大阪府四条畷市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府四条畷市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府四条畷市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府四条畷市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

江瀬美町 逢阪 岡山 岡山東 上田原 雁屋北町 雁屋西町 雁屋南町 北出町 清瀧 清滝新町 清滝中町 米崎町 さつきヶ丘 蔀屋 蔀屋新町 蔀屋本町 下田原 砂 田原台 塚脇町 中野 中野新町 中野本町 楠公 二丁通町 美田町 南野 緑風台




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府四条畷市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




都市と自然が融合した町、四條畷市

大阪府四條畷市は、北河内地区に位置しています。関東地区や北日本の人には馴染みのない地域ですが、山好きの人には、生駒山地の地元として有名です。四條畷市の3分の2は生駒山地の山麓に属しています。更に四條畷市には、有名な金剛生駒紀泉国定公園があります。四条畷市は、生駒山地を隔てて、奈良県生駒市に隣接しています。そのため、四條畷市を奈良県と勘違いしている人も多いといいます。四條畷市は、戦後の開発が著しく、鉄道の駅の新設など、都市化の波に乗ることもできました。そのため、四條畷市の人口は少しづつ増える傾向にあります。現在の四條畷市は、1961年に田原村と合併することで出来た地域です。そのため、旧市の地域を四條畷地区、旧田原村の地域を田原地区と呼んでいます。田原地区は現在、関西学術研究都市に指定されています。その指定を受けて、更なる開発が進み、田原大などの新興住宅地も作られました。四條畷市は、府内の大東市との合併も議論されています。しかし、住民の地元志向も強く、具体的な話し合いには至っていません。四條畷市は、四條畷独自の発展を望む声も大きいのです。都市と自然が融合した地域として、今後も発展が続きそうです。

畳は寿命以上に使う事ができます

自分の使い方によっては畳は平均よりも長い期間使う事ができる場合があります。畳は通常7年程度で寿命が来ると言われています。そのため7年以上使用をする事は難しいと判断をしてしまう場合もありますが、寿命以上に使用をする事ができると言う部分も頭の中に入れておくようにしましょう。長い方では10年以上も同じ畳を使用している場合もあります。交換をする費用が無いだけの方もいますし、まだまだ使う事ができるだろうと自分で判断をして10年以上使っている方もいますが、清潔な状態で使っている方は少なくありません。賃貸物件の場合はあまり気にしなくても良い部分になりますが、持ち家の場合は少しでも長く使う事ができるように様々な工夫をするようにしましょう。自分で取り外す事ができるので、数ヵ月に1回は両面を乾燥させるなど少しの行動で10年以上同じ畳を使う事ができるようになります。自分で考えた工夫だと間違えた方法になってしまう場合もあるので、情報を収集して正しいやり方で畳を清潔な状態にしましょう。今現在はインターネットが普及をしているので、畳を長持ちさせる方法を調べるのは難しい事ではありません。正しい方法で長持ちをさせるようにしましょう。

襖についてのちょっとした豆知識

襖に関しては様々な利用用途があり、主な使用方法は部屋の区切りに用いられるのが一般的です。自由自在に移動させることが出来るため、部屋の間取りを目的に合わせて、その広さを変えることが出来るというメリットがあります。その他にも装飾としての一面も持ち、きらびやかな和風空間を表現するのにも用いられます。実用的な側面と美術品としての価値観を持つ襖ですが、それ以外にも生活に役立つ機能が多数存在します。区切りや装飾としての用途だけでなく、襖には室内の湿度のバランスを調整する役割があり、適度な湿度に室内を調整して快適な生活を実現し、押し入れの収納物の保存状態を良好に保つことが可能です。複数の層からなる構造になっているため、温度の調整機能を有しているポイントも大きな要素です。襖は和紙と木材によってできているため、木の家と同じように呼吸をしていて浄化作用を発揮することから、空気清浄による健康的な生活ができます。定期的に日干しなどをすることによってカビの繁殖を防ぎ、保温機能と湿度調整機能を維持することが出来るため、定期的な襖のメンテナンスは重要です。その他のメンテナンスとして、表の和紙の張替えを行うことも襖を長持ちさせる秘訣です。

障子の詳しい構造名称

障子は障子紙と木製の枠から出来ている、それくらいは皆さん知っていますよね。ではその木製の枠の、各部位の名前は知っているでしょうか。たぶんほとんどの人は、わからないと思います。そもそも知っている必要などないかもしれません。でも知っていて損はないです。人に豆知識として教える事も出来ますし、なにより障子に詳しくなれば、自宅の障子にも愛着がわいてお手入れに気合が入るというものです。障子の木枠は格子戸になっていますが、その外側の四辺の部分には分厚い角材が用いられています。この部分を上下横に渡された部材を桟、左右縦に渡された部材を竪框といいます。因みに竪框に関しては縦桟と呼ぶ場合もあるようです。桟は板や梯子に渡す横木を指す言葉ですが、框に関してはどちらかというと玄関の上がり框のほうが言葉としては聞きなじみがあるかもしれません。実は障子を含め、建具の構造材としての名称でもあるのです。この竪框の片方には引手をつけるのが現在では一般的です。これら桟と框に囲まれた中に、細い部材が縦横に組まれていますが、これを組子といいます。そして縦に渡されたものを竪子、横に渡されたものを横子といいます。これらは殆どの障子に共通している構造で、基本的なものです。これら基本の型に場合によっては障子の下部に腰板という板がはめ込まれたり、ガラスがはめ込まれたりするなどして様々な種類の障子になるのです。

網戸はきちんと張替える

網戸はかなり汚れが目立ってきてしまうと、せっかく窓をあけて、外の新鮮な空気を家の中に取り込もうとしても、網戸に付着している汚れもあって、なかなか新鮮な空気を直接取り入れることができないです。さらに、網戸も劣化していき、いつの間にかほつれてしまったりすれば、今度は外からの虫やほこりの侵入も防ぐことができなくなります。このようになってしまったら、結果的に網戸としての本来の役割を果たさなくなってしまいます。このような状態に網戸がなってしまったら、すぐに張替えする必要があります。なかなか難しい作業になりますし、きちんとした張替えをするためには高度な技術が必要です。ですから、きちんとした技術力を持っているプロに任せるのが賢明です。自宅周辺で地域密着で対応してくれるところがあれば、そこの業者に張替え作業を依頼します。仮に近くにそういった業者いない場合は、インターネットで探して出張で対応してくれるところを見つけます。そして、可能なら出張ではあるものの、出張費が無料で対応してくれるところがベストです。このようにできるだけ早く網戸の張替えを行います。張替えができれば、また綺麗な空気を室内に呼び込むことができます。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555