大阪府豊能郡豊能町 畳の表替え・裏返し、ふすま・障子・網戸の張り替えならあんしん畳襖職人へお任せを!

畳襖張り替えキャンペーン

バーゲン画像検索画像

施工写真

大阪府豊能郡豊能町内の畳襖障子網戸のはりかえなら当店にお任せを!

大阪府豊能郡豊能町内、期間限定の激安価格!!畳2000円(税込2200円)!襖ふすま1400円(税込1540円)!




【地域密着】大阪府豊能郡豊能町内の施工可能エリア、迅速対応致します!!

川尻・木代・希望ケ丘・切畑・光風台・新光風台・高山・寺田・ときわ台・野間口・東ときわ台・牧・吉川・余野




価格PRICE

畳たたみ商品
サイズ176×88cmまで
畳たたみ料金
(1部屋分から)
畳裏返し 1890円〜
(税込2079円)
※裏返しは3〜5年以内・ 切込み、シミがある畳、一度裏返ししている畳は施工不可となります。
畳張替え 2000円〜
(税込2200円)
半畳張替え 1400円〜
(税込1540円)
襖ふすま商品
サイズ180×90cmまで
襖ふすま料金
(2枚から)
ふすま張替え 1400円〜
(税込1540円)
天袋張替え 980円〜
(税込1078円)
障子しょうじ商品(2枚から)
サイズ180×90cmまで
障子しょうじ料金
(2枚から)
しょうじ張替え 1400円〜
(税込1540円)
らんま張替え 980円〜
(税込1078円)
網戸あみど商品
サイズ180×90cmまで
網戸あみど料金
(2枚から)
あみど張替え 1400円〜
(税込1540円)
上記料金に別途消費税がかかります。
※種類によっては金額が変わりますので、詳しくはお見積もり時にお尋ねください。

見積事例1画像

大阪府豊能郡豊能町 ご注文のながれ

まずはお気軽にメールかお電話下さい。
弊社のフリーダイヤルは、携帯電話・スマートフォンも対応しております。

flow




大阪府豊能郡豊能町の特徴

大阪府の北部に位置する豊能郡豊能町は人口が2016年2月1日時点の推計値で19,847人で面積が34.34平方キロメートルですので、1平方キロメートルあたり、およそ578人という人口密度の自治体です。豊能町の地勢は北摂山系の中に属していて、妙見山山塊によって町内が西地区と東地区に分断されています。そして、町内は標高が高いため冬場は気温が氷点下になったり、降雪に見舞われることも少なくありません。また、豊能町は茨木市・箕面市・能勢町に加えて、北部で京都府亀岡市、西部で兵庫県川西市との境界も形成しています。豊能町の沿革は、1889年の町村制の施行によって、豊能町の前身である能勢郡東能勢村が発足したことから始まります。そして、1896年には郡の再編によって東能勢村の所属が能勢郡から豊能郡に変更されました。その後、第二次世界大戦を経た後の1955年に東能勢村は茨木市の一部を編入しました。次いで翌1956年に東能勢村と隣接する豊能郡吉川村が合併し、改めて東能勢村が発足しました。さらに1958年に東能勢村は京都府亀岡市の一部を編入しました。そして1977年に東能勢村が町制施行と改称を行って、豊能郡豊能町が発足しました。

畳の交換をする世帯が増えています

シミや汚れが目立つ畳が和室にある世帯は、交換をする事が重要となっています。シミなどが目立つと見栄えが悪いので、注意をしなければならないです。畳の交換をしてくれる業者は数多くあって、尚且つ料金も違います。そのため、いくつかの業者の料金を比較する事が大切です。そうすれば、格安の料金で畳の交換を依頼する事ができます。下調べをする事が余計な出費を抑える為の秘訣であると言う事を肝に銘じておきましょう。畳の交換をしてくれる業者を見つける事ができたのであれば、契約の作業を進めます。契約書の内容を熟読して納得をしてから契約を交わせば、大きなトラブルを起こさずに済みます。古い畳を取り除いてから新しい物を取り付ける流れです。交換にかかる時間は非常に短く、すぐに終わります。畳の交換が終わったら、換気をするのが理想的となっています。換気をする事により室内の湿気を抑える事ができるので、カビの発生を防げるという利点があります。カビは畳の劣化を進める原因となるので留意をしなければならないです。換気の作業は非常に簡単なので積極的に行いましょう。換気を怠るとカビが増えて張替えの回数が増えてしまうので、この点には留意をする事が大切です。

