大阪市鶴見区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪市鶴見区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪市鶴見区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)〜!襖ふすま1400円(税込1540円)〜!




【地域密着】大阪市鶴見区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

今津中・今津南・今津北・鶴見・徳庵・中茶屋・放出東・浜・茨田大宮・緑・諸口・焼野・安田・横堤・緑地公園




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像


大阪市鶴見区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow


河内蓮根と別品餅で有名な大阪市鶴見区

大阪市鶴見区は、大阪市の最東部に位置し、市内2区と府内4市と隣接しています。鶴見区は昭和49年7月に大阪市城東区より分離し誕生します。鶴見区は花と自然が調和した区として知られていて、鶴見緑地は区の象徴となっています。平成27年10月時点で11万1528人の人口を有し、男女の人口比は48対52です。昭和50年以降今日まで人口は増加しており、地区別では榎本地区の人口が最も多いです。1世帯あたりの人員は2.39人と区内で最も多く、出生率も西区に次いで2番目に高いです。鶴見区の15歳以下の人口割合は16.1パーセントで、65歳以上は21.4パーセントです。面積は8.17平方キロメートルを擁し、区内は河川・水路が多く存在しています。鶴見緑地内にある鶴見新山は、大阪市内の山で最も高く、鶴見富士とも呼ばれています。東部を中心に農業が行われていて、河内蓮根は大阪市の伝統野菜の1つです。鶴見区は、平成2年に国際花と緑の博覧会が開催され、博覧会史上最多の来場者数を誇っています。鶴見音頭は鶴見区の歌として制定されていて、盆踊り大会などのイベントで使用されています。別品餅は区の名産品で、江戸時代末期より生産が続けられているほどです。

専門業者で畳の張替えを行う

多くの住まいでは和室を備えていますが、ここでは障子を始めとしまして畳などの各種建具が使用されています。何れも長い歴史や伝統を受け継いだ高い機能を備えたもので、例えば畳は材料にい草を使用していますが、これは湿度の吸収や排出を行う機能を有しています。ですので畳の上に布団を敷いて睡眠を取る事が可能です。また畳はクッション性も備えていますので、足音や物を落下させるなどの生活音を抑える事が出来ます。この様な高機能な畳ですが、直射日光を浴びますと変色が発生する事に加えて、同じ部分を繰り返し使用しますと表面が摩耗するなどして破れるケースが有ります。そこで一定期間が経過しましたら張替えする事がお勧めです。この張替えに際しては、新品の畳を製造する建具店や張替えのみを専門で行う業者から選定出来ます。張替え業者は全国各地に有りますので、多くの張替え業者の中から選定する際には人気ランキングサイトの活用がお勧めです。ここでは多くの張替え業者の中から、希望条件に合致する候補をスピーディーに検索して絞り込めます。また実際に畳の張替え業者を利用された方の口コミ情報なども参考にする事がお勧めです。これに加えて畳の張替え料金がお得である事も大切です。

気分を変えたいときに襖張替え

和室に欠かすことができない襖は、使い勝手がよく便利です。布団などを収納する押し入れの戸や一部屋を襖で仕切ることで2部屋になる、取り外すことで部屋を広く見せるなど非常に便利です。簡単に取り外すことができるからこそです。その他にも自然の作用があり、湿度の調節機能です。湿度が高い時は湿気を吸収し、低い時には水分を放出してくれます。また、空気中の有害物質を吸着してくれ清浄化作用があります。ただ襖は、定期的に張替えをする必要があります。一つの例としては、気分を変えたいときです。お盆やお正月に親戚が集まるから、畳や障子、襖を張替えして新しい気持ちで新年を迎えたいなど気分をリフレッシュさせることができます。襖は、柄を自由に選べますのでお好みの柄を選ぶことができます。それから、張替えは襖の状態によっても定期的に張替えが必要になってきます。湿気を吸収してくれる作用がありますが、たくさん吸収すると次第にたるんできます。湿気を吸収してくれることはいいのですが、ずっとそのままだと傷んでしまう原因ともなります。換気をすれば長持ちしますが部屋を閉め切っているとカビが発生してしまいますので、そうなったら張替えをする時期といえます。また、長く使っている襖は次第に変色してきます。変色が気になるようなら張替えです。襖張替えは、専門店に張替えをお願いすることです。

障子の張替え業者を探すには 体験談

最近では、純和風建築を見かけることは少なくなり、昔からの農家の家に行かなければ、障子などを見ることは難しくなっています。先日、古民家を格安で譲り受けることになり、一時的に家族で生活することになりました。しかし、長年、管理していないこともあり、大掃除から始まり、障子の張替えも必要になりました。障子の張替えをしたことのあるものがいないため、どのようにやったらよいか、わかりませんでした。見よう見まねで倉庫に合った障子用とみられる紙で張替え作業に挑戦してみたものの、とてもきれいとは言えない状態になりました。しょうがないので、業者にお願いすることとし、子どもたちの遊び道具にしてやりました。多くの枚数の障子の張替えが必要であり、もっていくわけにもいかないため、出張張替えを前提として、ネット上を探すことにしました。障子の張替え業者は、よほどの山奥でない限りは対応してくれるようで、一枚いくらという見積りを確認しました。価格はどこも似たようなものでしたが、親切な対応をしてくれた業者に依頼することにしました。障子の張替え業者が行ったものを見ると、実にきれいに張替えられており、次からは最初から障子張替え業者に連絡することにしました。

網戸張替えは早めにしよう

網戸が必要になる時期を想像してみると、たいていの人は、7月、8月というイメージを持っているものです。確かに、この時期は多くの種類の虫が発生しがちであり、間違ってはいません。しかし、実際に虫が活動を始めているのは、5月の中旬あたりが多く、このころには、網戸を完全な状態にしておく必要があります。破れている場合には、早めに張替え、対処しておくことです。特に、蚊、カゲロウの仲間など、水辺に家がある場合には、張替えを急いだほうがよいです。網戸の張替えについては、網戸張替え業者に頼めば、張替えのための見積りを出してくれます。近辺で業者をさがす場合には、地方紙の広告欄なども有効ですが、今では、インターネットを利用すると便利です。位置情報から近くの網戸張替え業者を優先的に紹介してくれるので、近場の張替え業者の中から、一番良い条件を提示してくれる業者を選ぶとよいでしょう。網戸の張替えをする際には、現在と同じ網戸を選ぶ方法と、より細かいものや目の大きな網戸を選ぶという選択肢もあります、現状、発生している虫の大きさや、風の通り抜け状況から最適な網戸にすることで、より快適に生活することができるようになります。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555