堺市西区 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

堺市西区内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

堺市西区内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】堺市西区内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

石津西町・上野芝町・上野芝向ケ丘町・家原寺町・鳳北町・鳳中町・鳳西町・鳳東町・鳳南町・上・草部・神野町・小代・下田町・太平寺・ 築港新町・築港浜寺町・築港浜寺西町・津久野町・鶴田町・浜寺石津町中・浜寺石津町西・浜寺石津町東・浜寺公園町・ 浜寺昭和町・浜寺諏訪森町中・浜寺諏訪森町西・浜寺諏訪森町東・浜寺船尾町西・浜寺船尾町東・浜寺南町・浜寺元町・原田・八田寺町・菱木・平岡町・北条町・堀上緑町・宮下町・山田




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像

大阪府堺市西区 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府堺市西区について

堺市西区は、堺市を構成している7つある区の中の一つです。堺市の西部に位置しています。堺市西区は、石津川が南から北方向へ流れています。そして、大阪湾に面しています。大阪湾岸線に沿って紀州街道、小倉街道が走っています。土地の起伏が緩やかで低地が広がっています。堺市西区は、堺市堺区、中区、南区、北区、和泉市、高石市に隣接しています。区の面積は、28.62平方キロメールとなっています。堺市西区の人口は、2017年4月時点で136256人になっています。堺市西区は、2006年に堺市が政令指定都市に移行した時に誕生しました。堺市の西にあるため西区となりました。堺市西区の産業は、大阪湾沿いに工業地帯が広がり、中区とともに、堺市の経済を支えています。工場の割合が高い地域です。現在、新エネルギーの開発拠点にもなっています。また、区内の内陸部は農地が広がっています。堺市西区内は、JR阪和線、南海鉄道南海本線、阪堺電気軌道阪堺線が走っています。区の中心は、JR鳳駅となっています。駅前には商業施設などあり、多くの人が訪れ、活気に満ちています。堺市西区の名所は、大鳥大社、家原寺、石津古戦場、浜寺公園などがあります。

畳の張替えをしてい草の香りを堪能

畳の香りってこんなに良い香りがするんだなと張替えをして改めて感じました。こんなに良い匂いがすると思っていなかったので少し感動しました。自分が畳の張替えをしたいなと思ったのは、ネットの口コミを見て思いました。ネットの口コミの一つに畳の張替えをしたら、アレルギー症状が軽減したという口コミを見たんです。自分もホコリや食物類、日光など色々な物にアレルギー反応を起こしてしまうので、凄く悩んでいました。寝ている時も少し息苦しくなる事があったので、何かのアレルギーかなと思っていたんです。寝ている時の息苦しさを少しでも軽減する事が出来れば良いかなと思い、畳の張替えを依頼しました。自分が住んでいる地域に畳専門の業者は存在しなかったので、リフォーム業者に問い合わせをしました。すると畳の張替えをしてくれると言うので依頼をしました。畳の張替え作業は工場に持っていって張替えをする形だったので、一時期的に畳が無い状態の部屋になりました。すると凄く汚れが溜まっている事に気付いたんです。畳が返ってくるのが夕方だったので、それまで一生懸命掃除をしました。ちょうど掃除が終わった頃に畳が張替えされた状態で戻ってきました。見違えるように綺麗になって戻ってきたので凄く嬉しかったです。

家族で襖の張替えは良い思い出に 体験談

家の仕事は、みんなで分担すれば苦にならないものの、一人でしょい込むとどうしても雰囲気も悪くなります。積極的に参画することが大事ですが、親しいからこそ、手伝うという声掛けが難しいという面もあります。そういった時には、手伝わざるを得ない作業をするという方法があります。襖の張替え作業などはまさにそれであり、一人で行うのは難しいのです。最近では、襖の張替えは、さまざまな張替え方法があります。切手のように水にぬらすことで粘着力が生まれる襖、シールのように台紙をめくって貼りつける襖などに加え、アイロンの熱で密着させ得るというものもあります。しかし、これらの襖張替えを行うときには、まっすぐに伸ばして枠に貼りつけるという作業が発生します。この襖張替えの最も大事な作業は一人ではうまくすることが難しいのです。だからこそ、襖の張替え作業は、協力なしではできないわけです。特に水で濡らして貼りつけるタイプの場合、否が応でもよれてくるため、捲れたり、よれたりしないように声をかけあって張替え作業をする必要があります。失敗は許されない一回勝負ということも、集中力が必要になります。その代わり、しっかりと襖張替えを終えることが出来れば、協力したとき特有の深い達成感を得ることもできます。

障子の張替えで注意するポイントは

日本家屋を初めて見た外国人は木造や紙などを使った家づくりに驚きます。そして実際に住んでみて、その機能性の高さにさらに驚かされることになります。その一つが障子で、これは日本古来の建具の一つです。障子は汚れや破れがあれば張替えることにより新品同様になります。また張替えたあとの障子は光を通しやすくなり部屋を明るくします。強い日差しもさえぎり、柔らかい光だけを通すのです。障子は目隠し効果もあり、外から中の様子を見ることはできません。また吸湿性にも優れ、部屋の湿気を吸い込み消臭効果もあります。外国の人はこれらの様々な機能が障子にあることを知り、日本家屋を改めて見直すことも多いのです。また障子の張替えも外国の人には興味深い作業です。障子の機能を保つには変色など経年劣化したものはすぐに張替えることが大切です。張替える場合は古い障子紙とノリを取り除かなくてはなりません。特に古いノリをキレイに除去するのは手間がかかります。最近はホームセンターなどで障子紙をはがす薬剤なども販売されています。これを使えば比較的簡単にノリを取り去ることができます。古いノリが残ったまま張替えると黄色いシミになってしまいます。これではせっかく障子を張替えても見た目が悪くなってしまいます。ノリを取り除いたあとは木の枠をきちんと乾かすことも張替えには大切です。

網戸の張替えで注意したいこととは

最近の網戸は品質も向上し丈夫で長持ちしますが、やはり経年劣化は免れられません。網目がよれたり破れたりしたら張替えが必要です。張替えせずそのままにしておけば更に状態がひどくなります。網戸の破れから害虫やホコリが入り込んで健康被害を及ぼすこともあります。網戸の穴などにシールを貼る場合もあります。しかし何箇所も貼ると見た目も悪くなります。張替えは自宅で簡単に行えるので早めにすることをおすすめします。ホームセンターなどでは網戸の張替え用品をセットにして販売しているところもあります。セットには網戸の張替え手順を説明したDVDなどもついていることもあります。この手順を見ながら張替えれば簡単です。またインターネットで網戸の張替え手順を調べることもできます。網戸の種類は豊富で網目のサイズも様々です。害虫やホコリの侵入をシャットアウトしたいならより細かな網目を選ぶこともできます。また風通しを良くしたいなら大きめの網目をおすすめします。最近の網戸は外からは部屋の様子が見えないようになっています。反対に部屋の中からは外の様子がよくわかります。防犯対策にも優れているのです。またペットが引っ掻いても破れにくい素材の網戸もあります。張替えるときには自宅に最も適したタイプの網戸を選ぶことが大切です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555