堺市東区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

堺市東区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

堺市東区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】堺市東区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

日置荘原寺町 菩提町 引野町 西野 日置荘北町 野尻町 草尾 関茶屋 日置荘田中町 大美野 南野田 石原町 日置荘西町 白鷺町 中茶屋 八下町 高松 北野田 丈六




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像

大阪府堺市東区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




閑静な住宅地が魅力の堺市東区の紹介

堺市東区は大阪府堺市の東側にあります。堺市東区と隣接するのは北区と美原区と中区と大阪狭山市です。堺市東区の土地は平坦でなだらかな丘陵地が多く住宅地や田畑が多く灌漑用のため池もあります。堺市東区はもともと田園地帯で農業が盛んで、近年は住宅開発が盛んになり閑静な田園や豊かな自然が残された住宅地として人気が高くベッドタウンとして発展します。堺市東区は隣接する美原区と同じく旧河内国に含まれ河内文化の面影が残されていましは。次に堺市東区の観光名所やおすすめスポットを紹介致します。まず紹介する堺市東区のおすすめスポットは白鷺公園です。広大な敷地を誇り多くの市民が訪れ週末には家族連れが多く訪れます。周辺に白鷺野球場があります。次に紹介する堺市東区のおすすめスポットは出雲大社大阪分祠です。修験道として古来より知られていて春秋の例大祭の翌日には多くの山伏が参加します。観光客も多く訪れ賑わいます。次に紹介するのは萩原神社です。菅原道真や天穂日命が祀られ参拝客が多く訪れます。堺市東区で魅力のひとつが田園地帯があります。のどかな田園風景はフォトスポットとして人気があり、夕暮れ時などは多くのプロ、アマチュアのカメラマンが訪れます。

張替えで復活する畳の香り

新築当時はイ草の良い香りがする畳ですが、年数が経つと次第に香りは薄れ、見た目も変わります。毎日移動を繰り返すと、畳表面はボロボロになり凹凸も発生します。そうなると座ったり通過したりする時に、足裏にイ草が刺さるようになります。この状態を放置すると本体の劣化につながるため、何らかの対策を講じる必要があります。そこで行うと良いのが、畳の専門業者による張替えです。高度な知識と豊富な経験を持つ職人が作業を担当するため、新築同様の仕上がりとなります。畳の張替えを行えば、本体はもちろん見た目も機能もアップするため、室内は快適になります。高温多湿の日本では湿気も悩みの一つです。張替えによって機能が上がれば、空気中の湿気は吸い取られ不快な思いをせずに済みます。畳の張替えは施工面積や作業内容、枚数や素材、オプションによって価格は異なります。また張替えには、ダニやカビを防止できる和紙の畳もあるため、求める効果に応じて選ぶことができます。張替え作業は数日から数週間かかるため、時間に余裕を持って行うと良いです。納品時は自宅へ張替えた畳を運搬し、調整をしながらピッタリ合うよう設置します。畳の専門業者は、トータルでサポートするため、張替え後にトラブルが起きた場合も安心です。

襖を張替える祖父について  体験談

自宅には、物置があります。物置には使わなくなった物や、使用頻度が少ないものを特に入れています。しかし物置には、日常生活に必要となるものや意外と貴重なものが入っていたりします。ですので、定期的に物置を清掃していました。ある時に、物置を掃除しているときに襖を見つけました。なかなかのデザインのもので、かなり良いものだと思いました。この襖は、祖父が使っていたもので譲り受けたものでした。そこで、襖を取り付けてみようと思い取り出してみると、破れていました。ですので、使うことができないと思い残念でした。祖父にことを言ってみると祖父が襖の張替えをしてくれると言うことでした。以前祖父が使っていた時は、自分で破れたときに襖を張替えていたそうです。ですので、早速張替えを依頼しました。祖父はまるで襖張替えの職人かのように、素早い手つきで襖を張替え出しました。すると、あっという間に襖の張替え終わりました。本当に職人なのではないかと言う疑いもあるほど、短時間できれいに張替えてくれました。祖父が張替えてくれたその襖は、今でも使っています。これからも破れないように祖父が張替えた襖を大切に扱っていきたいと考えています。

障子だけでなく張替えや補修は多様性を

障子張替えに、新たな可能性を見出している人々がいます。和紙ではなく布を貼り付けて強度を増すだけでなく、貼り付けた布でおしゃれな室内を楽しむ人々です。1種類の布だけでなく、複数種類の布に張替えることで、伝統的な障子を和モダンや洋風に見せています。伝統的な素材を生かし、更にオリジナリティのある素材に仕上げることを実行している人が少なくありません。また、オリジナル要素として一部に手漉きの和紙を貼り付け、高級感や雰囲気の変化を楽しむ人もいます。いつも同じ障子紙を張替える野はマンネリと感じた人にとって、低価格に楽しめるプチリフォームとして人気です。特に障子紙単体だけで無地のままでは、部屋が寂しいと感じる人に、布や手漉きの和紙へ張替え流刑工があるといいます。一部穴が開いてしまった部分の補修としても利用できるため、全体的に障子の張替えを行うほどではないけれど、穴や動物の爪あとが目立つ場合、一部障子を別の紙に張替えておしゃれな補修も可能です。紙の種類は多種多様な選択肢があるといいますが、できたら剥がしやすい和紙や布のほうがいいでしょう。気分を一新させたら、元の障子に張替える事も考えて置くべきだからです。障子をきれいに張替える前に、補修方法として試してください。

網戸の張替えは、定期的が理想です

日本の風土や気候に対応している網戸は、どこの家にもあり大切な役割を担っています。風通しをよくしてくれて、窓を開けても蚊などの虫の侵入を防いでくれます。玄関に網戸を取り付けて、風通しをよくしているのを見かけます。そのために最近は、窓だけでなく様々な場所に取り付けられる網戸が開発されていて、出入りなどがスムーズに出来るアコーディオンタイプなどが開発されています。また、網戸は外から室内が見えにくいようにする効果もあり、室内から外は見やすく、外から室内が見えにくい網戸が最近は主流になっています。常時、直射日光や雨風にさらされていて、傷みも激しいですし、出入りの際にちょっと引っ掛けたりしてほころんできますので、網戸も定期的な張替えが必要です。慣れれば誰にでも簡単に行えますので、簡単に張替え手順を説明します。押さえゴムを引っ張るようにして外しますと、簡単に古い網を除去出来ます。それから少し大きめにカットして、網戸の四方を簡単にグリップで留めますと張替え作業が簡単です。その後に、再び押さえゴムを押し込んで固定していきます。張替えのポイントは、網を外側に引っ張りながら押さえゴムを押し込んでいきますと、ピンと網が張りつめた状態になり、上手く網戸の張替えを行なう事が出来ます。張替え作業は張替え業者に依頼しなくても、一人でも簡単に行えますので、一度網戸の張替えにチャレンジして欲しいです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555