堺市北区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

堺市北区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

堺市北区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】堺市北区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

奥本町・金岡町・北長尾町・北花田町・蔵前町・黒土町・東雲東町・新金岡町・新堀町・船堂町・常磐町・長曽根町・中長尾町・中村町・中百舌鳥町・野遠町・東浅香山町・東上野芝町2丁・東三国ヶ丘町・大豆塚町・南長尾町・南花田町・宮本町・百舌鳥赤畑町・百舌鳥梅北町・百舌鳥梅町・百舌鳥西之町・百舌鳥陵南町・百舌鳥本町・八下北




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像

大阪府堺市北区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




堺市北区の特色と観光スポット

堺市北区は、堺市の北東に位置するエリアです。堺市北区の人口は、約15万8千人あります。堺市の行政区の中では最も人口が多い区です。また、大阪市のベッドタウンとしても活用されているため人口が現在も大きく増加していることも特徴です。 堺市北区で中心となっている駅はJR阪和線の堺市駅です。わずかにJRの路線は堺市北区の区域からは外れていますが、問題なく利用できる距離にあります。地下鉄御堂筋線の路線が北区の南北を縦断して通っているので、アクセスについては問題はありません。 堺市北区は、新金岡ニュータウンの完成や交通アクセスの向上により宅地開発が進んでいき、マンションなども多く建てられています。ただ、堺市北区の一部には農地が残っているところもあり、農業用の溜め池も一部にあります。 北区内には買い物ができるスーパーなどが地下鉄の駅周辺や堺市駅などに多いことから、活気のあるエリアの一つといえます。 堺市北区の観光スポットとしては、百舌鳥八幡宮が知られています。百舌鳥八幡宮の境内には、樹齢800年ある楠があります。大阪市の天然記念物に指定されており、見る目を楽しませてくれます。堺市北区の東側には御廟山古墳があります。

畳の張替えをお願いした体験

子供が小学生になったため、町内会の役員に立候補することにしました。子供たちが参加する行事を少しでも良くしようと思って、子供たちが加わる行事の関係に携われる役員になりました。そんな中、地域で毎年行われている子供会の開催が近づいてきました。そこで今年は、地域の公民館を使用することになりました。早速使用予定の会場を見に行ってみると、環境はとても悪かったです。特に、畳がボロボロだったのでどうしようかと皆で話し合いました。すると、子供会の会費等から少しずつ寄せ集めて畳を全て張替えると言うことになりました。畳を張替えると言うことを知った町内会の方々も、資金を提供してくださったので比較的スムーズに畳を張替えることができそうになりました。早速、地域の畳張替え業者さんに連絡をしたところ、子供たちの為ならと言うことでさらに安価な価格で畳を張替えてくださいました。張替え業者さんの素早い効果によって、子供会の開催までに畳を全て張替えることができたので一安心しました。畳は定期的に張替えない、ボロボロになると言う事だったので、今後は積立金等を利用して定期的に張替えていこうと考えています。子供たちの役に立ててよかったです。

自分で実行する襖を剥がして張替える方法

古い襖を張替えるとき、事前に古い紙を剥がしてしまう必要があります。基本的にはきれいに貼り付けるために、いままでのものを剥がしたほうがいいでしょう。専用の剥がし剤がホームセンターで販売されていますが、できたら節約してはがしたい場合、界面活性剤の入っている洗剤をバケツの水で薄めて使用すれば代用になるといわれています。やり方としては古い襖を表に出し、取っ手の金属部分を取り除きましょう。釘で取っ手の内側から止められていることが多いので、そっと抜いてください。釘ととっては張替え後に再び取り付けることになるので、必ずとっておいてください。また、襖周辺に枠があるタイプの場合、枠を外すことも大切です。その後、雑巾やスポンジを使い、古い襖紙全てに満遍なくバケツで薄めた界面活性剤をしみこませましょう。界面活性剤が入っている為、紙がはがれやすくなるからです。5分ほど放置してからしっかり剥がしきる事が必要ですが、落としきれない部分は再び水をつけると落とせるでしょう。落としきったら襖を乾燥させ、新しく張替え用の紙を用意してください。張替え用の紙をアイロンや糊で貼り付け、枠と取っ手をつけてから張替えは完成です。動画サイトで襖の張替えを紹介していることが多いので、参考にして実行しましょう。なお、張替えの時、襖紙を直接貼るのではなく、下地として別の紙を貼ったほうが、張替え後の襖が美しく見えます。

障子の張替え作業を自分で行う際の注意点

和室の建具として多用されている障子は日差しを室内に入れることが出来る採光性が大きな特徴です。室内を明るく保つ効果があるのが障子の利点ですが、その一方で障子紙が日焼けで変色しやすく、わずかな刺激で破れてしまう欠点もあります。障子の見栄えが良い状態を保つためには定期的な張替え作業が不可欠ですが、業者への依頼は費用が嵩んでしまいます。そのため、小規模な張替え作業は自分で行うのが支出を低く抑えるための工夫です。障子の張替え作業はシワやすき間の無い綺麗な仕上がりにするのが重要です。張替えの際には寸法合わせを正確に行い、糊付けも手際良く行うことを心がけます。また、障子の木枠に汚れが残っていると張替え作業の後で紙に凹凸が生じてしまい、シワや気泡が出来てしまいます。張替えを行う前にやすり掛けで木枠の表面を滑らかに削っておくことで作業をスムーズに進めることが可能です。張替え作業に使う交換用の障子紙は部屋の使用頻度や環境に合わせて選ぶのが長持ちさせるための心得です。一般的に薄い紙は採光性が高いので部屋を明るくするのに適していますが、破れやすい欠点もあります。障子が置かれている場所や室内の雰囲気を考慮して紙を選ぶのが張替え作業を適切に行う条件です。

破れた網戸を張替えしよう

蚊などの虫の侵入を防ぎ、風を通すためには、網戸はなくてはならない大切なアイテムです。快適に生活するためには、本格的な夏が到来する前に、網戸が破れていないかチェックが必要です。もし破れていたら、網戸の役割を果たせなくなるため、早めの張替えが必要になります。網戸の張替えは、業者に依頼する方法と、自分で行う方法があります。網戸の張替えを行なっている業者はとても沢山あり、価格も業者によって異なっています。網戸のサイズにもよりますが、1枚大体2千円から3千円ほどで、張替えを依頼する事ができます。網戸の張替えを行なった事がなく自信がない方や、忙しい方は、業者に依頼するのがおすすめです。価格やサービスを比較すると、安くて安心できる業者に依頼する事ができます。また、少しでも費用を抑えたい方や、手先が器用な方であれば、自分で張替えも可能です。網戸の張替え方法は、インターネットで調べるか、ホームセンターで教えてもらう事もできます。最近では、網戸張替えに必要なグッズが、まとめて販売されているため、必要な材料を簡単にそろえる事ができます。最初は上手にできなくても、何度かチャレンジすれば綺麗に張替えできるようになります。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555