襖の張り替えの前に確認したいこと

一見何も変化がないように見える襖でも、よく見ると、汚れや色あせによって傷んでいることがあります。引き手や縁も傷が付いていることもあります。そういったときは、張り替えをすることで新品の様にきれいになるのです。襖の張り替えは、自分で行うことも可能です。自分で張り替えを行うにはまず道具を揃える必要があります。障子や壁紙のコーナーに襖に関する道具が販売されています。襖紙や刷毛、ローラー、カッター、糊といった道具があります。道具の一つの襖紙には、張り替え方法によって種類があります。一つ目は、糊などが付いていない紙です。刷毛で糊を塗って張り替えをします。二つ目は、アイロン襖紙です。アイロンの熱を使用して張り替えをします。3つ目はシールタイプです。これらの種類は、襖の下地によって張り替えができるものと、できないものがあるので、事前に確認が必要です。襖の下地は、木と紙の下地、木と薄い板、発泡材、段ボールなどがあります。特に注意が必要なのが、発泡材と段ボールです。アイロンで張り替えができる紙は、発泡材の襖に使用すると高温で溶ける可能性があります。また、段ボールは基本的に使い捨てのため、張り替えを行うと反ってしまうことがあります。

障子の効果的な利用について

障子を利用している時に気をつけた方がいい点として、表面の汚れなどの問題があります。この障子は紙でできているため汚れがつきやすく、また簡単に破けてしまう欠点も持っています。そういう所がありますから障子を利用する時は、定期的に張り替えをして綺麗なない状態を保つことが重要になります。障子の張替えは以前は家族でやるのが一般的で、年末などにまとめてやることがよくありました。しかし最近は核家族化が進んでいるため、そのような形で障子の張替えをするのはかなり難しくなっています。さらに最近の家はあまり大きくありませんから、うまくスペースを取れない問題もあるので色々大変です。そのような問題に対しては障子張替えの業者を利用すると、多くの問題を解決することができます。障子の張替えを依頼できる業者は以前は負担が大きく、気楽に仕事を頼めないことがよくありました。しかし最近は仕事の依頼がしやすい所が増えてきているので、張り替え作業を依頼しやすい所に変わっています。このような業者に張り替え作業を頼む時はネットを使い、それぞれの業者の特徴を調べておくといいです。そのような対応をしておけば安い料金で頼める所をみつけやすく、いい条件で仕事の依頼ができるようになります。

網戸の張替えを業者に依頼してみましょう

風が気持ちのいい季節になってくると窓を開けて空気を部屋に入れようと思う人が増えます。なのに網戸が破れていたというのはよくある話ですね。 DIYが得意で器用な人なら自分でホームセンターで材料を買ってきて張替えを行う人もいます。しかし忙しくてとてもじゃないけど網戸を自分で張替えている時間が無いという人も多いのではないでしょうか? そんな時は業者に網戸の張替えを依頼するのがいいでしょう。お願いすると費用はかかりますが、失敗する心配もなく綺麗に張替えをしてくれます。大体のお店では、引き取りから納品まで全て任せることができます。そこで心配なのは費用の問題です。なので無料で見積もりにきてくれる業者に依頼しましょう。大きさや網戸の種類によって値段は変わるので、一度正確な金額を出してもらい、その上で検討すると良いでしょう。直接サンプルを見せてもらうのも大切です。網戸はメッシュの細かさも数種類あり、外から家の中が見えにくいものやペットを飼っている家庭向けのものや防虫ネットもあります。使用用途に合わせて網戸を選ぶと良いでしょう。分からないことがあれば気兼ねなく業者に相談するのがお勧めです。





  半畳縁無し畳


襖施工画像
琉球畳 O様邸
障子施工画像
半畳縁無し畳 E様邸
障子施工画像
琉球畳 W様邸
畳施工画像
半畳縁無し畳 T様邸
畳施工画像
琉球畳 M様邸



お問合せ:TEL0800-500-1555