取り替えましょう。平均的なポリプロピレンやポリエチレンの場合、3年から5年程度が目安ですが、ステンレスの場合耐久性が高いため、それよりも多少は長持ちするといわれています。網戸張替えは自分でもできますが、たわんでしまうことや緩んで穴があいてしまうことも少なくありません。建具店に相談して張りかえることで、きれいになるでしょう。昨今では単純な網戸張替えでなく、耐久性や強度の強いものに張り替える家も少なくありません。普段使っている物だからこそ、良質な網戸に張替えることでよりいっそう室内の防犯性や涼しさ、虫が入ってこないようにできるといわれています。また、網戸がついていないかのような美しい景観を楽しめる物に張替えられる可能性もある為、事前に業者へ相談してください。また、ペットが上ってしまって穴を開けることを避けられる、強度の高い物も増えてきました。良質な網戸に張替えることで、家の中を快適にできます。網戸張替えを検討する場合、事前に業者に見本を持ってきてもらうこと、自宅の網戸に張替えとして利用できるのかを具体的に相談してください。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555