大阪府高石市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府高石市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府高石市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府高石市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

高師浜 東羽衣 千代田 高砂 加茂 南高砂 綾園 高師浜丁 羽衣公園丁 西取石 羽衣 取石




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府高石市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府高石市について

大阪府高石市は、大阪府の中南部に位置する、市域の総面積が11.30平方kmの市となります。大阪府内の市では、面積が2番目に小さい市が高石市です。そんな高石市の市の花は「キク」であり、市の木は「マツ」、市のマスコットキャラクターは「てんにょん」です。てんにょんは、羽衣伝説の天女をイメージしたキャラクターです。 高石市から大阪市内までは約20分、堺市内までは約10分の所要時間であり、アクセスの良さから大阪首都圏中心部のベッドタウンとして発展しています。鉄道は南海本線とJR阪和線が高石市内を南北に走り、市内には6つの駅が存在しており、通勤・通学の利便性が高いという特徴があります。 日本各地に羽衣伝説は存在しているのですが、高石市の浜寺公園のある場所にも天女が松林に舞い降りたという羽衣伝説が語り継がれています。浜寺公園は、堺市と高石市にまたがる日本最古の公立公園となります。そのほかの高石市の観光スポットについては、大鳥羽衣浜神社、高石神社、ガス科学館などが挙げられます。 高石市のイベントについては、毎年6月中旬に高石シーサイドフェスティバル、10月10日・11日に高石だんじり祭り、商工フェスティバル、泉州国際マラソン大会などのイベントが開催されています。

畳は掃除をする事が重要になります

畳は独特の香りもありますしリラックスをする事もできますが、手入れもしなくてはならない物の1つでもあります。フローリングの場合はカビが生えにくいですしダニも発生しにくいです。しかし畳はダニが繁殖をしやすい部分もあると言う事を覚えておくようにしましょう。つまり時間がなくてなかなか部屋の掃除をする事ができない方は十分に注意をしなくてはならないと言う事になります。畳はなるべく毎日掃除をしなくてはならない物になります。毎日掃除機をかけるなどの行動をしなくては清潔なままで生活をする事ができなくなってしまいます。毎日掃除をする事ができない方の場合は最低でも3日に1回は掃除機をかけるようにしましょう。そうする事によって、しっかりと清潔が保たれて気分良く生活ができるようになります。また掃除をする際はなるべく窓を開けて行わなくてはならないと言う部分も覚えておくようにしましょう。なぜかと言いますと通気性を良くするためになります。通気性が悪い状態が続いてしまうと、いくら掃除機をかけてもダニの繁殖を防ぐ事ができなくなってしまいます。つまり晴れている日に乾燥をさせなくては掃除をしても意味が無い状態になってしまいます。畳があるといつでもリラックスをする事ができると勘違いをしてしまう方が多いですが、自分で畳の掃除をする努力をしなくてはならないと覚えておかなくてはなりません。

職人の手による襖を長く生かす事もできます

日本家屋に襖などが使用されているのは一般的でもありますが、形やデザインなどは進化を遂げています。日本らしさを感じるものとして、海外での人気も高まり、需要が増えている現状です。 襖は、昔ながらの職人の手によって作られるものは、骨組みなどもしっかりしています。張替えもできますので、基本の枠などがあれば、デザインも自由に変える事が可能となります。襖を作る際には、芯の部分に古い大福帳や古い土地台帳などを使用する場合があります。和紙は、一般的なコピー用紙などとは全く機能性なども異なりますので、襖には非常に適した素材となるのです。 有名な歴史的建造物に使用される様な襖でなくても、職人の手によって作られたものは、修繕しながらの使用も可能です。一部を修繕したり、表面の張替えを行う事もできます。全く新しいものに交換する事もできますので、用途や目的などに応じての相談も可能になります。家屋は、家族から代々土地や建物を受け継いで使用する場合があります。襖も古いものを生かしながら、現在の住居スペースに活用する事ができます。その時代を生き、息吹を感じてきた襖は、家族などの関係者にとっては非常に貴重なものの一つになります。可能であれば、古くても生かす道を探る事も人と環境に優しい利用の仕方です。

特殊な加工がされている障子もあります

少しでも良い加工をされている障子を購入したいと考えている方は、紫外線が入ってこないように工夫されている障子を購入する事を考えてみると良いでしょう。どんな障子でもある程度の紫外線を防ぐ事はできますが、より防ぐ事ができる加工がされている障子もあります。中には紙でなければ障子ではないと考えてしまう方もいますが、紫外線をしっかりと防いでくれる効果を持っているのは、プラスチックの障子になります。そのため紫外線をしっかりと防いでくれる障子を探している人はプラスチックでも我慢をするようにしましょう。通常の物よりも少しだけ暗いイメージになってしまいますが、比べてみないと分からない程度になるので、それほど心配をする必要は無いでしょう。また色が付いているプラスチックの障子でも、紫外線をいくらか弱くしてくれる効果を持っている物もあるので、少しだけお洒落な障子を購入したいと考えているはしっかりと探すようにしましょう。紫外線を防いでくれる障子は普通の店では購入をする事ができません。インターネット上にある専門の店でなければ購入ができない場合が多いので、自分で縦と横の長さをしっかりと確認をして注文をするようにしましょう。

網戸を張替える際のポイント

網戸を張替える目安は、例えば網戸を開け閉めする時に引っかかっているような感覚があったり、網戸自体がすぐに外れてしまったり、破れかけているというような場合です。こうした不具合が生じた時は張替えをする人がほとんどですが、最近では自分で網戸の張替え作業をする人も年々増加しています。しかし、自分で張替えを行うとどうしてもしわやたるみが発生しやすく、そのせいで網戸を張替えても、あまり意味のない状態になってしまうということも考えられます。そうなるとやり直しの費用がかかり、結果的にコストがかかるということになるので、無理をせずに最初から修理業者に頼むようにしてください。その方が手間と時間が省けて良い場合も多いです。多くの修理業者がどのような窓でも臨機応変に対応してくれますが、一つ注意する点があまりにも特殊な種類の場合は依頼をする前にしっかりと相談をしてください。特殊な種類の場合は、費用も相場とは変わってきて、高額になる場合も多く、事前に見積もりを取ってもらったり、そもそも対応してもらえるのかどうかを問い合わせてからではないといざ修理当日になってできないということも考えられますので、その点はしっかりと確認が必要です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555