堺市中区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

堺市中区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

堺市中区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】堺市中区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

学園町・毛穴町・八田寺町・堀上町・八田北町・八田南之町・八田西町・深井北町・深井中町・深井東町・深井清水町・深井水池町・深井沢町・深井畑山町・土塔町・土師町・大野芝町・新家町・楢葉・小阪・東八田・平井・伏尾・東山・陶器北・見野山・上之・福田・田園・辻之・深阪・宮園・小阪西町・高蔵寺




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像

大阪府堺市中区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




堺市中区の特色とみどころ

堺市中区は、政令指定都市である堺市のうち中央部分にある行政区です。堺市中区の人口は、約12万人です。堺市全体の人口が約83万人ですので、約14%の人々が堺市中区に住んでいることになります。 堺市中区の地形は、全域が大阪平野の中にあることから平坦な地形をしています。堺市中区の北部には市街地が広がっています。南部は、住宅地も多いですが一部は農地にもなっており、農業で使用するため池も数多くあります。 堺市中区は宅地化については進んでおりかなり活気がある街並みであることが特色です。 堺市中区は交通の要所となっています。中心として活用される駅は、泉北高速鉄道泉北高速鉄道線の深井駅です。堺市の中心部や大阪市などへアクセスすることは簡単にできます。バス路線は基本的に市域のほとんどをカバーしているため、アクセスに苦労することはないでしょう。 高速道路については、阪和自動車道のインターチェンジがあることから往来がとても多いです。 堺市中区の観光名所としては、原池公園などがあります。原池公園は区民の憩いの場や散歩目的で活用されています。スケートボードの施設については有数の規模を誇っており、愛好者の間では広く知られています。

畳表替えで耐久性を向上

畳表替えを実施する事によって、畳の耐久性を著しく向上させる事もできます。特に小さい子供やペットがいる家庭は、想像以上にボロボロになってしまうケースも少なくありません。そこで畳表替えを実施すれば、耐久性を向上させる事ができ、小さい子供やペットがいたずらしても損傷を最小限に抑える事ができます。畳表替えをする事で、著しく耐久性を向上させる事ができるケースも少なくありません。それほどまでに製造技術が進化しており、長い間素晴らしい状態を維持する事ができるように工夫されています。また近年は多くの畳表替え業者で対応しているので、リーズナブルな金額で依頼できるケースも増えてきています。ただし畳表替えを行っている業者によって、どのくらいのお金を支払わないといけないのか違ってきます。気になる方は事前に畳表替えに支払わないといけない費用を確認しておけば、安心して利用する事ができます。畳表替えならば少ない費用で依頼できる事が多いです。それに加えて、耐久性も向上させる事ができるので素晴らしい方法になっています。このように畳表替えを行う事によって、耐久性を著しく向上させられるケースも多いので、一つの方法になっています。

襖の張り替えの費用や方法

破れたり汚れたりした襖は張り替えをすることできれいになります。専門店に依頼すると早ければ1日で作業が完了することがあります。作業の日時の確認や、襖紙の種類を決めれば、当日は家からの運び出しもしてくれるので簡単です。お店によっては引き手を無料で交換してくれるところもあります。同時に縁の交換もすれば新品の襖のようになります。微調整もしてくれるなど、メリットがあります。専門店での張り替えの費用は、使用する襖紙の種類によって変わります。和紙や織物の種類や、装飾、印刷によって価格が変わるのです。費用をかけないようにするには自分で張り替えを行う方法があります。初めに道具を揃えなければなりませんが、ホームセンターなどにセットで販売されています。張り替えの前に、襖の種類を確認しておきます。段ボールでできた襖の場合は、反ってしまうため張り替えはできません。発泡材の下地はアイロンを使用すると溶けてしまうため張り替えには注意が必要です。どの張り替え方法が良いのかを良く検討します。糊を使用した方法や、アイロン、シールタイプの襖紙があります。襖の枚数が多いときは、客間など人の目に触れる場所の張り替えは専門店に依頼するというやり方もあります。

障子の張替えはネットで業者探し

障子の張替えを自分で行うことができる人は問題ありませんが、こういった作業は何をやっても上手にきれいにできたことがないという人は、自分でしないほうがよい作業の一つです。時間ばかりかかった挙句、不細工な障子を見続けなければならないことを考えると、ストレスはその時だけにとどめるためにも張替え業者に依頼するほうがよいのです。しかし、最近では障子張替え業者を街で見かけることもなくなりました。畳張替えについては、個人店でまだ営業しているところを見かけることがあり、障子張替えも行っているところもありますが、兼業のため、思った時間にはできないという状態でした。そのため、すぐに障子を張替えてほしい場合には、いつでも対応可能な業者をネット上で見つけるという方法があります。初めてのため、価格がわからない、という不安を感じるかもしれませんが、たいていは障子張替え業者は、トップページに価格を掲載しています。障子一枚当たりの張替え価格が決まっている場合が多いので、簡単に計算することができます。当然のことながら、障子の紙の種類やデザインによって価格が変わるので、事前に確認しておけば、安心して依頼することができます。

網戸の張り替えに関して

暑くなる季節を前にして、網戸の張り替えを検討されている方やご家庭がありましたら、是非一度網戸の張り替えに関して検索してましょう。今では多くの動画が、インターネットを通じて紹介されています。このような動画から、多くの網戸の張り替えに関する情報を得られるはずです。網戸の張り替えに用いるローラーなどの道具選びについても選択しやすいようにと心配りがされていますので、一度覗かれてみることをお勧めします。網戸の張り替え時期はおおよそ、2年をめどに行うと良いとされています。このメンテナンスを行うことで、虫の侵入を防ぐ事も可能となりますので、夏のような暑い時期を前に一度、網戸を張り替えてみてはいかがでしょうか。網戸を張り替える際に用意する網戸の種類にも様々なものが存在していますので、ぜひお気に入りのものを見つけ張り替えを行ってみてください。種類の中には、視界をよりクリアにできるものなども揃えられており、このようなものへチェンジする事で、今までの感覚を超えた喜びも実感できるでしょう。晴れた日の日曜大工としても楽しめる方法でもありますので、気軽に取り組んでもらいたく、網戸の張り替えに関してご紹介しました。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555