大阪市大正区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市大正区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市大正区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市大正区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

泉尾・北恩加島・北村・小林東・小林西・三軒家東・三軒家西・千島・鶴町・平尾・船町・南恩加島




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市大正区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


大阪市大正区の特徴について

大阪市大正区は、面積が9平方キロメートルで人口が約6万人の都市です。隣接する自治体は、大阪市西区と港区、浪速区と西成区、住之江区となっています。区の花はツツジです。大阪市大正区は、大阪市を構成している区の一つです。全体が運河に囲まれた島のような地形となっています。大正区は、大正初期から沖縄の移住者が多く、沖縄料理や沖縄食材を取り扱うお店が多くなっています。現在大阪市の区の中で人口が一番少なくなっています。大正区は、淀川水系と大和川水系によって運ばれた土砂によってできた大阪湾の三角州です。現在では運河によってさらに3つに分かれています。大正区の内部には、人工港湾の大正内港があります。北側にJR西日本と大阪市営地下鉄の大正駅があります。南北の目抜き通りに大正通り、東西に国道43号線が走っているという形状です。大正区内には鉄道がほとんど整備されていません。鉄道駅は大正駅が北側に存在するだけとなっています。したがって公共交通は大阪市営バスが中心です。鶴町地区と大正駅の間は早朝から深夜まで運行頻度が高く、たくさんの本数が確保されています。河川や運河などの水路に恵まれた地域となっているので、公営渡船がたくさん運航しています。

畳の特性とゴザの張替え作業に関する注意点

畳は板状の芯材をイ草で編んだゴザで覆っている構造になっています。そのため、ゴザの傷みを放置すると内部の芯材まで腐食が進んでしまい、丸ごと交換することになります。畳を長く使い続けるためには傷んだゴザの張替え作業を速やかに行うことが大切です。畳の張替えは専門技術が必要なので業者に作業を依頼するのが一般的です。また、畳は部屋の構造や地域によって寸法が異なるので、ゴザの張替えを行う際は一枚ずつ正確に計測を行うのが綺麗に仕上げる条件になります。張替え作業に使うゴザの品質が畳の良し悪しを大きく左右するので、作業を依頼した際は必ず自分でゴザを選ぶように心がけます。また、畳を敷く部屋の使用頻度や環境を考慮して張替え用のゴザを選ぶのが長く使い続けるための条件です。防水や防カビ、紫外線カットなどの加工が施されているゴザは畳の劣化を軽減させる効果がありますが、厚手の物が多いので張替え作業に手間がかかる点を注意します。また、普通のゴザと比べて高額な製品が多いことから張替え作業の前に見積もりを行い、内訳を確認してから判断します。畳の張替えは傷んだゴザを新しく交換する他に室内環境の安定化を図る目的もあります。そのため、張替え用のゴザは慎重に選び、日頃から畳を丁寧に扱って良好な状態を保つことが快適な住み心地にするための心得です。

汚れが付きにくい上質な襖で張替える

和室の中には襖という代表的な建具があります。襖のメリットは、好きな柄で張替えることができるということです。柄が変わるだけでイメージが大きく変わるので柄に飽きたらすぐに張替える方も多くいます。シンプルなものから、モノトーンなどの大胆な柄まで様々あります。張替える時は、専門の職人が在籍する専門店へ依頼することが最も望ましいことです。専門店では、迅速に希望に合った柄で張替えを行います。また専門の技術を持つ職人が、手作業で襖を張替えられるので仕上がりがとても美しいです。古くなると景観が悪くなるばかりではなく、湿ったニオイが立ち込めてきます。湿気や汚れを吸収しやすい襖紙は、変色も起きやすいのが特徴です。古くなってきたと感じたらすぐに張替えを依頼したいものです。新しく襖を張替えられた和室は、景観も整い引き締まりを感じます。ピーンと張った襖は和室を引き立てます。できれば張替え作業は年に1度は行いたいものです。今流行の破れにくく汚れが付きにくい襖は上質な紙でできており、丈夫なので長持ちします。また、汚れたら拭くことができるので汚れも目立ちません。様々な襖紙があるので、住まいに合ったものを選びたいものです。

障子の張替えなら業者に依頼する

和室は多くの住まいにおいて設置されていますが、ここでは歴史や伝統を受け継いだ建具としまして畳を始め障子などを用いています。この障子は和室の中に均一でやわらかな日差しを取入れる事を可能としています。障子は木の枠に和紙を貼り付けていますが、この和紙は温度や湿度の変化に加えて、太陽光を受けて劣化が徐々に進行して行きます。和紙はもろくなり破れが発生してきますので、障子は一定期間が経過しましたら張替えする事がお勧めです。そして障子の張替えの際には現在貼られている和紙を綺麗に取除く事に加えて、張替えする紙の種類を選定する事も必要です。最近は強度を高めた障子としまして和紙にプラスチックの繊維を配合した商品や、プラスチックフィルムの両面に和紙の繊維を付着させた商品が有ります。これらの商品は強度の経年劣化が少なくなっていまして、長い期間にわたり使用を続けて行く事が可能です。そして張替え業者の選定は比較サイトの活用がお勧めでして、ここでは全国各地の張替え業者の営業担当地域や張替え料金の設定、そして障子の張替えまでの納期などを比較出来ます。またこれに加えて障子の張替え業者の口コミ情報も参考にする事がお勧めです。

網戸の張替えが注目されている理由

日本の主要な建築物件の中には、洋風や中華風など様々な様式の住宅がありますが、一番大きな需要がある建築様式が和式の住宅です。和式住宅のメリットは人間が空気を吸うように住宅の木々が呼吸をし、湿度などを自動的に適切な状態に保ってくれるという機能があります。こういった家の呼吸は、窓などの開け閉めをすることによって空気が入れ替わるというメカニズムで実現されています。これらの観点から、網戸が和式の住宅において長い住宅寿命を維持するための欠かせない要素となり、定期的な網戸の張替えが注目されています。長持ちする建物を、網戸の張替えを行うことによって実現することが出来れば、世代間を越えた住宅寿命を達成することも可能です。家が長持ちすればするほど買い替えの費用を浮かすことが出来て、その後の生活がより楽になるため、積極的に網戸の張替えを行っていくことが、とても重要な課題になっています。網戸の張替えが注目されている理由としてはこのような意味がありますが、網戸の張替えに興味を持っている方にとって、どの業者に網戸の張替えを依頼するかが選びどころです。特に網戸の張替えは専門的な分野の技術が必要なため、プロ業者に張替えを依頼することが合理的です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555