大阪市天王寺区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市天王寺区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市天王寺区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市天王寺区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

味原町・味原本町・生玉寺町・生玉前町・生玉町・石ケ辻町・上汐・上之宮町・上本町・餌差町・逢阪・小橋町・勝山・空清町・烏ケ辻・空堀町・北河堀町・北山町・国分町・小宮町・細工谷・真田山町・下寺町・四天王寺・清水谷町・下味原町・城南寺町・真法院町・大道・玉造本町・玉造元町・茶臼山町・寺田町・堂ケ芝・東上町・東高津町・悲田院町・筆ケ崎町・舟橋町・堀越町・松ケ鼻町・南河堀町・夕陽丘町・伶人町・六万体町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。
見積事例1画像


古い歴史をもつ大阪市天王寺区の紹介

天王寺区は大阪市の中央やや南側にあります。大阪市の南側の中心で天王寺駅や阿倍野駅周辺は関西地方を代表する商業地として知られています。地理な特徴は上町台地にあり全体的に住宅地が多く高層ビルや高層マンションや公園や医療機関や教育機関の数も多く交通アクセスのよさ住みやすく教育レベルも高く大阪市有数の文教地区として人気です。隣接するのは阿倍野区と浪速区と西成区と生野区と東成区と中央区です。天王寺区の歴史は古く聖徳太子が四天王寺を築いたことまでさかのぼれ堺と京都を結ぶ交通の要衝として発展し商業地の中心と現在に至ります。歴史的に貴重な寺院や神社の数も多くもみどころ満載の天王寺区ですが、今回は穴場スポットを中心に紹介致します。まず紹介するのは夕陽丘です。大阪市の絶景スポットのひとつで平安時代の歌人の藤原家隆がこの地から大阪湾に沈む夕陽を歌ったことからと言われています。次に紹介するのは茶臼山古墳です。古墳の周囲が天王寺公園になっていて古墳も公園の一部として整備されています。広大な敷地を誇り都会のオアシスとして大阪市天王寺区の方々に親しまれています。大阪府指定の史跡に指定されています。また天王寺公園は園内に大阪市天王寺動物園や大阪市立美術館などがあり、最近は芝生の施設がリニューアルされ天王寺区の方々に親しまれています。

畳の表替えのタイミングと業者

畳は長く使用していると表面のゴザ部分が傷んで変色したり、い草が逆立ってきたりしてしまいます。そんな時に行うと良いのが、表替えと呼ばれる畳のメンテナンス方法のひとつです。フローリングが主流になった昨今では、表替えという言葉すら聞いたことがないという方もいらっしゃると思います。表替えとは、畳の表面のゴザ部分のみを新しいものに張り替えることを言います。畳の表替えは土台の部分は現在使用している畳のものをそのまま継続して使い続けるため、踏みごこちは改善されません。ですが、表替えを行うと、日に焼けて傷んだ畳が新品のように緑が鮮やかな状態に蘇り、い草の爽やかな香りがお部屋いっぱいに広がります。また、畳が本来持つ、お部屋の空気循環の効果も回復するのです。表替えは通常使用年数が6年から8年ほどの畳に行うことが多いですがこれはあくまで目安です。なので、表替えを行うタイミングがわからないという場合は畳屋さんに相談して一度診てもらうのがおすすめです。また、表替えを行う場合、もちろん自分ではできないため畳業者に依頼する事になります。事前にホームページなどをチェックしておくと良いと思います。

和室の襖の張り替えは誰がする

和室が家にあり、その和室に襖がある場合、時間が経過すればいずれ襖の張り替えを行っておいた方が良いでしょう。襖はとても繊細な紙でできています。ですから、場合によってはぶつかって破いてしまうこともあるでしょう。特に小さい子供のいる家庭なら、なおさらその確率は高くなります。また、時間が経過することで、太陽の日差しを浴びる時間もどんどんと長くなっていきます。こうなった時には襖は色が褪せてくるでしょう。こうなった時には襖は張り替えるのがベストです。張り替えせずにずっとそのままにしておいたら、せっかくの和室もイメージが悪くなってしまいます。襖の張り替えを行ってもらうのはプロの職人が良いです。襖や畳や障子の張り替えを専門として行っている業者は多いです。多くの業者が襖張り替えをしてくれるので、複数業者に連絡して張り替えの見積もりを提示してもらいましょう。相見積もりという形になるので、そこで金額を比較検討したうえで理想的な金額を提示してくれたところに張り替え作業を行ってもらいます。さらに、インターネットの口コミで情報を入手して評判の良いところを見つけます。こうすることで良い業者に張り替えしてもらえます。

障子張替えは難易度が高い

家の中の修繕で、網戸の張替えは意外と簡単なものの、障子の張替えについては、失敗した場合、やり直しがきかないため、工作が得意でなかった人は、ハードルが高い作業になります。障子張替えで失敗するときのパターンとしては、過去の失敗経験から最初の糊の量を少なめにつけすぎ、つかないからと言って、あと出たし、ずぶずぶになるというパターンです。そして、気づいたときには障子紙がよれよれになってしまうのです。さらに、この後、修正しようとして、すでに一部がくっついた状態で障子紙をめくり破る、というところまでが失敗のセットでついてくるのです。その時にはすでに部屋はべたべたの惨状になっており、やっぱり障子の張替えなどしないほうがよかった、となるのです。身近に親しい老人がいる場合には、障子の張替えの得意な人がいて、あっという間にやってくれる人がいるかもしれないので、一度声をかけてみてもよいかもしれません。そういった人がいなくても心配する必要はなく、障子の張替えについては、業者が請け負っているので、知り合いの張替え業者に頼むとよいでしょう。知り合いの業者がいない場合でも、障子張替え業者はネット上で探すことも可能なので、チェックしてみるとよいでしょう。

手段で選ぶ網戸の張り替え

網戸はお部屋の換気に欠かせない建具のひとつで、住宅だけでなくさまざまな建物に設置されています。エアコンの使用頻度が高くなる真夏・真冬は使用回数が少なくなりますが、それでも網戸は必須といえるでしょう。一般的な網戸は表面にネットが取り付けられ、張り替えが簡単な構造となっています。材質にもよりますが強い衝撃で破れることがあり、その場合は早急な張り替えが必要です。破れた部分から虫が侵入してしまうため、網戸の役割が十分に果たせなくなってしまいます。襖や障子とは異なってつぎはぎが難しいうえに見た目が悪くなりますので、放置せず張り替えは早めに済ませるべきでしょう。張り替えの手段としては、DIYと依頼のどちらかとなります。DIYの場合はホームセンターで材料を購入し、多くの場合はその日のうちに張り替え可能です。網戸張り替え用セットも販売されていますので、難易度は低めとなっています。ただし、失敗した場合は網戸の買い直しが発生するため、初めての場合は十分に検討するべきです。最も確実な手段は網戸張り替え専門店への依頼で、決められた予算内ですばやく完了します。網戸張り替え専門店の多くは公式サイトを設けているため、まずは対応エリア確認と料金比較を行うと良いでしょう。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555