大阪府豊中市 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府豊中市内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府豊中市内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府豊中市内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

少路 服部南町 春日町 岡町 末広町 利倉東 庄内栄町 服部本町 東泉丘 東寺内町 勝部 服部豊町 大黒町 二葉町 穂積 利倉西 小曽根 城山町 永楽荘 大島町 三国 夕日丘 箕輪 上津島 新千里東町 熊野町 名神口 利倉 蛍池南町 北条町 原田西町 赤阪 長興寺北 玉井町 若竹町 庄内幸町 新千里南町 刀根山元町 緑丘 寺内 今在家町 東豊中町 新千里西町 千成町 庄内宝町 宝山町 長興寺南 岡上の町 西泉丘 曽根西町 走井 石橋麻田町 岡町北 山ノ上町 栗ケ丘町 曽根南町 新千里北町 浜 千里園 蛍池東町 中桜塚 服部緑地 蛍池北町 上新田 刀根山 旭丘 清風荘 原田元町 神州町 宮山町 立花町 北桜塚 岡町南 西緑丘 豊南町南 本町 蛍池中町 三和町 豊南町西 野田町 庄本町 庄内東町 庄内西町 原田南 豊南町東 北緑丘 日出町 服部寿町 島江町 稲津町 桜の町 服部西町 広田町 待兼山町 上野西 蛍池西町 向丘 上野坂 柴原町 服部元町 上野東 南桜塚 原田中 曽根東町




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。

見積事例1画像

大阪府豊中市 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府の豊中市について

豊中市は大阪府の都市で保健所政令市に指定されていて、明治以前は旧街道の中心地点として栄えました。また、2001年に法律によって特例市に指定され、2012年に中核市に移行しました。明治以降は、鉄道沿線の開発とともに住民が増えました。また、豊中市では大阪都心部から15km圏内という長所を生かして、市の北東部の新千里地区を中心に1950年代後半からニュータウンの開発が急激に進みました。したがって、豊中市は下水道などのインフラストラクチャーの整備率が高いという特徴があり、2011年度末時点における下水道普及率は100%となっています。豊中市の北東部の一角を、国内初のニュータウンが占めています。豊中市は商工業地域の南部と、高級住宅地の北部と中部に分けられます。交通の面でも路線バスや複数の鉄道による公共交通網や複数の高速道路などをはじめとする交通網や、ハブ空港が存在するなど至便の地です。豊中市は他府県からの転入が多い地域で、2016年時点での人口が約40万人で大阪府下では5番目に多いです。豊中市ではハブ空港周辺の緩衝緑地帯などを除いてほぼ市街地化していて、大阪府営の緑地が貴重な緑を提供しています。豊中市の南部には、天井川が多いという特徴があります。

畳を掃除する時の道具

畳の掃除をする時には何を使用していますか。大体はほうきや乾いたぞうきんを使用するのが一般的ですが、手軽に掃除機でも掃除することができます。ぞうきんを使用する際は乾いたものを使用します。濡れたぞうきんをいずれの方法にしても畳の目に沿って掃除することが重要です。ぞうきんは乾いてるものが好ましいですが、どうしても濡れぞうきんがいい場合は固く絞ったものをおすすめします。なるべくい天気のいい日に掃除をしてぞうきんで拭いた箇所は乾かしてあげることが必要です。掃除機を使用する際は、畳の目に沿って丁寧にゆっくりと畳全体にかけてあげるようにして下さい。ダニが畳にいる場合は表面に絡みついてることが多いのでゆっくりとかけることでダニも一緒に吸いとることができます。こまめに丁寧な手入れをすることで畳のモチもよくなるので手入れは進んでしましょう。

襖の張り替えは素材から選びます

襖の張り替えでは、まずは素材を決めます。張り替える際の素材は、価格の安い段ボール素材と耐久性が高く、使い回しが利く木材があります。近年の傾向では、段ボール素材が主に用いられますが、木材が長く使用することが出来るとして最近では張り替える際の素材で再注目されています。素材を決めた後には、デザインを選びますが、デザインも最近ではプリント技術の向上によってデザイン性も向上しており、さらに縁や取っ手、裏面に関しても選択肢が広がっています。最近ではパソコンを用いてどのようなデザインになるかを襖の張り替えを依頼した事業者と相談しながら決めることが出来るので、年齢やインテリアなどに最適な襖のデザインに張り替えることが出来ます。特にデザインに関しては、裏地をこだわる方が多くなっており、張り替える際のデザインも襖の表面は落ち着いたデザインにし、裏面を奇抜なデザインにする傾向が高くなっています。また、襖を張り替えの目安は、襖が破れ、表面が変色した際になります。襖が破れることによって破れた場所から空気に触れて劣化しやすくなります。さらに表面は、年月の経過によって日光や照明の光によって焼けて茶色に変色し、変色になることで部屋の印象を損なうようになります。このため、襖を張り替えることことによって部屋の印象を良くすることが出来ます。

障子の張替えはネットで検索

中古物件を購入して生活しているのですが、障子の色が黄ばんできたので、新しいものに張替えようということになりました。いざ障子を張替えるとなると、誰に頼めばよいのかわかりませんでした。近所の知り合いに聞いたものの、おばあちゃんが張替えていた、ということで、わかりませんでした。そこで、ホームセンターであれば、障子の張替えをしていると考え、一度問い合わせてみました。しかし、思った以上の価格であったため、自分での張替えも検討してみました。しかし、ホームセンターの人がいうには、たくさんの枚数の障子があるなら、張替えているうちに上手にもなるだろうが、数枚の障子を張替えるのであれば、委託したほうがよいのでは、との答えでした。ここで一旦、家に戻り、よい案を検討したところ、インターネットで調べてみればよいことに気が付きました。障子の張替えで検索すると、知らない業者がたくさん出てきました。最寄りの駅周辺の障子張替え業者もすぐに見つかり、ホームセンターと価格の比較をしてみました。すると、かなり安い設定になっており、少し驚きました。どうもホームセンターは、単なる窓口機能だけで、障子の張替え自体は外注に出しているため、どうしても高くなっているようでした。

蚊の季節が来る前に網戸を張り替えましょう

蚊をはじめとする虫対策として、夏場を中心に網戸は欠かせない存在となります。このような虫が登場する前に、網戸に穴はないかしっかりチェックしておきたいところです。もし穴があいていたら、張り替え作業を行わなければなりません。さて、網戸の張り替えを行うには、ホームセンターなどで必要な道具を準備することからスタートします。張り替えに必要な道具としては、網戸用のネットと張り替え専用のゴムが必要不可欠です。これに加えて、網戸用のツインローラーとクリップ、そしてカッターを準備しておきましょう。網戸張り替えの作業は、古いネットを取り外すことから始まります。つまり、網戸とネットをつないでいるゴムを外さなければなりません。ゴムの端の部分をうまく浮かせて引っ張り出し、ネットを外しましょう。続いては、張り替え用のネットを網戸のサイズに合わせてカットしていきます。この時、大きめにカットしておくことがポイントになります。カットが終われば、網戸とネットを重ね合わせてクリップで固定します。そして、新しい張り替え専用のゴムをツインローラーでネットの上から押し込んでいきます。網戸を一周したら、ゴムとネットの不必要な部分をカッターでカットしたら張り替え作業は完了です。口頭で伝わりにくい場合には、動画サイトなどでも張り替え作業をチェックすることが可能です。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555